Jira Automation で wiki マークアップを HTML またはプレーン テキストに変換する

メールや通知を送信する際にフィールドを参照すると、望ましくないコンテンツ (具体的には wiki マークアップ) が返される場合があります。たとえば {{issue.description}} を使用すると、次のように出力されます。

1 This text is {color:red}RED{color}

Wiki マークアップは、自動化機能を使って HTML またはプレーンテキストにレンダリングできます。

HTML のレンダリング

HTML をレンダリングするには、.html をフィールドの末尾に追加します。たとえば {{issue.description.html}} を使用すると、次のように出力されます。

1 <p>This text is <font color="red">RED</font></p>

上記によって説明は HTML に変換されます。

HTML メールを送信する場合、Jira では既存のスタイルをメールに反映するため、HTML での見え方に影響が及ぶことがあります。

プレーンテキストのレンダリング

または、.text をフィールドの末尾に追加して、HTML や wiki マークアップからすべてのテキストを抽出できます。多くの場合は、わかりやすいメールや通知を送信するために最適な方法です。たとえば {{issue.description.text}} を使用すると、次のように出力されます。

1 This text is RED

また、HTML 形式のメールから作成した課題から、不要な Wiki マークアップを削除することもできます (説明中のフォントや色のタグなど)。

1 {{issue.description.text}}}

サポートされるフィールド

次のフィールドは、HTML またはプレーンテキストのレンダリングに対応しています。

  • 説明

  • 環境

  • テキスト エリア カスタム フィールド

  • コメント

詳細

wiki マークアップや html を使用する場合は、Jira Automation テンプレート ライブラリで関連するユース ケースをご確認ください。

その他のヘルプ