ポータルのみの顧客の SAML シングル サインオンを設定する

ID プロバイダーを接続して、顧客のシングル サインオンを設定します。

Who can do this?
Role: Organization admin
Plan: Atlassian Guard Standard

この機能は Jira Service Management 限定で、ポータル限定のカスタマーを認証することを目的としているため、ポータル限定のカスタマーまたはユーザーのアカウントをプロビジョニングして同期する予定の場合は、この機能を使用しないでください。

管理対象ユーザーと外部ユーザーをプロビジョニングして組織と同期できます。ユーザー プロビジョニングの詳細をご確認ください

ポータル限定のカスタマーの SAML シングル サインオンについて

セキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML) は、パーティ間、特にアイデンティティ プロバイダーとサービス プロバイダー間で認証データと認可データを交換するためのオープン標準です。

SSO (シングル サインオン) 用 SAML を使用すると、カスタマーが Jira Service Management ヘルプ センターにログインする際に、組織の ID プロバイダーを通じて認証を受けることができます。カスタマーは 1 回ログインするだけで、アクティブなセッション中に 1 つのヘルプ センターの複数のポータルにアクセスできます。

組織外のカスタマーは、Jira Service Management ヘルプ センターにのみアクセスできます。これらのカスタマーはサブスクリプションにはカウントされません。Jira Service Management のカスタマー アカウントの詳細をご確認ください。

アトラシアン アカウントを持つ社内カスタマー (従業員のカスタマーなど) のシングル サインオンを設定できます。組織内のユーザーの ID プロバイダーで SAML SSO を設定する方法の詳細をご確認ください。

SAML シングル サインオンと認証設定

ID プロバイダーで SAML シングル サインオンを設定したら、Jira Service Management の Jira 設定でシングル サインオンを有効にする必要があります。ポータル限定のカスタマーの認証に関する詳細をご確認ください。

はじめる前に

SAML シングル サインオンをセットアップする前に次のことを実行する必要があります。

  • Subscribe to Atlassian Guard Standard from your organization. Understand Atlassian Guard

  • 自身が Atlassian 組織の管理者であることを確認します。 

  • ID プロバイダーを Jira Service Management に追加します。ポータルのみの顧客向けに ID プロバイダーを追加する方法についてはこちらをご確認ください。

  • Atlassian 製品とご利用の ID プロバイダーが HTTPS プロトコルを使用して通信していて、設定された製品のベース URL が HTTPS の URL であることを確認します。

SAML シングル サインオンをセットアップする前に、次を実行することをお勧めします。

  • ID プロバイダー サーバーの時計が NTP と同期していることを確認します。SAML 認証リクエストは限られた回数のみ有効です。

  • ポータル限定のカスタマー全員に対して SSO を有効にする前に、Jira 設定の [認証] ページに移動してシングル サインオン エクスペリエンスをテストしてください。カスタマー ログインのシングル サインオンのテストに関する詳細をご確認ください。

サポートされるアイデンティティ プロバイダー

SAML SSO のセットアップは、使用する ID プロバイダーによって異なります。アトラシアン サポート チームは、サポートされている ID プロバイダーのセットアップ手順をお手伝いします。

ID プロバイダーが事前に設定した Atlassian Cloud アプリを使用して、ポータル限定のカスタマーに SAML を設定することはできません。アプリは、アトラシアン アカウント用 SAML で動作するように設計されています。

正確な手順や用語は、ID プロバイダーによって異なる場合があります。詳細なガイダンスが必要な場合は、プロバイダーのドキュメントまたはサポート リソースを参照してください。

汎用アプリケーションを、選択した ID プロバイダーと統合するには:

  1. 選択した ID プロバイダーのアカウントにログインします。

  2. 独自のアプリを作成するオプションを探します。

  3. アプリ作成画面に移ったら、アプリ ギャラリーやライブラリにリストされていない他のアプリを統合するオプションを探します。

  4. このオプションを選択して、設定プロセスを進めます。

利用しているユーザー管理エクスペリエンスを確認する

確認するには、admin.atlassian.com で所属組織にアクセスし、[ディレクトリ] タブを選択します。ここに [ユーザー] と [グループ] の各リストがある場合は、一元化されたユーザー管理を利用しています。一元化されたユーザー管理の詳細

オリジナル

集中型

サイト管理者または組織管理者として、[ユーザー] は [Product site (製品サイト)] の下で確認できます。

元のユーザー管理の png

組織管理者として、[ユーザー] は [ディレクトリ] タブで確認できます。

一元化されたユーザー管理の png

 

