データ レジデンシーを理解する

この機能は、JiraJira Service Management、Jira Product Discovery、Confluence の Enterprise プラン、Premium プラン、Standard プランでご利用になれます。

データ レジデンシーにより、JiraJira Service Management、Jira Product Discovery、Confluence の 対象となる製品データをホストする場所を制御できます。これによって、グローバルに分散するか、ヨーロッパや米国など定義された地理的な場所で所定の位置に保持するかを選択できます。

金融、政府機関、または医療などの規制された業界では、クラウド環境における運用にはデータ レジデンシーが必要になる場合があります。より一般的には、企業のデータ管理要件を満たす際にも役立ちます。

製品データをホストする場所を表示する

組織の管理者が対象となる製品データをホストしている場所を表示します。これには組織の管理者権限が必要です。

製品データをホストする場所を表示するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [セキュリティ] > [データ レジデンシー] の順に選択します。

これによって、組織のデータ レジデンシー ページが開きます。このページには、組織内の製品、各製品のロケーション、そのロケーションに対応する AWS リージョンが一覧表示されます。製品がロケーションに固定されている場合は、対象となるデータが所定の位置に保持されます。

製品でデータ レジデンシーを利用できる場合は、対象となるデータを移動して新しいロケーションに固定するようにリクエストできます。詳細については、「Move data to another location (データを別のロケーションに移動する)」をご参照ください。

データを保護するために、Amazon Relational Database Service (RDS) の自動バックアップを毎日作成します。データの常駐場所を選択すると、データのバックアップもこの場所に保存されます。データの管理方法に関する詳細についてご確認ください

ロケーションと AWS リージョンとは?

製品のロケーションは、対象となるデータがホストされる地理的な境界です。各ロケーションは 1 つ以上の AWS リージョンに対応しており、AWS がデータ センターをクラスター化している世界中の物理的なロケーションを示します。AWS インフラストラクチャと、それが アトラシアンのクラウド・ホスティング・インフラストラクチャで果たす役割の詳細をご確認ください。

次の場所から選択できます。

 

場所

AWS リージョン

グローバル

AWS リージョンにあるアトラシアンの全クラウド製品

オーストラリア

オーストラリア (シドニー) リージョンで構成

カナダ

カナダ (中部) リージョンで構成

EU

ヨーロッパ (フランクフルト) およびヨーロッパ (ダブリン) リージョンで構成

ドイツ

ヨーロッパ (フランクフルト) リージョンで構成

インド

アジア太平洋 (ムンバイ) リージョンで構成

日本

アジア太平洋 (東京) リージョンで構成

シンガポール

アジア太平洋 (シンガポール) リージョンで構成

韓国

アジア太平洋 (ソウル) リージョンで構成

スイス

ヨーロッパ (チューリッヒ) リージョンで構成

イギリス

ヨーロッパ (ロンドン) リージョンで構成

米国

米国東部 (北バージニア) および米国西部 (北カリフォルニア) リージョンで構成

初期設定では、すべての製品がすべての AWS リージョンを含むグローバル ロケーションでホストされます。これらの製品については、Atlassian が対象となるデータのロケーションを決定します。アトラシアンでは製品パフォーマンスを最適化するために、これらの製品のデータ移動を制限していません。また、必要に応じてデータを AWS リージョン間で移動する場合があります。

対象となる製品データを特定のロケーションに保持する必要があり、製品でデータ レジデンシーを利用できる場合は、対象となるデータを新しいロケーションに移動して、そこにピン留めするようにリクエストできます。製品を別のロケーションに移動する方法の詳細をご覧ください。

次のセクションで詳しく説明するように、ロケーションによっては一部の機能をサポートしない場合があります。

一部のロケーションに関する制限

スイス

このロケーションでは Atlassian Data Lake を利用できません。このロケーションにデータをピン留めした場合、このロケーションでこれらの機能が利用可能になるまで、次の制限が適用されます。

  • JiraJira Service Management、Confluence の Enterprise プランで提供される Atlassian Analytics のグラフとダッシュボードは、このロケーションに移動したデータには利用できません。

  • すべての有料プランで Jira Service Management に組み込まれている Opsgenie レポートは、このロケーションに移動したデータでは利用できません。この制限は永続的です。データを以前のロケーションに戻しても、このロケーションに固定されたデータにアクセスすることはできません。

