Jira スマート バリュー - 開発

以下のスマート バリューを利用して、接続されたソース コード管理ツールから開発情報にアクセスして、それらを書式設定できます。

これらのスマート バリューを使用できる一般的な DevOps 自動化ルールをご確認ください。テンプレートに移動します。

{{branch}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

ブランチとは独立した開発ラインです。

これらのスマート バリューはブランチ作成の開発トリガーでのみ利用できます。

  • {{branch.name}} はブランチの名前を返します。例:TEST-123-some-feature

  • {{branch.url}} はブランチの URL を返します。例:https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

  • {{branch.repository}} は、ブランチが属するリポジトリに関連する情報を返します。リポジトリには、入れ子になった追加のスマート値が含まれます。

    • {{branch.repository.name}} は、リポジトリの名前を返します。

    • {{branch.repository.url}} は、URL を返します。例:https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature。エンコードされている URL が返されることにご注意ください。bitbucket.org/ 以降のすべては、ここに記載されている例とは異なります。

{{createdBranch}}

  • 併用: ブランチを Bitbucket で作成、ブランチを GitHub で作成、ブランチを GitLab で作成の各アクション

最後に作成されたブランチに関連する情報にアクセスします。たとえば、ルールに「ブランチを GitHub で作成」と「ブランチを GitLab で作成」の両アクションがある場合は、最新のブランチの詳細が返されます。

  • {{createdBranch.name}} - ブランチの名前を返します。

  • {{createdBranch.url}} - ブランチの URL を返します。

  • {{createdBranch.product}} - ブランチが作成された製品 (Bitbucket など) を返します。

  • {{createdBranch.repository}} - ブランチのリポジトリの詳細にアクセスします。

    • {{createdBranch.repository.id}} - リポジトリの ID を返します。

    • {{createdBranch.repository.name}} - リポジトリの名前を返します。

    • {{createdBranch.repository.url}} - リポジトリの URL を返します。

{{createdBranches}}

  • 併用: ブランチを Bitbucket で作成、ブランチを GitHub で作成、ブランチを GitLab で作成の各アクション

ルール内に作成されたすべてのブランチの関連情報にリスト形式でアクセスします。スマート値のリストに関する詳細についてご確認ください

たとえば、ルールに「GitHub でブランチを作成」と「GitLab でブランチを作成」の両アクションがある場合は、{{createdBranches}} は両ブランチの値をリストとして返します。

  • {{createdBranches.name}} - ブランチの名前を返します。

  • {{createdBranches.url}} - ブランチの URL を返します。

  • {{createdBranches.product}} - ブランチが作成された製品を返します。

  • {{createdBranches.repository}} - ブランチのリポジトリの詳細にアクセスします。

    • {{createdBranches.repository.id}} - 各リポジトリの ID を返します

    • {{createdBranches.repository.name}} - 各リポジトリの名前を返します。

    • {{createdBranches.repository.url}} - 各リポジトリの URL を返します。

{{commit}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

コミットとは、ファイル (またはファイル一式) への個別の変更のことです。

これらのスマート バリューはコミットの作成の開発トリガーでのみ利用できます。

  • {{commit.hash}} は、コミットの SHA1 ハッシュを返します。例: 4877576951f3eda43625d3345058e702dad3df0d

  • {{commit.shortHash}} は、コミットの切り捨てられた SHA1 ハッシュを返します。例:4877576

  • {{commit.message}} は、コミット メッセージを返します。例:awesome commit handles everything

  • {{commit.url}} は、コミットの絶対 URL を返します。例:https://bitbucket.org/commit/121212

  • {{commit.isMergeCommit}} は、コミットがマージ コミットの場合に True を返します。

  • {{commit.timestamp}} は、コミットが作成されたタイムスタンプ (UTC) を返します。この値は Date と Time の各関数をサポートしています。例:2020-07-20T07:00:00.0+0000

  • {{commit.repository}} はリポジトリに関連する情報を返します。リポジトリには、入れ子になった追加のスマート値が含まれます。

    • {{commit.repository.name}} は、リポジトリの名前を返します。例:my-awesome-repository

    • {{commit.repository.url}} は、リポジトリの URL を返します。

 

{{flag}}

  • 使用目的: LaunchDarkly アクションに機能フラグを作成。

作成された機能フラグの関連情報を返します。ルール全体で複数のフラグが作成された場合、{{flag}} は直近に作成されたフラグを返します。

  • {{flag.key}} は、機能フラグのキーを返します。

  • {{flag.name}} は、機能フラグの名前を返します。

{{flags}}

  • 使用目的: LaunchDarkly アクションに機能フラグを作成。

ルールまたはブランチ全体で作成されたすべての機能フラグの関連情報をリスト形式で返します。たとえば、ルールが LaunchDarkly で機能フラグを作成アクションを複数回使用する場合、{{flags}} は、作成されたすべての機能フラグの情報をリスト形式で返します。スマート値のリストに関する詳細についてご確認ください

  • {{flags.key}} は、機能フラグのキーを返します。

  • {{flags.name}} は、機能フラグの名前を返します。

{{Pull request}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

プル リクエストとは、公式のプロジェクトに組み込む前に提案された変更のことです。

これらのスマート バリューは、[プル リクエストの作成]、[プル リクエストの却下]、[プル リクエストのマージ] の各トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください。

  • {{pullRequest.title}} は、プル リクエストのタイトルを返します。例:ISSUE-12: Fix bugs

  • {{pullRequest.url}} は、プル リクエストの絶対 URL を返します。例: https://bitbucket.org/pull-request/182

