robotsnoindex

スマート バリューを使用する方法を Jira Automation テンプレート ライブラリでご確認ください。


以下のスマート バリューを利用して、ルール設定時にリストの項目値にアクセスし、フォーマットできます。

list

リストを順に処理して、表示します。このスマート バリューは他のメソッドやプロパティを参照可能です。

{{issue.fixVersions.name}}

list.average

一覧のすべての数の平均を求めます。

{{issue.subtasks.Story Points.average}}

list.isEmpty

一覧が空白の場合は true を、空白ではない場合は false を返します。たとえば、課題に課題リンクがあるかどうかを確認するために使用できます。

{{#if(not(issue.issuelinks.isEmpty))}}
    This bug has {{issue.issuelinks.size}} related tickets
{{/}}

list.join(separator)

リストを順に処理して、所定の文字で区切られた項目を出力表示します。以下のスマート バリューは修正バージョンの名前を表示し、" - " で名前を結合します。

{{issue.fixVersions.name.join(" - ")}}


リストを順に処理して、表示します。このスマート バリューは複数の他のメソッドやプロパティを参照します。

{{#issue.fixVersions}}{{name}} {{releaseDate}}, {{/}}


ラベルのリストを順に処理してそれを表示します (. は反復対象の現在の項目を参照するためのショートカットです)。

{{#issue.labels}}{{.}}, {{/}}

list.get(index)

指定したインデックスにある要素。0 は配列の最初の要素を指します。

{{issue.comments.get(1).body}}

list.getFromEnd(index)

末尾から指定したインデックスにある要素。0 は配列の最後の要素を指します。

{{issue.comments.getFromEnd(1).body}}

list.first

リストの最初の項目です。以下の例は最初のコメントの本文です。

{{issue.comments.first.body}}

list.last

リストの最後の要素。

{{issue.comments.last.author}}

list.max

一覧の最も大きな数または最新の日付を検索します。

{{issue.subtasks.Due date.max}

list.min

一覧の最も小さな数、または一番早い日付を検索します。

{{issue.fixVersions.releaseDate.min}

list.size

リストのサイズ。

{{issue.comments.size}}

list.sum

一覧のすべての値の合計を求めます。

{{issue.subtasks.Story Points.sum}}

関数を組み合わせて使う例

リストを順に処理して、最初の要素の first ブロックのみを入力します。要素に "first" と呼ばれるメソッドまたはプロパティがある場合、_first も使用可能です。

{{#list}}{{#first}}..{{/}}{{/}}


コメント本文全体を表示し、最初のコメントの前に First: を配置します。

{{#issue.comments}}{{#first}}First:{{author.key}}{{/}}{{body}}{{/}}


リストを順に処理して最後の要素にのみ last ブロックを入れます。要素に "last" と呼ばれるメソッドまたはプロパティがある場合、_last も使用可能です。

{{#list}}{{#last}}..{{/}}{{/}}


コメント本文全体を表示し、最後のコメントの前に "Last:" を配置します。

{{#issue.comments}}{{#last}}Last: {{/}}{{body}}{{/}}


リストを順に処理して、最初の要素を除く他の各要素に first ブロックを入力します。要素に "first" と呼ばれるメソッドまたはプロパティがある場合、_first も使用可能です。

{{#list}}{{^first}}..{{/}}{{/}}


すべてのコメント本文を表示し、最初のコメントを除くすべてのコメントの前に "Not First:" を配置します。

{{#issue.comments}}{{^first}}Not First:{{author.key}}{{/}}{{body}}{{/}}


リストを順に処理して、最後の要素を除く他の各要素に last ブロックを入力します。要素に "last" と呼ばれるメソッドまたはプロパティがある場合、_last も使用可能です。

{{#list}}{{^last}}..{{/}}{{/}}


コメント本文全体を表示し、最後のコメントを除く他の各コメントの後にカンマを配置します。

{{#issue.comments}}{{body}}{{^last}},{{/}}{{/}}


現在のアイテムのインデックスを表示します。要素に "index" と呼ばれるメソッドまたはプロパティがある場合、_index も使用可能です。

{{#list}}{{index}}{{/}}


上記と同様ですが、前のコメントのインデックスを表示します。

{{#issue.comments}}{{index}}. {{body}}{{^last}},{{/}}{{/}}


すべてのラベルに option- という接頭語を付けて表示し、最後のラベル以外すべてのラベルの後にカンマを配置します。

{{#issue.labels}}option-{{.}}{{^last}},{{/}}{{/}}