Jira スマート バリュー - 条件ロジック

このページにリストされるスマート バリューは [コメントを追加] や [メールを送信] など、テキスト フィールドを含むアクションで使用できます。これらは、ifand などのステートメントの条件ロジックに基づく出力の表示に使用できます。

_

構文

  • {{if(smartValue)}} は true または null を返します。

  • {{if(“string”)}} は true または null を返します。

  • {{if(smartValue)}}Hello{{/}}Hello または null を返します。

  • {{if(smartValue, “Hello”)}}Hello または null を返します。

([課題を検索] アクションなどによって得られた) 課題のリストがあり、別の課題がリンクされている課題にコメントを追加するとします。[コメントを追加] アクションを次の入力と併用して、少なくとも 1 つの課題がリンクされている各課題にコメントを追加できます。

1 2 3 {{#if(not(issue.issuelinks.isEmpty))}} This bug has {{issue.issuelinks.size}} related tickets {{/}}

この場合は、1 つの課題に 4 つの関連する課題があると、This bug has 4 related tickets というコメントが追加されます。

指定の値に等しい

構文

  • {{equals("string1, "string2")}} は 2 つの入力が等しい場合は true を、そうでない場合は false を返します。

  • {{equals(smartValue1, smartValue2)}} は 2 つの入力が等しい場合は true を、そうでない場合は false を返します。

監査目的のために担当者と報告者がそれぞれ別のチーム メンバーにする必要があるプロセスがチームに存在するものとします。[コメントを追加] アクションを次の入力と併用して、こういう状況であることをチームに認識させるためのコメントを各課題に追加できます。

1 2 3 {{if(equals(issue.assignee, issue.reporter))}} Assign this issue to someone else so they can review. {{/}}

これにより、担当者と報告者が同じ場合に、Assign this issue to someone else so they can review というコメントが追加されます。

存在する

構文

  • {{exists(smartValue)}} は true または null を返します。

  • {{exists("string")}} は true または null を返します。

たとえば、Designer という課題に関するカスタム フィールドがあるとします。テキストを追加するアクション (コメントの追加や Slack メッセージの送信など) を使用して、以下の入力をユーザーに通知できます。

1 2 3 {{#if(exists(issue.designer))}} The designer for this issue is {{issue.designer.displayName}} {{/}}

この場合は [Designer] フィールドに値が含まれていると「The designer for this issue is (設計者の名前)」と出力されます。

NOT

構文

  • {{not(smartValue)}} は true または false を返します。

([課題を検索] アクションなどによって得られた) 課題のリストがあり、別の課題がリンクされている課題にコメントを追加するとします。[コメントを追加] アクションを次の入力と併用して、少なくとも 1 つの課題がリンクされている各課題にコメントを追加できます。

1 2 3 {{#if(not(issue.issuelinks.isEmpty))}} This bug has {{issue.issuelinks.size}} related tickets {{/}}

ここでは、スマートでない値が、ある課題に関連する課題が少なくとも 1 つあるかどうかを確認します。たとえば、1 つの課題に関連する課題が 4 つあると、This bug has 4 related tickets というコメントが追加されます。

および

構文

  • {{and(smartValue1, smartvalue2)}} は true または false を返します。

[Votes] カスタム フィールドを含む課題のリストがあるとします。[コメントを追加] アクションを使用して、100 票超 150 票未満のすべての課題にコメントを追加できます。

1 2 3 {{#if(and(issue.Votes.gt(100),issue.Votes.lt(150)))}} Moderately Popular issue {{/}}

この入力によって、Moderately Popular issue というコメントが追加されます。

または

構文

  • {{or(smartValue1, smartvalue2)}} は true または false を返します。

顧客がバグをレポートするために使用するプロジェクトがあり、課題に [Votes] というカスタム フィールドがあるとします。[課題を検索] アクションを使用して課題のリストを収集し [コメントを追加] アクションを使用して、100 票を超えるかコメントが 20 件を超えるすべての課題にコメントを追加できます。

1 2 3 {{#if(or(issue.Votes.gt(100),issue.comments.gt(20)))}} Heavily requested issue {{/}}

ここで、if スマート値が 100 票を超えるか 20 件のコメントを超えているものを確認して、Heavily requested issue というコメントを追加します。

 

その他のヘルプ