robotsnoindex
robotsnoindex


Jira Cloud では、自動化ルールのインポートとエクスポートのオプションがあります。これは、Jira Cloud サイト間でのデータの移動または Jira Server から Jira Cloud へのチームの移行に便利です。

はじめる前に

自動化ルールをインポートおよびエクスポートするには、グローバル管理者である必要があります。グローバル権限の詳細をご覧ください

自動化ルールを JSON ファイルにエクスポートする

Jira Automation を使用すると、すべての自動化データを 1 つのファイルに簡単にエクスポートできます。

  1. Jira の設定で、[システム] > [自動化ルール] を選択します。グローバルな自動化画面に移動します。

  2. 右上隅にある [] > [ルールをエクスポート] を選択します。これによって、すべてのグローバルおよびプロジェクト スコープ自動化ルールを含む JSON ファイルがダウンロードされます。

Jira Cloud サイトに自動化ルールをインポートする

自動化ルールのインポート時に注意すべき事項

ルールを Automation for Jira Server から Jira Cloud に移行した後、ルールの再設定が必要になる場合があります。特に、ステータス、課題タイプ、フィールドとカスタム フィールドなど、Jira インスタンスに固有のデータが正しくマッピングされない可能性が高いため、これらのルールを再設定する必要があります。

Jira Cloud サイト間に移行する場合もルールを再設定する必要がありますが、この場合は成功する可能性がより高くなります。


JSON ファイルがあれば、その自動化データを任意の Jira サイトにインポートできます。

  1. Jira の設定で、[システム] > [自動化ルール] を選択します。グローバルな自動化画面に移動します。

  2. 右上隅にある [] > [ルールをインポート] を選択します。

  3. [Upload JSON (JSON をアップロード)] を選択するか、JSON ファイルを点線の内側の領域にドラッグ アンド ドロップします。

  4. インポートしたいルールと各ルールのプロジェクト範囲を選択します。

  5. インポートを完了するには、[Let's do this (これを行う)] を選択します。

インポートされたすべてのルールはデフォルトでは無効になっており、使用するには有効にする必要があります。同じ名前のルールが既に存在する場合、インポートされたルールの名前は Copy of [ルール名] になります。