robotsnoindex
robotsnoindex


以下のスマート バリューを使って、ルール設定時に数値を挿入してフォーマットできます。

数学的表現を使用するには {{#=}} を使用する必要があります。

{{#=}}{{issue.Invoice Amount}} * 1.2{{/}}

算術演算

次のスマート バリューを使用して、スマート バリューで (およびスマート バリュー間で) 算術演算を実行できます。

abs

数字の絶対値を返します。たとえば、「-6」の絶対値は「6」です。これは、成長率の予測と実績など、2 種類のカスタム フィールドの差異を見つけて返すのに便利です。

例:

Projected growth is off by {{issue.Projected growth.minus(issue.Actual growth).abs}}

Round

整数に四捨五入した数値を返します。たとえば、1.6 は 2 に四捨五入されます。 

例:

{{issue.timetracking.timeSpentSeconds.divide(3600).round}}

Floor

ある数字より小さい値を返します。例: 1.9 の場合は 1。

例:

{{issue.timetracking.timeSpentSeconds.divide(3600).floor}}

Ceil

ある数字より大きい値を返します。例: 1.1 の場合は 2。

例:

{{issue.timetracking.timeSpentSeconds.divide(3600).ceil}}

Plus/Minus

数値のスマート バリューを別の数値と加減算します。たとえば、各サブタスクにポイントを追加して、任意の課題の現在のストーリー ポイント見積もりを更新できます。 

{{issue.Story Points.plus(issue.subtasks.size)}}

Multiply

数値のスマート バリューと別の数値を乗算します。たとえば、課題の目標日を各ストーリー ポイントの 3 日後 (+ 3) に設定できます。

{{now.plusBusinessDays(issue.Story Points.multiply(3))}}

分割

1 つの数値スマート バリューを他と分けます。たとえば、課題に費やした時間数をユーザーごとに確認できます。

We spent {{issue.timetracking.timeSpentSeconds.divide(3600).divide(issue.Request participants.size)}} hours per person on this ticket

数値の比較

以下のスマート バリューを使って数値のスマート バリューと特定の数字を比較します。これらの値は true か false を返し、#if と組み合わせることで結果に基づいて役立つテキストをさらに表示できます。

指定の値より大きい

  • 構文: gt(value)

数値のスマート バリューを取って、指定した値より大きいかをチェックします。たとえば、課題への投票数をチェックして、投票数が 100 を上回る場合に「人気の課題」と表示します。

{{#if(issue.Votes.gt(100))}} Popular issue {{/}}

指定の値以上

  • 構文: gte(value)

数値のスマート バリューを取って、指定した値より大きいかをチェックします。たとえば、課題への投票数をチェックして、投票数が 100 を上回る場合に「人気の課題」と表示します。

{{#if(issue.Votes.gte(100))}} Popular issue {{/}}

等しい

  • 構文: eq(value)

数値のスマート バリューを取って、指定した値と等しいかをチェックします。たとえば、チケットに関係しているのが 1 人だけであることを確認し、それに当てはまる場合にメッセージを表示します。

{{#if(issue.Request Participants.size().eq(1))}} Only one person involved {{/}}

未満

  • 構文: lt(value)

数値のスマート バリューを取って指定した値より小さいかをチェックします。たとえば、複数の値があるカスタム フィールドで選択されたオプションが 2 つ未満かどうかをチェックします。

{{#if(issue.Multi Select custom field.size().lt(2))}} Only one option selected {{/}}

指定の値以下

  • 構文: lte(value)

数値のスマート バリューを取って指定した値以下かどうかをチェックします。たとえば、複数の値があるカスタム フィールドで選択されたオプションが 2 つ以下かどうかをチェックします。

{{#if(issue.Multi Select custom field.size().lte(2))}} Too few options selected {{/}}

数値の書式設定を行う

フォーマット

米国のロケールで数字の書式設定を行う。たとえば、123412345 は 123,412,345 になります。

{{issue.Invoice Amount.format}}

format(input)

指定したロケールで数字の書式設定を行います。Java ドキュメントで数値表示出力の詳細をご確認ください

{{issue.Invoice Amount.format("###")}}

formatWithLocale(input)

