外部ユーザーとは

外部ユーザーとは、貴社の業務を対応しているものの、アトラシアン組織では管理していないユーザーを指します。外部ユーザーは Atlassian アカウントを所有しており、組織のデータにアクセスできます。これらのユーザーは、認証していないドメインのメール アカウントか、まだ申請していないアカウントを所有しています。

外部ユーザー設定

外部ユーザーのセキュリティは、2 段階認証と検証頻度という 2 つの設定で利用できます。これらの設定は、アトラシアン組織のすべての外部ユーザーと次の製品に適用されます。

  • Confluence

  • Jira Software

  • Jira Service Management (Atlassian アカウントのみ)

  • Jira Work Management

2 段階認証または検証頻度の設定は変更できません。

外部ユーザー設定

説明

2 段階認証

外部ユーザーがアトラシアン組織の製品にアクセスしようとすると、ワンタイム パスワードが送信されます。製品にアクセスするには、それを入力する必要があります。

ユーザーがアトラシアンからログアウトすると、次回、そのユーザーが組織内の製品データにアクセスしようとしたときに、別のパスワードが送信されます。

認証頻度

外部ユーザーがアトラシアン組織の製品にアクセスするためには、7 日ごとに新しいワンタイム パスワードを入力する必要があります。

外部ユーザー セキュリティ制限

このセクションでは、外部ユーザー セキュリティのリリースに関連する制限を一覧表示します。

  • 外部ユーザーがモバイル アプリでアトラシアン組織にアクセスする場合は、組織データにアクセスする際にワンタイム パスワードを求められません。代わりに、モバイル アプリ管理でこれらのユーザーを保護できます。

モバイル アプリ管理の詳細をご確認ください。

  • 外部ユーザーが組織の製品データにアクセスするために API 呼び出しを行う場合は、組織データにアクセスする際にワンタイム パスワードを求められません。

その他のヘルプ