  • Enterprise と Premium のすべてのプランで Jira Service Management に組み込まれているアセット レポートは、このサービスがこのロケーションで利用可能になるまで、このロケーションに移動されたデータでは機能しません。

上記の機能を現在使用している場合や今後使用する予定がある場合は、これらの機能がサポートされるまで、データをこのロケーションにピン留めしないことをお勧めします。緊急の必要がある場合や、このロケーションについて支援が必要な場合は、サポートにご連絡ください

対象となる製品データ 

この表は、固定できる対象の製品データ タイプと固定できない対象外の製品データをまとめたものです。これらのデータ タイプの定義については、用語集をご確認ください。

製品

✅ 固定できる

❌ 固定できない

Jira

  • すべての添付ファイル

  • ボードおよびスプリント データ

  • コメント

  • 製品内の通知データ

  • Jira 課題およびフィールド コンテンツ (システムおよびカスタム フィールドを含む)

  • Jira の検索データ

  • プロジェクト設定データ (ワークフロー、カスタム フィールド設定、およびボード設定を含む)

  • 接続された DevOps データ (コミット、ブランチ、プル リクエスト、ビルド、デプロイ、機能フラグ、リモート リンクを含む)。

  • 製品分析

Jira Service Management

  • すべての添付ファイル

  • コメント

  • 製品内の通知データ

  • ナレッジ ベースのカテゴリ データ (Confluence と統合されている場合)

  • アセット オブジェクト データとスキーマ構成データ

  • Jira 課題、リクエスト タイプ、およびフィールド コンテンツ (システム フィールドとカスタム フィールドを含む)

  • Jira の検索データ 

  • プロジェクト構成データ (ワークフローとカスタム フィールド設定を含む)

  • キュー データ

  • 外部資産プラットフォームに使用される構成管理データベース (CMDB)。

  • SLA の設定データ

  • Opsgenie を利用するすべてのインシデント管理機能。Opsgenie のデータ レジデンシーの詳細をご確認ください

  • 顧客アカウント

  • 製品分析

  • Halp で使用されるデータ

Jira Product Discovery

  • Jira Product Discovery のアイデア

  • すべての添付ファイル

  • アイデアのコメント

  • フィールド値 (投票、リアクション、数式の値を除く)

  • Jira の検索データ

  • 製品内の通知データ

  • プロジェクト構成データ

  • 製品分析

  • 設定とコメントを表示

  • インサイト

  • フィールド設定

  • 動的フィールド (投票、リアクション、カスタム数式)

Confluence

  • すべての添付ファイル

  • コメント

  • Confluence のページとブログ データ

  • 製品内の通知データ

  • ページおよびコメントへのいいね!

  • ページのメタデータ

  • メール内の通知のソース データ

  • ホワイトボード

  • データベース

  • 権限および制限構成のデータ

  • 製品分析 (検索データとスペース キー)

Atlassian Guard Standard

 

  • ユーザー アカウント情報データ

  • 監査ログ イベント

全製品

  • 一部の Atlassian Marketplace とアプリ データ

  • 一部の Atlassian Marketplace とアプリ データ

  • 自動化ルール設定データ

  • メールや通知など、キャッシュされたコンテンツ (最大 30 日間)

  • 転送されるデータ (最大 30 日)

  • 製品、監査および運用ログ

  • 製品分析

  • チームのプロファイル情報データ

  • サードパーティ製品統合データ

  • 一時的なルール実行データ

  • ユーザー アカウント情報データ

  • ユーザー分析

Atlassian Analytics および Atlassian Data Lake

  • Atlassian Data Lake に保存されている製品データ

  • チャートのメタデータ (チャートのタイトル、設定、注釈、クエリ、コメントを含む)

  • ダッシュボードのメタデータ (ダッシュボードのタイトル、URL スラッグ、その他の設定、コメント、変数、サブスクリプション設定 (メール、頻度、変数を含む)、テキスト要素を含む)

  • データ ソース (データ ソース名と設定データを含む)

  • アクティビティ (ダッシュボードとデータ ソース用のクエリ ログとアクティビティ ログを含む)