指定したロケールで数字の書式設定を行います。たとえば、「fr_FR」では 123412345 が 123 412 345 になります。ロケールのリストについては Java のドキュメントを参照してください。

{{issue.Invoice Amount.formatWithLocale("fr_FR")}}

asPercentage

米国のロケールで数字をパーセンテージとして書式設定します。たとえば、0.123 は 12% になります。 

{{issue.Story Points.asPercentage}}

asPercentage(locale)

指定したロケールで数字をパーセンテージとして書式設定しますロケールのリストについては Java のドキュメントを参照してください。

{{issue.Story Points.asPercentage("fr_FR")}}

asCurrency

米国のロケールで数字を通貨として書式設定します。たとえば、0.123 は $0.12 になります。

{{issue.Invoice Amount.asCurrency}}

asCurrency(locale)

指定したロケールで数字を通貨として書式設定します。たとえば、「fr_FR」では 0.123 が 0,12€ になります。ロケールのリストについては Java のドキュメントを参照してください

{{issue.Invoice Amount.asCurrency("fr_FR")}}

算術演算子

演算子

説明

結果例

+

加算演算子/単項プラス

1 + 3

4

減算演算子/単項マイナス

4 - 3

1

乗算演算子

2 * 3

6

/

除算演算子

6 / 4

1.5

%

剰余演算子 (モジュロ)

5 % 3

2

^

べき乗演算

2 ^ 3

8

ブール演算子

ブール演算子の結果は必ず 1 または 0 (ゼロ) になります。ゼロ以外は true 値として扱われます。ブール演算子の NOT (否定) は関数で実装されます。

演算子

説明

結果例

=

指定の値に等しい

2 = 2

1

==

指定の値に等しい

2 == 1

0

!=

指定の値に等しくない

2 != 1

1

<>

指定の値に等しくない

2 <> 2

0

<

未満

1 < 2

1

<=

指定の値以下

1 <= 1

1

>

指定の値より大きい

1 > 2

0

>=

指定の値以上

1 >= 2

0

&&

ブール演算子 AND

1 && 0

0

||

ブール演算子 OR

1 || 0

1

関数

関数では大文字と小文字は区別されません。

機能

説明

NOT()

論理否定。式がゼロでない場合は 1 (すなわち true)。

IF(condition,value_if_true,value_if_false)

条件の評価が true の場合に値を 1 つ返し、false の場合は別の結果を返します。

RANDOM()

0 から 1 の間でランダムな数字を生成します。

MIN(式 1,式 2,...)

所与の式の中から最小項目を返します。

MAX(式 1,式 2...)

所与の式の中から最大項目を返します。

ABS()

式の中から絶対値 (非負) を返します。

ROUND(expression,precision)

値を特定桁数で四捨五入します。現在の四捨五入形式を使用し、数字の形式を設定するのに役立ちます。

FLOOR()

最も近い整数に値を切り下げます。

CEILING()

最も近い整数に値を切り上げます。

LOG()

式の中から自然対数 (底 e) を返します。

LOG10()

式の中から常用対数 (底 10) を返します。

SQRT()

式の平方根を返します。

SIN()

角度の三角関数の正弦 (度数) を返します。

COS()

角度の三角関数の余弦 (度数) を返します。

TAN()

角度の三角関数の正接 (度数) を返します。

ASIN()

角度の逆正弦 (度数) を返します。

ACOS()

角度の逆余弦 (度数) を返します。

ATAN()

角度の逆正接 (度数) を返します。

SINH()

双曲線関数の正弦値を返します。

COSH()

双曲線関数の余弦値を返します。

TANH()

双曲線関数の正接値を返します。

RAD()

度で測定した角度を、ラジアンで測定したほぼ同等の角度に変換します。

DEG(expression)

ラジアンで測定した角度を、度で測定したほぼ同等の角度に変換します。

定数

定数

説明

E

ネイピア数 (e) の値 (70 桁ちょうどまで)。

PI

円周率 (PI) の値 (100 桁ちょうどまで)。

TRUE

値 1

False

値ゼロ。

NULL

null 値。