robotsnoindex

以下のスマート バリューを利用して、接続されたソース コード管理ツールから開発情報にアクセスし、それらをフォーマットできます。

これらのスマート値を使用できる一般的な DevOps 自動化ルールを確認してください。 テンプレートに移動します。

これらのスマート バリューを使用するには、ソース コード管理、ビルド、またはデプロイツールに接続します。

branch

ブランチとは独立した開発ラインです。

これらのスマート バリューはブランチ作成の開発トリガーでのみ利用できます。

branch.name

ブランチの名前。

{{branch.name}} returns TEST-123-some-feature

branch.url

ブランチの絶対 URL。

{{branch.url}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

branch.repository

ブランチが属するリポジトリ。

リポジトリには入れ子になった追加のスマート バリューが含まれます。

{{branch.repository}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature
{{branch.repository.url}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature


Note that this will return an encoded URL; everything after bitbucket.org/ will look different from what you see here.

commit

コミットとは、ファイル (またはファイル一式) への個別の変更のことです。

これらのスマート バリューはコミットの作成の開発トリガーでのみ利用できます。

commit.hash

コミットの SHA1 ハッシュ。

{{commit.hash}} returns 4877576951f3eda43625d3345058e702dad3df0d

commit.shortHash

コミットの切り捨てられた SHA1 ハッシュ (7 文字)。

{{commit.shortHash}} returns 4877576

commit.message

コミット メッセージ。

{{commit.message}} returns awesome commit handles everything

commit.url

コミットの絶対 URL。

{{commit.url}} returns https://bitbucket.org/commit/121212

commit.isMergeCommit

コミットがマージ コミットの場合は True。

{{commit.isMergeCommit}} returns true or false

commit.timestamp

コミットが作成された時のタイムスタンプ (UTC) です。この値は Date 関数と Time 関数をサポートしています。

{{commit.timestamp}} returns 2020-07-20T07:00:00.0+0000

commit.repository

コミットが作成されたリポジトリ。 リポジトリには 入れ子になった追加のスマート バリューがあります。

{{commit.repository}} returns my-awesome-repository
{{commit.repository.url}} returns pullRequest


プル リクエストとは、公式のプロジェクトに組み込む前に提案された変更のことです。

これらのスマート バリューは、[プル リクエストの作成]、[プル リクエストの却下]、[プル リクエストのマージ] の各トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください。

Pull request

pullRequest.title

プル リクエストのタイトル。

{{pullRequest.title}} returns ISSUE-12: Fix bugs

pullRequest.url

プル リクエストの絶対 URL。

{{pullRequest.url}} returns https://bitbucket.org/pull-request/182

pullRequest.state

プル リクエストの状態。

{{pullRequest.state}} returns Open, Merged, or Declined

pullRequest.createdDate

プル リクエストが作成された時間 (UTC)。 この値がサポートしているのは Date 関数と Time 関数です。この値は作成済みのプル リクエスト トリガーでのみ使用できます。

{{pullRequest.createdDate}} returns 2020-07-20T07:00:00.0+0000

pullRequest.updatedDate

プル リクエストの最終更新時間 (UTC) (作成、却下、またはマージ)。この値は Date 関数と Time 関数をサポートしています。この値はすべてのプル リクエスト トリガーで利用できます。

{{pullRequest.updatedDate}} returns 2020-07-20T07:00:00.0+0000


pullRequest.sourceBranch

プル リクエストのソース ブランチ。リポジトリをまたがるプル リクエストではこの値が利用できない場合があります。

sourceBranch には入れ子になった追加のスマート バリューがあります。ただし、プル リクエストのソース ブランチでは repository の値は使用できません。

{{pullRequest.sourceBranch}} returns TEST-123-some-feature
{{pullRequest.sourceBranch.url}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

pullRequest.destinationBranch

プル リクエストの宛先ブランチ。destinationBranch には入れ子になった追加のスマート バリューがあります。

{{pullRequest.destinationBranch}} returns master
{{pullRequest.destinationBranch.url}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature
{{pullRequest.destinationBranch.repository}} returns https://bitbucket.org/account/repo/TEST-123-some-feature

ビルド

ビルドとは、ファイルが最終的な利用形態に変換されるプロセスのことです。

これらのスマート バリューは、[ビルドの成功]、[ ビルドの失敗]、[ビルド ステータスの変更] の各開発トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください

build.name

プル リクエストの宛先ブランチ。以下の点に注意してください destinationBranch 入れ子になった追加のスマート バリューがあります。

{{build.name}} returns build#123

build.url

ビルドの絶対 URL

{{build.url}} returns https://bitbucket.org/{7faf7dee-a29b-4faa-bbc2-d7128a6d3278}/{315a3ecb-1f18-4953-98ae-5890f93073b5}/addon/pipelines/home#!/results/7

build.state

ビルドの状態。

列挙型で利用できる状態: pendingin_progresssuccessfulfailedcancelledunknown

{{build.state}} returns in_progress

build.refs

ビルドの参照。こちらはビルドと関連付けられるメタデータのリストです。たとえば、ブランチとタグの名前を含めることができます。
この値は省略可能で、のリストにすることができます。

{{build.refs}} returns [feature/ISSUE-123-some-work, feature/ISSUE-456-more-work]

deployment

デプロイとは、環境にプロダクトがリリースされるプロセスのことです。

これらのスマート バリューは、[デプロイの成功]、[デプロイの失敗]、[デプロイ ステータスの変更] の各開発トリガーでのみ利用できます。自動化トリガーの詳細をご確認ください。

deployment.name

わかりやすいデプロイ

{{deployment.name}} returns 7


deployment.url

デプロイの絶対 URL。

{{deployment.url}} returns https://bitbucket.org/{6d6d87be-bdc2-42b5-ad8f-85cb915abc38}/{80c30dd6-2d2f-401c-ac33-8317adbc509d}/addon/pipelines/deployments#!/deployments/{888ba48c-0011-5a46-9d59-8da313851383}

deployment.state

デプロイの状態。

列挙型で利用できる 状態: ペンディング, in_progress, 成功, 失敗, キャンセルされました, rolled_back, Unknown.

{{deployment.state}} returns in_progress

deployment.environment

デプロイ環境のスマート バリュー。environment には入れ子になった追加のスマート バリューがあります。

{{deployment.environment}} returns my-custom-prod-env
{{deployment.environment.type}} returns production

repository

リポジトリとは、ファイルと関連するメタデータのコレクションのことです。これらのスマート バリューは他のルート キー (例:{{branch.repository}}) を通じてのみアクセスできます。

repository.name

リポジトリの名前

{{repository.name}} returns TEST-123-some-feature

repository.url

リポジトリの絶対 URL。

{{repository.url}} returns https://bitbucket.org/account/repo


Note that this will return an encoded URL; everything after bitbucket.org/ will look different from what you see here.


environment

環境とは、プロダクトがデプロイされる独立したエコシステムのことです。これらのスマート バリューは他のルート キー (例:{{deployment.environment}}) を通じてのみアクセスできます。

environment.name

ユーザーが環境に指定した名前。

{{environment.name}} returns my-custom-prod-env

environment.type

環境タイプ。

列挙型の使用可能な状態: productionstagingtestingdevelopmentunknown

{{environment.type}} returns production