What are audit log webhooks?

このページを使用して、Webhook を登録して、選択した指定の URL に監査ログ・イベントを自動的に送信するリアルタイム・ストリーミング・ソリューションを設定します。

製品を Enterprise プランにアップグレードすると、監査ログの Webhook が利用できるようになります。Enterprise プランの詳細についてご確認ください。

監査ログの Webhook は、監査ログ イベントに応じてトリガーされるカスタマイズされた HTTP コールバックです。イベントが発生すると、ソース システムは Webhook に設定された URL に HTTP リクエストを送信します。これにより、イベント データが指定された宛先に自動的に送信されます。

このガイドは、このプロセスを合理化し、ソース システムによってイベントが生成されるとすぐに、イベントが自動的に送信されるようにすることを目的としています。

ソース アプリケーションが Webhook リクエストをディスパッチできるようにするには、宛先アプリケーションがソースに Webhook URL を登録する必要があります。特定のイベントの登録プロセスが完了すると、イベントが発生するたびに指定された宛先 URL で Webhook リクエストが受信されるようになり、リアルタイムの更新情報が提供されます。

Webhook URLを登録する

1 つの組織に複数の Webhook URL を登録することはできませんのでご注意ください。

監査ログの Webhook 設定
  1. admin.atlassian.com にアクセスして、所属する組織を選択します(複数の組織がある場合)。

  2. [セキュリティ] > [監査ログ] に移動します。

  3. [アクティビティ設定] を選択します。

  4. [Webhook] を選択します。

  5. Webhook URL(リアルタイムのイベント情報を受け取りたい宛先)を入力します。

  6. <認証スキーム> <認証パラメータ> 形式を使用して、安全な認証の資格情報を入力します。たとえば、Basic <資格情報>

  7. [保存] を選択します。

Webhook の登録をテストするには、[Send a test audit log event)(テスト用監査ログ・イベントを送信] を選択します。

Webhook 登録を削除する

このアクションにより、Webhook が現在保存されている URL にストリーミングされなくなります。

  1. [Remove registration (登録を削除)] を選択します。

  2. [削除] を選択して確定します

Webhook の登録が削除されました。

 

その他のヘルプ