Enterprise 管理者向けダッシュボード

Trello Enterprise の一部として、Enterprise 管理者は Enterprise 全体の管理ダッシュボードにアクセスできます。ここで、Enterprise に関連するすべての Trello メンバーを表示して、Enterprise 内のワークスペースとボードの権限を表示して管理できます。

ダッシュボードを開きます。

ダッシュボードには Enterprise 管理者がアクセスできます。管理者が不明な場合は、担当の Enterprise アカウント マネージャーにお問い合わせください。ワークスペース管理者が Enterprise 管理者に自動でなるわけではありません。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardEnterpriseIcon

Enterprise 管理者は画面右上のスーツケースのアイコンをクリックして、ダッシュボードにアクセスできます。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardExample

画面の上部には、Enterprise の名前と、ワークスペース メンバーに SSO によるログインを要求しているかどうかがリストされます。 

screenshot_EnterpriseAdminDashboardPannel

ダッシュボードの左側に、Enterprise メンバー、ワークスペース、セキュリティ設定間を移動する方法が表示されます。また、ダッシュボードに Enterprise と使用済みの各シート数が表示されます。


アカウント管理

Enterprise メンバー

Enterprise 管理者向けダッシュボード上の [Enterprise メンバー] タブには、Enterprise 内のワークスペースでアクティブなすべての請求対象アカウントが表示されます。Enterprise 管理者はリンクを選択することで、各カテゴリに関連付けられたアカウントを管理できます。

さまざまなメンバーシップの種類に関する詳細については「Enterprise 管理者向けダッシュボードにおけるライセンス済みメンバーの管理」をご確認ください。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardEnterpriseMembers

Enterprise 管理者向けダッシュボードの [Enterprise メンバー] ページ。

メンバーの絞り込み

メンバーが所属しているワークスペース、Enterprise に対する転送の有無、最後のログイン時期、ワークスペース管理者か Enterprise 管理者かによって、メンバーのビューを絞り込めます。

Screenshot_entadminmembers

管理者ステータスによる絞り込み

特定のメンバーを検索するには、メンバーの氏名またはユーザー名をダッシュボード右上の検索ボックスに入力します。

Enterprise メンバー管理

メンバーをEnterprise ワークスペースで追加/削除または非/再アクティブするには、1 人以上のメンバーのチェックボックス (または [すべて選択] > Enterprise にいるすべてのメンバーの順に選択) > メンバー リスト上部の黄色いバーの [ワークスペース...] の順に選択します。ここから、選択したメンバーを目的のワークスペースに追加/削除または非/再アクティブできます。

これらのアクションのいずれかを実行すると、メンバーに関するステータス メッセージが表示されます。これには、正常に追加/削除された、ワークスペースに既に含まれていた、メール ドメインに関連するポリシー制限によってワークスペースで追加/削除できないなどの各メンバーがあります。

Screenshot_entadminaddtoworkspace

Enterprise メンバーを Enterprise ワークスペースに追加

admin.atlassian.com でユーザーを管理できる場合は、代わりに、[admin.atlassian.com で Enterprise メンバーを管理します]。

Enterprise 管理権限と非アクティブ化

Enterprise の管理権限を付与/取り消し、またはメンバーを Enterprise から非アクティブするには、1 人以上のメンバーのチェックボックス > メンバー リスト上部の黄色いバーにある [Enterprise…] の順に選択します。ここから、選択したメンバーを Enterprise 管理者に、Enterprise の管理ステータスを削除、または選択したメンバーを Enterprise から非アクティブにできます。

Screenshot_entadmingrantadmin

Enterprise メンバーの Enterprise 管理権限を変更

admin.atlassian.com でユーザーを管理できる場合は、admin.atlassian.com のユーザー ページで、ユーザーを製品管理者にします

そのユーザーに admin.atlassian.com でユーザーとライセンスを管理してもらう必要がある場合は、代わりに、組織管理者ロールを割り当てます。詳細。

既定のワークスペース

管理者は既定のワークスペースを設定できます。新しいユーザーにライセンスが付与されると、そのユーザーは既定のワークスペースに追加されます。

既定のワークスペース

その他のメンバー タイプ

Enterprise 内のワークスペースでアクティブなメンバーを表示するメインの [メンバー] タブに加えて、Enterprise の他のタイプのメンバーを表示する、次の 3 つの追加サブページがあります。

  • 無料の管理対象アカウント: SSO を使用しているが Enterprise ワークスペースには所属していない無料のアカウント。

  • ボード ゲスト: Enterprise 外のコラボレーターである無料アカウント。

  • 非アクティブ化されたアカウント: Enterprise とすべての Enterprise ワークスペースで非アクティブ化されたアカウント


ワークスペース

Enterprise ワークスペース 

Enterprise 管理者向けダッシュボードの [Enterprise ワークスペース] タブには、Enterprise の一部として承認されたすべてのワークスペースが表示されます。すべてのワークスペースと Power-Up 設定 (このページで後述) が、これらのワークスペース内にあるメンバーとボードに適用されます。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardEnterpriseTeams

