robotsnoindex
robotsnoindex

スマート バリューを使い、文字列にアクセスして操作し、カスタム テキストフィールドのほか、summarydescription といった任意のテキスト フィールド タイプを使って作業できます。

これらのスマート バリューは、{{issue.reporter.displayName}} などの課題のサブ属性でも使用可能です。

テキスト文字列の操作に利用可能なスマート バリューをご覧ください

スマート バリューは、Slack メッセージに課題の短い説明を添付して送信するのに使用できます。

{{issue.description.abbreviate(200)}}

このスマート バリューの結果は、課題の説明における最初の 200 文字の後に ... (省略記号) となります。

これらの関数は条件でも使用できます。たとえば、{{issue.Field Name.isNumeric}} はテキスト フィールドが数値の場合に値を合計します。