ドメインからアカウントをエクスポートする

操作できるユーザー
ロール: 組織管理者

組織管理者は、組織の全アカウントのリストを CSV ファイル形式でエクスポートできます。ファイルには、各アカウントに関する次の情報が含まれています。

  • 名前

  • メール

  • Atlassian ID

  • ステータス (アクティブまたは非アクティブ)

  • 最終ログイン (ユーザーの最終ログイン)

  • 申請済み (アカウントが別の組織によって申請されているかどうか)

  • 請求対象 (Atlassian Access の請求対象として計上されているメンバー)

  • ポリシー タイプ (ポリシーが請求可能であるか請求不可であるか)

  • SAML シングル サインオン (メンバーが SAML シングル サインオンでログインする場合)

  • 2 段階認証 (メンバーに対して 2 段階認証が有効になっている場合)

  • 確認済みのメール アドレス (確認済みかどうか)

  • BitbucketConfluenceJiraJira Product DiscoveryJira Service ManagementOpsgenie、Statuspage、Trello (ユーザーが製品にアクセスすると、 CSV ファイルに表示されます)

アカウントのエクスポート

アカウントをエクスポートする手順は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. このステップは、ご利用のユーザー管理エクスペリエンスによって異なります
    - オリジナル: [ディレクトリ] > [ドメイン] の順に選択します。
    - 一元管理: [設定] > [ドメイン] の順に選択します。

  3. [アクション] から [アカウントをエクスポート] を選択します。

  4. [エクスポート] を選択して CSV ファイルをダウンロードします。

CSV ファイルへのリンクが記載されたメールが届きます。
大量のアカウントがある場合は、CSV ファイルをメールで受信するまでに数分かかることがあります。メール内のダウンロード リンクは一意のもので、期限は 24 時間です。他の組織管理者も、リンクを知っていればファイルをダウンロードできます。

 

その他のヘルプ