robotsnoindex

デフォルトでは、Jira Automation によって実行されるすべてのアクションは、Automation for Jira と呼ばれる「ユーザー」によって実行されたものとして見なされます。たとえば、自動化ルールが課題を [完了] にトランジションすると、その課題の [履歴] タブには、Automation for Jira によってトランジションされたものとして表示されます。このユーザーはルール アクターと呼ばれます。


ルールの設定時に、プロジェクト管理者とサイト管理者は、自動化ルールがチームの実際のメンバーによって実行されているように見えるように、ルール アクターを変更できます。たとえば、自動化ルールがスプリント内のすべての課題にコメントを追加した場合、チーム リーダーは、Automation for Jira ではなく自分でコメントを追加するように設定することを推奨します。

ルール アクターの変更の詳細については、「別のユーザーとしてルールを実行する」を参照してください。