管理対象アカウントのエクスポート

組織管理者は、すべての管理対象アカウントのリストを CSV ファイル形式でエクスポートできます。ファイルには、それぞれの管理対象アカウントに関する次の情報が含まれています。

  • 名前

  • メール

  • 最終ログイン (ユーザーの最終ログイン)

  • ステータス (アクティブまたは非アクティブ)

  • 請求対象 (Atlassian Access の請求対象として計上されているメンバー)

  • ポリシー名 (認証ポリシーの名前)

  • ポリシー タイプ (請求可能または請求不可ポリシー)

  • SAML シングル サインオン (メンバーが SAML シングル サインオンでログインする場合)

  • 2 段階認証 (メンバーに対して 2 段階認証が有効になっている場合)

  • パスワード要件 (パスワードの強度と有効期限)

  • アイドル セッション期間 (メンバーが強制的にログアウトされるまでの非アクティブ状態の継続時間)

  • BitbucketConfluenceJira Work ManagementJira Service ManagementJira Software、OpsGenie、Statuspage、Trello (製品へのアクセスに使用するサイトと共に一覧表示)

管理対象アカウントをエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [ディレクトリ] > [管理対象アカウント] の順に選択します。

  3. [メンバーをエクスポート] を選択します。

  4. ダイアログが表示され、CSV ファイルのエクスポート準備が完了したらメールが送信される旨が通知されます。[エクスポート] をクリックして続行します。

大量のアカウントがある場合は、数分かかることがあります。メール内のダウンロード リンクは一意のもので、期限は 24 時間です。リンクを知っていれば誰でもファイルをダウンロードできます。

その他のヘルプ