ユーザー名をアカウント ID に変換する

 

以下のガイドラインでは、ユーザー スマート バリューと JQL をユーザー アカウント ID に変換する方法を概説して、最近導入された、Jira Cloud でのユーザー データの取り扱いに関する変更点を説明します。

ユーザー スマート バリューを変換する

2019 年 4 月 29 日以降の変更点

次のユーザー プロパティを使用するユーザー システム フィールド (報告者、担当者やカスタム フィールド) は、壊れたり、望ましくない結果につながったりする場合があります。

  • デフォルト値 (ユーザー名を返す):

    • {報告者}

    • {{issue.assignee}}

    • {{issue.My user custom field}}

    • ユーザーを含むその他の課題フィールド

  • ユーザー キー:

    • {{reporter.key}}

    • {{issue.watchers.key}}

    • {{issue.My user custom field.key}}

    • ユーザーを含むその他の課題フィールド

  • ユーザー名:

    • {{reporter.name}}

    • {{issue.creator.name}}

    • {{issue.My user custom field.name}}

    • ユーザーを含むその他の課題フィールド

たとえば、次のコメント本文を使って、コメントを追加アクションを構成したとします。

1 Hi {{reporter.name}}, Please respond. Cheers Atlassian

現時点では、実行時にユーザー名が変換され、次のような結果が表示されます。

1 Hi johns, Please respond. Cheers Atlassian

2019 年 4 月 29 日を過ぎると、上記は以下のように表示されます。

1 Hi 557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0, Please respond. Cheers Atlassian

スマート バリューを変換する

ユーザー スマート バリューは次のように動作します。

以下の情報はすべてのユーザー フィールドに適用されます。

タイプ

古い値

新しいアカウント ID 値 (4 月 29 日以降)

既定

{報告者}

johns (ユーザー名)

557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0

ユーザ名

{{reporter.name}}

johns

557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0

ユーザー キー

{{reporter.key}}

johns (ユーザー キー)

557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0

アカウント ID

{{reporter.accountId}}

557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0

557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0

表示名

{{reporter.displayName}}

ジョン・スミス

ジョン・スミス

既存のスマート バリューの変換のされ方は、使用方法によって異なります。

ユーザー名の誤った使い方

スマート バリューにはユーザー名ではなくフルネームを使用します (デフォルト値または「.name」)。

これらは以下のように変更されます。

1 2 3 {{reporter.name}} - INCORRECT: This returns the user's username, not full name {{reporter.displayName}} - CORRECT: renders the user's full name: John Smith {{reporter.displayName.split(" ").first}} - CORRECT: renders the user's first name: John

JQL 検索、[追加オプション] の高度な JSON、送信 Webhook などで API コール用にユーザーを一意に特定する必要がある場合は、以下を使用します。

1 {{reporter.accountId}}

Wiki マークアップ中のメンション

Wiki マークアップでのメンションも以下のとおり変換します。

1 2 Hi [~{{assignee}}] - INCORRECT Hi [~accountid:{{assignee.accountId}}] - CORRECT

高度なフィールド値 (JSON)

ユーザー フィールド (報告者、担当者など) の参照には、「name」を使用するのではなく、ユーザーのアカウント ID とプロパティ「id」の設定が必要となりました。

上記の値は以下のとおり変換します。

1 2 3 4 5 6 7 // INCORRECT: This will stop working since {{initiator.name}} will no longer return usernames { "fields": { "assignee": { "name": "{{initiator.name}}" } } }
1 2 3 4 5 6 // CORRECT: { "fields": { "assignee": { "id": "{{initiator.accountId}}" } } }

JQL の変換

2019 年 4 月 29 日以降の変更点

現在、ユーザー名を含む JQL を検索できます。以下はその一例です。

1 reporter = johns and assignee in (fred, barney)

2019 年 4 月 29 日以降、これらの JQL 検索は機能しなくなるため、有効な結果を返しません。ユーザー名はすべて、対応するアカウント ID に置き換える必要があります。

JQL の変換

自動変換 JQL

保存済みの JQL 検索は、新規アカウント ID に基づくフォーマットに自動変換されます。

それに伴い、上記の例は次のようになります。

1 2 reporter = 557058:5aedf933-2312-40bc-b328-0c21314167f0 and assignee in (5c00beb62434bf3a1a91d5d6, 123123adfafcadfd6)

今後は、JQL 文字列からユーザーを特定することはできません。また、このようなクエリの入力は手間がかかります。

この問題には、JQL クエリの入力および読み取り時に、以下の操作を行うことで対応できます。

アカウント ID を挿入する
自動化ルールを設定する際の JQL 条件のスクリーンショット。[アカウント ID を挿入する] とユーザー ドロップダウンがハイライトされています。
既存 JQL でユーザーを解決する
自動化ルールの JQL 条件のスクリーンショット。ユーザー ID が JQL フィールドに入力されています。[ユーザーを解決する] がハイライトされています。

 

その他のヘルプ