Automation における接続とは

接続すると、自動化ルールによって他のツールや製品に変更が加えられるようになります。ルールと他のツール間で接続をセットアップすると、Atlassian Cloud 製品のイベントによって他のツールでのアクションの実行をトリガーするようにルールを設定できます。

たとえば、Jira 自動化では、課題の作成時にトリガーするルールをセットアップして、LaunchDarkly で対応する機能フラグを作成できます。

他の製品で行われた変更は、接続をセットアップしたユーザーが行ったものと見なされます。次に例を示します。

  • Jira のルールによって LaunchDarkly でフラグを作成する場合は、接続をセットアップしたユーザーも LaunchDarkly でフラグ作成者としてリストされます。

  • Confluence のルールによって Jira で課題を作成した場合、Confluence で接続をセットアップしたユーザーも課題作成者としてリストされます。

接続のセットアップ方法に関する詳細については「自動化ルールを別のツールに接続する」をご参照ください。

その他のヘルプ