参考情報


一元化されたユーザー管理コンテンツ

アイデンティティ プロバイダーから Atlassian 組織への詳細のコピー

  1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から [製品] を選択します。

  2. [サイトと製品] で、SAML SSO を設定するサイトを選択します。

  3. [Jira Service Management] で [Portal-only customers (ポータル限定のカスタマー)] を選択します。

  4. [] (その他のオプション) > [ID プロバイダー] の順に選択します。

  5. [SAML シングル サインオンをセットアップ] を選択します。

  6. SAML の詳細を追加します。

  7. [保存] を選択します。

SAML の詳細

説明

アイデンティティ プロバイダー エンティティ ID

この値は、製品が認証リクエストを許可するアイデンティティ プロバイダーの URL です。

アイデンティティ プロバイダー SSO URL

この値はユーザーがログイン時にリダイレクトされる URL を定義します。

公開 x509 証明書

この値は、「-----BEGIN CERTIFICATE-----」で始まります。

この証明書には、受信したすべての SAML 認証リクエストがアイデンティティ プロバイダーで発行されていることを検証するために使用する公開鍵が含まれています。

次の URL を Atlassian 組織から ID プロバイダーにコピーする

  • サービス プロバイダーのエンティティ URL

  • サービス プロバイダーのアサーション コンシューマー サービス URL

正確な手順や用語は、ID プロバイダーによって異なる場合があります。詳細なガイダンスが必要な場合は、ID プロバイダーのドキュメントまたはサポート リソースを参照してください。

汎用アプリケーションを、選択した ID プロバイダーと統合するには:

  1. 選択した ID プロバイダーのアカウントにログインします。

  2. 独自のアプリを作成するオプションを探します。

  3. アプリ作成画面に移ったら、アプリ ギャラリーやライブラリにリストされていない他のアプリを統合するオプションを探します。

  4. このオプションを選択して、設定プロセスを進めます。

  5. ID プロバイダーで [保存] を選択します。

利用できる SAML 属性

ID プロバイダーをセットアップする際には、次の SAML 属性を使用します。

手順説明

SAML 属性

ID プロバイダーへのマッピング

必須

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/givenname

ユーザーの名

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/surname

ユーザーの姓

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/name、または

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/upn

変更されないユーザーの内部 ID。

ユーザーのメール アドレスをこの ID に使用しないでください。

必須

NameID

ユーザーのメール

ID プロバイダー (IDP) が開始する SSO の RelayState

ID プロバイダーが開始するログイン フローを設定する必要がある場合は、次の relaystate URL を使用してください。

<baseurl>/servicedesk/customer/portals

シングル サインオンを設定してカスタマーを認証する

Jira Service Management のヘルプ センターへのシングル サインオンは、テストしてから有効にすることをお勧めします。シングル サインオンを有効にすると、カスタマーは ID プロバイダーの ID 認証情報を使用してヘルプ センターにアクセスできます。ポータル限定のカスタマーの認証に関する詳細をご確認ください。

ID プロバイダーの SAML 設定を削除する

SAML 構成を削除すると、カスタマーは ID プロバイダーから認証できなくなります。この場合、ヘルプ センターにアクセスするには、サイトのポータル限定のアカウント (メール アドレスとパスワード) を使用する必要があります。カスタマーがポータル限定のアカウントのパスワードを持っていない場合は、ヘルプ センターにログインする際に設定するよう求められます。

ID プロバイダーに設定されている SAML シングル サインオンを削除する前に、シングル サインオンを無効にし、パスワード認証を有効にしていることを確認してください。シングル サインオンを無効にし、パスワードを有効にする方法をご確認ください。

ID プロバイダーの SAML シングル サインオン構成を削除するには:

  1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から [製品] を選択します。

  2. [サイトと製品] で、SAML 構成を削除するサイトを選択します。

  3. [Jira Service Management] で [Portal-only customers (ポータル限定のカスタマー)] を選択します。

  4. [] (その他のオプション) > [ID プロバイダー] の順に選択します。

  5. SAML 構成を削除するディレクトリを選択します。

  6. [View SAML configuration (SAML 構成を表示)] > [Delete configuration (構成を削除)] の順に選択します。

When you delete the SAML configuration, you still have a subscription to Atlassian Guard Standard. If you want to unsubscribe, go to Unsubscribe from Atlassian Guard Standard.