  • {{pullRequest.state}} は、プル リクエストのステータス (オープン、マージ、または却下) を返します。

  • {{pullRequest.createdDate}} は、プル リクエストが作成された時刻 (UTC) を返します。例:2020-07-20T07:00:00.0+0000。この値は Date と Time の各関数をサポートしています。プル リクエスト作成トリガーでのみ利用できます。

  • {{pullRequest.updatedDate}} は、プル リクエストが最終更新 (作成、拒否、またはマージ) された時刻 (UTC) を返します。例:2020-07-20T07:00:00.0+0000。この値は Date と Time の各関数をサポートしています。

  • {{pullRequest.sourceBranch}} は、プル リクエストのソース ブランチに関連する情報を返します。

    • {{pullRequest.sourceBranch}} は、ソース ブランチの名前を返します。例:TEST-123-some-feature

    • {{pullRequest.sourceBranch.url}} は、ソース ブランチの URL を返します。例: https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

  • {{pullRequest.destinationBranch}} は、プル リクエストの宛先ブランチに関連する情報を返します。

    • {{pullRequest.destinationBranch}} は、宛先ブランチの名前を返します。例:master

    • {{pullRequest.destinationBranch.url}} は、宛先ブランチの URL を返します。例:https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

    • {{pullRequest.destinationBranch.repository}} は、宛先ブランチのリポジトリに関連する情報を返します。リポジトリには、入れ子になった追加のスマート値が含まれます。

{{build}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

ビルドとは、ファイルが最終的な利用形態に変換されるプロセスのことです。

これらのスマート バリューは、[ビルドの成功]、[ ビルドの失敗]、[ビルド ステータスの変更] の各開発トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください

  • {{build.name}} は、ビルドの名前を返します。例:build#123

  • {{build.url}} は、ビルドの絶対 URL を返します。例:https://bitbucket.org/{7faf7dee-a29b-4faa-bbc2-d7128a6d3278}/{315a3ecb-1f18-4953-98ae-5890f93073b5}/addon/pipelines/home#!/results/7

  • {{build.state}} は、ビルドのステータスを返します。考えられるステータスは pendingin_progresssuccessfulfailedcancelled、または unknown です。

  • {{build.refs}} は、ビルドの参照を返します。例:[feature/ISSUE-123-some-work, feature/ISSUE-456-more-work]。これは、ビルドに関連付けられるメタデータのリストです。たとえば、ブランチとタグの名前を含んでいる場合があります。
    この値はオプションで、空のリストになる場合もあります。

 

{{deployment}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

デプロイとは、環境にプロダクトがリリースされるプロセスのことです。

これらのスマート バリューは、[デプロイの成功]、[デプロイの失敗]、[デプロイ ステータスの変更] の各開発トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください。

  • {{deployment.name}} は、人にわかりやすいデプロイ名を返します。例: 7

  • {{deployment.url}} は、デプロイの絶対 URL を返します。例:https://bitbucket.org/{6d6d87be-bdc2-42b5-ad8f-85cb915abc38}/{80c30dd6-2d2f-401c-ac33-8317adbc509d}/addon/pipelines/deployments#!/deployments/{888ba48c-0011-5a46-9d59-8da313851383}

  • {{deployment.state}} は、デプロイのステータスを返します。考えられるステータスは pendingin_progresssuccessfulfailedcancelledrolled_back、または unknown です。

  • {{deployment.environment}} は、デプロイ環境に関連する情報を返します。環境には入れ子になった追加のスマート値が含まれることにご注意ください。

    • {{deployment.environment}} は、my-custom-prod-env を返します。

    • {{deployment.environment.type}} は、production を返します。

{{repository}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

リポジトリとは、ファイルと関連するメタデータのコレクションのことです。これらのスマート バリューは他のルート キー (例:{{branch.repository}}) を通じてのみアクセスできます。

  • {{repository.name}} は、リポジトリの名前を返します。例:TEST-123-some-feature

  • {{repository.url}} は、リポジトリの絶対 URL を返します。例:https://bitbucket.org/account/repo。エンコードされている URL が返されることにご注意ください。bitbucket.org/ 以降のすべては、ここに記載されている例とは異なります。

{{environment}}

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

環境とは、プロダクトがデプロイされる独立したエコシステムのことです。他のルート キーを介してのみ、これらのスマート値にアクセスできます (例: {{deployment.environment}})。

  • {{environment.name}} は、ユーザーが指定した環境の名前を返します。例:my-custom-prod-env

  • {{environment.type}} は環境タイプを返します。考えられるステータスは productionstagingtestingdevelopment、または unknown です。

{{Sprint}}

ルールをトリガーしたスプリントに関連する情報にアクセスします。

  • {{sprint.id}} - スプリント ID を返します。

  • {{sprint.name}} - スプリント名を返します。

  • {{sprint.isStarted}} - スプリントが開始した場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。

  • {{sprint.isClosed}} - スプリントが終了した場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。

  • {{sprint.startDate}} - スプリントの開始日を返します。

  • {{sprint.endDate}} - スプリントの終了日を返します。

  • {{sprint.completeDate}} - スプリントが完了済みとマークされた日付を返します。

  • {{sprint.originBoardId}} - スプリントが属するボードの ID を返します。

  • {{sprint.goal}} - スプリントの目標を返します。

{version}

ルールをトリガーしたバージョンの情報にアクセスします。

  • {{version.name}} -バージョンの名前を返します。

  • {{version.id}} - バージョンの ID を返します。

  • {{version.description}} - バージョンの説明を返します。

  • {{version.archived}} - バージョンがアーカイブされている場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。

  • {{version.startDate}} - バージョンの開始日を返します。

  • {{version.released}} - バージョンがリリースされている場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。

  • {{version.releaseDate}} - バージョンのリリース日を返します。

  • {{version.project.key}} - バージョンが属するプロジェクトのプロジェクト キーを返します。

その他のヘルプ