ユーザー アカウント情報データを固定しない理由

ユーザー アカウント情報は、セントラル ID サービスと小規模かつ管理された一連のレプリカ サービスに保存されます。お客様のパフォーマンスのニーズを満たすために世界中でサービスをホストしているため、これらのサービスとその中のユーザー アカウント情報がこれらの場所に固定されることはありません。

このようにユーザー アカウント情報を保存することで、システム内のフットプリントを制限しています。これは、こうした情報が当社の製品内にまったく保存されないことを意味します。代わりに、当社の製品には、ID サービスから情報を取得するために使用する代表者 ID が保存されます。

これらの理由により、現時点でユーザー データにデータ レジデンシーを適用することはできません。アトラシアンではこれが一部のお客様にとって問題となりうることを理解しています。アトラシアンでは、お客様のデータ レジデンシー要件に合ったソリューションの選定を支援しています。

アトラシアンでのユーザー データの保存場所や保存方法の詳細については、Atlassian Trust Center をご覧ください。

GDPR コンプライアンスの維持

アトラシアンではプライバシーを重視しており、GDPR、CCPA、LGPD、その他の要件を満たすグローバルなプライバシー プログラムを運営しています。すべてのユーザーのデータを同じように取り扱って、業界標準の技術的手段と組織的手段を使用して保存する情報を保護しています。アトラシアンのプライバシー プログラムは、法的要件とお客様のニーズの両方を満たすように調整されています。

詳細については、Atlassian Trust Center をご確認ください。また、EU に特定の情報については、「GDPR に対する取り組み」をご参照ください。

データ レジデンシーは Marketplace アプリでどのように機能しますか?

Atlassian Marketplace は、主にサードパーティの Marketplace パートナーが開発したアプリで構成されています。こうしたパートナーはアトラシアンと緊密に連携し、アトラシアンのツールや API を使用することがよくありますが、アトラシアンの子会社や関連企業というわけではありません。アプリがデータ レジデンシーの移動に対応している場合は、ご利用のホスト製品と同じロケーションにデータを移動して保存することをリクエストできます。

アトラシアンは、製品とその一部のインストール済みアプリを組み合わせて移行することをサポートしています。製品を新しいロケーションに移動している間、インストール済みのアプリの一部は自動的に移動されます。つまり、データ レジデンシーの移動をサポートするアプリの一部は、製品とともに移動されるということです。ただし、一部のアプリでは、製品を希望のデータ レジデンシーのロケーションに移動したあとに、個別に移動させる必要があります。Marketplace アプリ データを別のロケーションに移動することに関する詳細をご確認ください。

特定のアプリに関する詳細は、Atlassian Marketplace のアプリ一覧をご参照のうえ、プライバシー ポリシー、ドキュメント、連絡先情報をご確認ください。ドキュメントをよく読んで、どのデータがアプリのデータ レジデンシーの範囲内/範囲外であるかを理解することをお勧めします。

Opsgenie 機能のデータ レジデンシーの仕組み

インシデント管理機能 (旧 Opsgenie 機能) が Jira プラットフォームに組み込まれました。つまり、Jira Service Management を移動するたびに、インシデント管理データ (旧 Opsgenie データ) も選択したロケーションに固定されるようになります。

サイト名が重複していると、データ レジデンシーの移動が妨げられることがあります。データ レジデンシーの移動についてサポートを受けるには、当社のサポート チームに連絡していただく必要があります。

データ レジデンシーの移動についてサポートを受ける方法。

  1. http://support.atlassian.com/ に移動し、[サポートに問い合わせる] を選択します。

  2. [Atlassian Account email ID (Atlassian アカウントのメール アドレス ID)] を入力します。

  3. [お問い合わせの内容をお選びください] から、「技術的な問題や不具合について] を選択します。

  4. [Choose from your licenses (ライセンスから選択)] メニューで Opsgenie の URL を選択するか、[製品を選択] で [JSM] を選択します。

  5. リクエストに関連する詳細を入力し、[サポート リクエストを送信] を選択します。

データ レジデンシーに関する用語 

用語

定義

資産データ

Jira の機能と同期するために使用されるアセット プラットフォームに保存されたサードパーティの資産データ。

Atlassian Guard Standard

Atlassian Guard Standard is a subscription that you purchase for your whole company. It enables visibility and security across all Atlassian accounts and products and gives you one place to manage your users and enforce security. Understand Atlassian Guard

