組織外のユーザーが製品にアクセスする方法を制御する

 

Atlassian Access をサブスクライブすると、セキュリティ設定を外部ユーザーに適用できます。Atlassian Access の開始方法に関する詳細をご確認ください。

アーリー アクセス プログラムの参加者は、外部ユーザー セキュリティをさらに強化できます。外部ユーザーのセキュリティは、まもなく誰でも利用できるようになります。

外部ユーザー セキュリティとは

ご利用の組織の従業員が、社外の人々と作業を行うこともあるでしょう。こうした人々には、企業の他のメンバーが使用しているソフトウェア ツールへのアクセスを必要とするコンサルタントや請負業者などが考えられます。

管理者はこうした状況において、次のような方法を実行できます。

  • 外部ユーザーにアクセス権を付与して、従業員とのコラボレーションを促進する

  • 誰でもアクセスできないように、データを安全に保つ

管理対象ユーザーとは異なり、製品にアクセスする外部ユーザーに対しては多くの制御を行えません。外部ユーザー セキュリティは、ご利用のドメインの企業メールを外部ユーザーに付与したくない場合に、外部ユーザーの身元を確認する方法です。

外部ユーザーが組織のデータにアクセスしようとすると、そのユーザーのメール アドレスに一時的なパスワードが送信されます。続行するには、パスワードを入力する必要があります。

その他のヘルプ