robotsnoindex

ルールを使用すると、設定した条件に基づいてシステム内のアクションを自動化できます。自動化ルールは、ルールの実行を開始させるトリガー、ルールを細かく規定する条件、サイト内でタスクを実行するアクションの 3 つの要素で構成されています。

新しいルールを作成する手順は以下のとおりです。

  1. [プロジェクト設定] > [自動化] の順に移動します。チーム管理対象サービス デスクで、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] を選択します。

  2. ルール リストの右上隅にある [ルールを作成] を選択します。

  3. ルールのトリガーを選択します。

  4. トリガー設定を構成し、[保存] を選択します。

  5. ルールに条件を設定する場合は、[新しい条件] を選択し、利用可能な条件のリストから選択します。

  6. 条件設定を構成し、[保存] を選択します。

  7. [新しいアクション] を選択し、リストから選択可能なアクションを選択します。

  8. 条件設定を構成し、[保存] を選択します。

  9. ルールに名前を付け、[オンにする] を選択します。



ルールを作成したら、ルールの詳細から詳細をいつでも編集できます。

ルール構成はルール チェーンに表示されます。新しいコンポーネントはルール チェーンのどこにでも追加できます。既存のコンポーネントをドラッグ アンド ドロップして、ルールの順番とロジックを再調整することもできます。

ルールの詳細を表示する際、名前、適用対象プロジェクト、有効/無効といった主なプロパティを編集できます。


ルールの詳細を編集する

  1. ルールの一覧で、編集するルールの名前を選択します。

  2. ルールの詳細を必要に応じて編集します。以下のプロパティが編集可能です。

    • ルールの名前説明

    • ルールのスコープ。ルールを適用するプロジェクトを定義するもので、グローバル管理設定からのみ編集できます。ルールは次の範囲内で適用できます。

      • 単一のプロジェクト

      • 複数のプロジェクトの選択。

      • Jira インスタンス内のすべてのプロジェクト

      • 特定のプロジェクトタイプのすべてのプロジェクト (すべてのソフトウェア プロジェクトなど)

    • ルール トリガーを許可するかどうか。

    • ルールのトリガーを許可して、ルールのアクションが別のルールをトリガーできるか否かを指定します。ルール実行ループを回避するために、デフォルトでは、ルールの自動化アクションは他のルールをトリガーしません。

    • エラーを通知して、ルールが失敗した場合にルールの所有者が受領する通知を指定します。

    • ルールの所有者

  3. [保存] を選択して変更を適用します。

詳細

100 種類の自動化ルール テンプレートを Jira Automation テンプレート ライブラリでご確認ください。