元のユーザー管理コンテンツ

アイデンティティ プロバイダーから Atlassian 組織への詳細のコピー

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [Jira Service Management] を選択します。

  3. [] (その他のオプション) > [ID プロバイダー] の順に選択します。

  4. [SAML シングル サインオンをセットアップ] を選択します。

  5. SAML の詳細を追加します。

  6. [保存] を選択します。

SAML の詳細

説明

アイデンティティ プロバイダー エンティティ ID

この値は、製品が認証リクエストを許可するアイデンティティ プロバイダーの URL です。

アイデンティティ プロバイダー SSO URL

この値はユーザーがログイン時にリダイレクトされる URL を定義します。

公開 x509 証明書

この値は、「-----BEGIN CERTIFICATE-----」で始まります。

この証明書には、受信したすべての SAML 認証リクエストがアイデンティティ プロバイダーで発行されていることを検証するために使用する公開鍵が含まれています。

次の URL を Atlassian 組織から ID プロバイダーにコピーする

  • サービス プロバイダーのエンティティ URL

  • サービス プロバイダーのアサーション コンシューマー サービス URL

正確な手順や用語は、ID プロバイダーによって異なる場合があります。詳細なガイダンスが必要な場合は、ID プロバイダーのドキュメントまたはサポート リソースを参照してください。

汎用アプリケーションを、選択した ID プロバイダーと統合するには:

  1. 選択した ID プロバイダーのアカウントにログインします。

  2. 独自のアプリを作成するオプションを探します。

  3. アプリ作成画面に移ったら、アプリ ギャラリーやライブラリにリストされていない他のアプリを統合するオプションを探します。

  4. このオプションを選択して、設定プロセスを進めます。

  5. ID プロバイダーで [保存] を選択します。

利用できる SAML 属性

ID プロバイダーをセットアップする際には、次の SAML 属性を使用します。

手順説明

SAML 属性

ID プロバイダーへのマッピング

必須

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/givenname

ユーザーの名

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/surname

ユーザーの姓

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/name、または

http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/upn

変更されないユーザーの内部 ID。

ユーザーのメール アドレスをこの ID に使用しないでください。

必須

NameID

ユーザーのメール

ID プロバイダー (IDP) が開始する SSO の RelayState

ID プロバイダーが開始するログイン フローを設定する必要がある場合は、次の relaystate URL を使用してください。

<baseurl>/servicedesk/customer/portals

シングル サインオンを設定してカスタマーを認証する

Jira Service Management のヘルプ センターへのシングル サインオンは、テストしてから有効にすることをお勧めします。シングル サインオンを有効にすると、カスタマーは ID プロバイダーの ID 認証情報を使用してヘルプ センターにアクセスできます。ポータル限定のカスタマーの認証に関する詳細をご確認ください。

SAML でのジャストインタイム プロビジョニング

ジャスト イン タイム プロビジョニングは、サービスプロバイダーが開始するフローと ID プロバイダーが開始するフローの両方でサポートされます。

Jira Service Management サイトのシングル サインオンを有効にするには、Jira 管理者である必要があります。

  1. [Jira 設定] > [製品] > [認証] に移動します。ポータルのみのカスタマーを認証するための設定の詳細をご覧ください

  2. シングル サインオンを有効にする」オプションが選択され、保存されていることを確認してください。

これらの設定が確認されると、新しいカスタマーはヘルプセンターの URL (https://INSTANCE.atlassian.net/servicedesk/customer/portals) にアクセスして、ポータル専用アカウントをジャスト イン タイムでプロビジョニングします。

サービス プロバイダが開始するヘルプセンターのログインエクスペリエンスは次のようになります。

  1. カスタマーが https://INSTANCE.atlassian.net/servicedesk/customer/portals  に移動します。

  2. カスタマーがメール アドレスを入力して、[続行] を選択します。

  3. カスタマーが [シングル サインオンで続行] を選択し、ID プロバイダーにリダイレクトされます。

カスタマーが ID プロバイダーから正常に認証された場合 (またはセッションがキャッシュされている場合)、ポータル専用のカスタマー アカウントが自動的に作成され、ログインを開始したヘルプ センターの Web サイトにリダイレクトされます。

ID プロバイダーの SAML 設定を削除する

SAML 構成を削除すると、カスタマーは ID プロバイダーから認証できなくなります。この場合、ヘルプ センターにアクセスするには、サイトのポータル限定のアカウント (メール アドレスとパスワード) を使用する必要があります。カスタマーがポータル限定のアカウントのパスワードを持っていない場合は、ヘルプ センターにログインする際に設定するよう求められます。

ID プロバイダーに設定されている SAML シングル サインオンを削除する前に、シングル サインオンを無効にし、パスワード認証を有効にしていることを確認してください。シングル サインオンを無効にし、パスワードを有効にする方法をご確認ください。

ID プロバイダーの SAML シングル サインオン構成を削除するには:

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [Jira Service Management] を選択します。

  3. [] (その他のオプション) > [ID プロバイダー] の順に選択します。

  4. SAML 構成を削除するディレクトリを選択します。

  5. [View SAML configuration (SAML 構成を表示)] > [Delete configuration (構成を削除)] の順に選択します。

When you delete the SAML configuration, you still have a subscription to Atlassian Guard Standard. If you want to unsubscribe, go to Unsubscribe from Atlassian Guard Standard.

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。