Atlassian Marketplace とアプリのデータ

サードパーティのアプリ ベンダーによってアトラシアン クラウド外で保存されている可能性のある、Connect アプリのデータ。

添付ファイル

Jira、Jira Service Management、または Confluence の課題、ページ、またはその他のコンテンツに添付または追加されたファイル。

監査ログ

管理者の操作により生成されるログ。

自動化ルール設定データ

自動化ルールの作成、または編集時に、その動作を定義できるように取得するデータ。

AWS リージョン

Amazon Web Services のリージョン。AWS インフラストラクチャの詳細についてご確認ください

キャッシュされたコンテンツ

次の目的のために、指定外のリージョンに最大 30 日間保存されるコンテンツ。

  • 指定されたロケーションへのコンテンツのプログレッシブ (一括) な移行

  • トランザクション コンテンツの一時ストレージ (送信が確認または放棄されるまでのメールや通知など)。

  • Atlassian Analytics のダッシュボード用にクエリ結果と描画されたチャートを一時保存する場所

接続された DevOps データ

Jira DevOps エクスペリエンスに関連するデータ:

  • コミット

  • branches

  • プル リクエスト

  • ビルド

  • デプロイメント

  • 機能フラグ

  • リモート リンク

顧客アカウント

Jira Service Management プロジェクトの顧客アカウントにあるユーザー データ。 

転送中のデータ

Atlassian Store によって、保存されずに処理または移動されているデータ。

インシデント管理機能データ

Opsgenie を搭載したインシデント管理機能の機能で使用されるデータ。

製品内の通知データ

Jira、Jira Service Management、Confluence の製品内通知に関連するデータ。

Opsgenie を搭載した Jira Service Management 機能

Opsgenie URL を介してアクセスされるすべての機能。これらの機能の一部は、Jira Service Management 製品画面に表示されます。

ナレッジ ベースのカテゴリ データ

Jira Service Management ナレッジ ベースのカテゴリ。Confluence と統合したときにポータルに表示される説明と設定が含まれます。

運用ログ

運用上の保守および診断目的で使用される、アトラシアンのシステム ログ。

ページのメタデータ

検索インデックスの作成のために、Confluence スペースを説明するために使用されるデータ。

権限および制限構成のデータ

製品またはサイトのアクセス権限/制限構成に関するデータ

ピン留め

ロケーションに保持されている製品データ。

製品分析

製品内のユーザー エクスペリエンスの最適化とパフォーマンスのためにクラウド製品によって実行されるイベント。

製品データ

ユーザーが直接追加したデータ。

保管される製品データ

ユーザーによって直接追加されて、Atlassian のクラウド データ ストアに 30 日以上保存されているデータ。

製品ログ

Jira および Confluence 製品のコンテンツや設定の変更により生成されるログ。

キュー データ

チームが回答するために優先順位付けされた顧客リクエストのデータ。たとえば、概要、ステータス、顧客名などです。

SLA の設定データ

SLA 目標設定のサービス レベル アグリーメントのテキスト フィールド名、時間メトリックの構成、カレンダー構成、および JQL クエリ。

メール内の通知のソース データ

通知の詳細が記載されたメール内のデータ。たとえば、課題名とコメントを含むメールなどです。

チームのプロファイル情報データ

Atlassian チーム プロファイルに関連するデータには、次が含まれます。

  • 名前、説明、またはヘッダー画像

  • すべてのチーム リンク情報とアクティビティ

サードパーティ製品統合データ

Jira、Jira Service Management、または Confluence と統合された製品のデータ(GitHub 統合など)。

一時的なルール実行データ

自動化ルールでアクションを実行できるように、自動化ルールに渡すデータ、または自動化ルールによって検索されるデータ。このデータは、ルールの実行期間中のみ保持されます。課題やユーザー データが含まれる場合があります。

ユーザー アカウント情報データ

次を含む個人アカウント情報。

  • name

  • メール アドレス

  • アバター

ユーザー分析

ユーザーが製品を操作する方法に基づくエクスペリエンスの理解に役立てるための、クラウド製品で実行されたイベント。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。