Enterprise 管理者向けダッシュボードの [Enterprise ワークスペース] タブ

非 Enterprise ワークスペース 

[非 Enterprise ワークスペース] タブには、Enterprise に属していないがすべての管理者が Enterprise 管理対象メンバーであるワークスペースが表示されます。Enterprise 管理者はワークスペースを Enterprise に追加することをここで選択して、Enterprise のセキュリティ設定の対象に含められます。

ペンディング

[ワークスペース] 下の [保留中] タブには、Enterprise への参加を要求しているワークスペースが表示されます。このページでは、リクエストを承認してワークスペースをメインのワークスペースのリスト内に表示するか、リクエストを拒否して対象のワークスペースが Enterprise に参加しないようにするかを選択できます。


セキュリティ

ワークスペースとボードの各許可

[ワークスペースとボードの許可] タブには、Enterprise 内のすべてのワークスペースに適用される Enterprise 全体の権限設定が用意されています。これらの設定の多くでは、Enterprise にあるすべてのワークスペースに適用されるように権限を指定、またはワークスペース管理者がワークスペースごとに権限を設定できるようにするかを選択できます。

ワークスペースの [設定] タブに関する詳細は「Enterprise レベルのアクセス許可」をご参照ください。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardPermissions

Enterprise 内にあるすべてのワークスペースに適用される権限

添付ファイルの制限

[添付ファイルの制限] タブでは、特定の添付ファイルの種類を Enterprise ボード上で許可または制限できます。Trello カードの添付ファイルは常に許可されます。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardAttachmentRestrictions

添付ファイルのセキュリティ管理

公開ボード

[公開ボード] タブでは、Enterprise ワークスペース内にあるすべての公開ボードの公開範囲を表示して変更できます。詳細は「Enterprise 内の公開ボードを管理」をご参照ください。

Screenshots_entadminpublicboards

Enterprise ワークスペース内で作成された公開ボードはここに表示されます。

Power-Up 管理

管理者は Enterprise の Power-Up 管理機能によって、Enterprise 内のボードに追加できる Power-Up を制御できます。またこの機能では、Enterprise 内で現在使用されている Power-Up とそれらが使用されているボードの数を確認できます。

詳細は「Enterprise の Power-Up 管理」をご参照ください。

Screenshots_entadminpups

Enterprise の Power-Up 管理

監査ログ

管理者は [監査ログ] タブによって、Enterprise 管理者が実行したアクティビティのログをエクスポートできます。Google スプレッド シートにエクスポートされるログには、保留中のワークスペース承認、メンバーシップの変更、Enterprise 全体の権限設定、Power-Up 管理などが含まれます。

SSO セットアップ

The SSO tab reminds you that your SSO must be set through Atlassian Guard Standard (formerly known as Atlassian Access), giving you the link to configure it directly there.

screenshot_TrelloEnterpriseDashboardSSO

Atlassian Settings

Trello Enterprise はアトラシアン組織に接続されています。この設定では、このリンクの詳細とアトラシアン組織の情報を確認できます。

screenshot_EnterpriseAdminDashboardAtlassianSettings

API トークン

管理者は [API トークン] タブによって、管理対象の Enterprise メンバーが承認したサードパーティ統合と Trello のモバイル アプリ セッションのパーソナル サーバー トークンを統合できます。管理者は Power-Up とモバイル セッションのトークン タイプ別で絞り込んで、API トークンを削除して統合機能の承認を取り消せます。 

Power-Up とモバイル セッションのトークンは独立しており、一方のトークン タイプをもう一方のトークン タイプに影響を与えることなく削除できます。

Power-Up

サードパーティの Power-Up の場合、管理者は特定の統合名を表示できないため、ユーザーが承認したすべてのサードパーティ統合トークンを削除する必要があります。

API トークンの制限

また、管理者は管理対象ユーザーによる新しい API トークンの作成を制限できます。このオプションが選択されている場合は、サードパーティ統合を承認しようとした管理対象ユーザーに「400」エラー コードを含むメッセージと、Enterprise 管理者向けワークスペースに承認を依頼するように提案するメッセージが表示されます。これを承認するには、Enterprise 管理者は [管理メンバーによる API トークン作成をブロック] オプションを一時的に選択解除して、ユーザーが Power-Up にトークンの作成を許可できるようにする必要があります。Power-Up が承認されたら、Enterprise 管理者はオプションを再び選択して以降で新しいトークンの作成をブロックする必要があります。

モバイル セッションのトークン

ユーザーのモバイル セッション トークンを削除すると、ユーザーが Trello のモバイル アプリを使用しているデバイスからすぐにログアウトされます。このユーザーは次にアプリを開いた際に再びログインするように求められます。管理者が管理対象メンバーによる新しい API トークンの作成を制限することを選択した場合も、アクティブな管理対象ユーザーはモバイル セッション トークンを引き続き作成してアプリに再びログインできます。 

screenshot_EnterpriseAdminDashboardMobileSession

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。