BYOK 暗号化で管理されたデータ

Jira と Confluence 向けの BYOK 暗号化は、Enterprise プランのすべてのお客様が利用できます。

Jira Service Management 向けの BYOK 暗号化は、Enterprise プランの多くの顧客が、アーリー アクセス プログラム((EAP)を通じて利用できます。EAP への参加にご興味がある場合は、Enterprise アカウント担当者にご連絡ください。

スコープ内外の製品データ タイプ

BYOK 暗号化を設定すると、特定の製品データが外部 AWS アカウントにホストされているキーで暗号化されます。

次の表は、現在のサポート対象の製品データ タイプとサポート対象外の製品データ タイプの一覧です。

製品

✅ 現在のサポート対象

❌ サポート対象外

Jira ファミリー

アトラシアンでは現在、JiraJira Service Management EAP の暗号化をサポートしています。ただし、Jira 製品ファミリーは同じデータベースを共有しているため、JiraJira Service Management 用に暗号化されたデータの一部は、同じサイトの Jira Product Discovery にまで及びます。それ以外の場合、Jira Product Discovery の暗号化はサポートしていません。

Jira 製品ファミリーについてご確認ください。

  • すべての添付ファイル

  • コメント

  • 製品内の通知データ

  • Jira 課題およびフィールドの内容 (システム フィールドとカスタム フィールドを含む)

  • Jira の検索データ

  • ボードおよびスプリント データ

  • 権限と制限構成のデータ

  • アセット データ (Jira Service Management)

  • 概要名

  • Rovo 検索

 

  • 添付ファイル メタデータ

  • プロジェクト設定データ (ワークフロー、カスタム フィールド設定、およびボード設定を含む)

  • 製品分析

  • 接続された DevOps データ (コミット、ブランチ、プル リクエスト、ビルド、デプロイ、機能フラグ、リモート リンクを含む)

  • Rovo チャット

Jira Service Management Operations (EAP)

Includes all attributes in the data types except the ones listed in the Not Supported column.

  • Alerts, escalations, and teams: alert, alert attachment, alert note, alert log, saved search, alert policy, escalation, maintenance, responder name, team, team log, platform team, team routing rules, notification preference, central notification setting, heartbeat

  • Schedule: schedule, schedule on-call events, schedule deleted rotation metadata, deleted schedule

  • User and team roles: user, deleted user, user saved search, user role, customer account log, customer tags, customer onboarding

  • Integrations: integration, integration action, integration action group, integration new framework, integration alias mapping

  • Chat: chat channel, chat conversation

  • JEC (Jira Edge Connector) channel name

  • Incident: incident, incident saved search, incident alert policy register, incident response role, incident template saved search, incident service, incident service saved search, incident service problem, incident service problem comment, incident service problem alert setting, incident external service, incident external service relation, incident status page entry, incident stakeholder notification email template, incident stakeholder notification info, incident log, incident note, incident timeline entry, stakeholder updates

  • Alerts, escalations, and teams: alert alias, alert messages. alert tags, policy name, escalation name, customer team role name, heartbeat name, alert saved search name, forwarding alias,

  • Schedule: schedule name, override alias

  • Integrations: integration name

  • Service: service name

  • Incident: incident messages, tags, (incident saved search) name, (incident response role) name lowercase, (incident service saved search) name, (incident external service) name

Confluence

  • ページ コンテンツ

  • ブログ コンテンツ

  • コメント

  • 添付ファイル

  • Confluence Questions

  • ホワイトボード

  • 製品内の通知データ

  • 権限および制限構成のデータ

  • データベース

  • 検索データ

  • 添付ファイル メタデータ

  • ページとブログの URL

  • 製品分析

  • Rovo 検索

  • Rovo チャット

Atlassian Guard Standard

 

  • ユーザー アカウント情報データ

  • 監査ログ イベント

全製品

 

  • Atlassian Marketplace とアプリのデータ

  • キャッシュされているコンテンツ (最大 30 日)

  • 転送されるデータ (最大 30 日)

  • 製品、監査および運用ログ

  • 製品分析

  • チームのプロファイル情報データ

  • サードパーティ製品統合データ

  • ユーザー アカウント情報データ

  • ユーザー分析

製品データの定義

用語

定義

資産データ

Jira Service Management の Assets に保存されているすべてのスキーマ、オブジェクト タイプ、オブジェクト。

Atlassian Guard Standard

Atlassian Guard Standard (旧称 Atlassian Access) は、会社単位で購入するサブスクリプションです。すべての Atlassian アカウントと製品を可視化してセキュリティを確保し、ユーザーを管理してセキュリティを強化する一元的な場所を提供します。

Atlassian Marketplace とアプリのデータ

サードパーティのアプリ ベンダーによってアトラシアン クラウド外で保存されている可能性のある、Connect アプリのデータ。

添付ファイル メタデータ

ファイル名。

添付ファイル

Jira、Jira Service Management、または Confluence の課題、ページ、アセット オブジェクト、またはその他のコンテンツに添付または追加されたファイル。

監査ログ

管理者の操作により生成されるログ。

キャッシュされたコンテンツ

次の目的のために、指定外のリージョンに最大 30 日間保存されるコンテンツ。

  • 指定されたロケーションへのコンテンツのプログレッシブ (一括) な移行

  • トランザクション コンテンツの一時ストレージ (送信が確認または放棄されるまでのメールや通知など)。

  • Atlassian Analytics のダッシュボード用にクエリ結果と描画されたチャートを一時保存する場所

Confluence Questions

次のデータを含む、Q&A 向け Confluence 組み込みアドオン機能

  • 質問のタイトルである CQ プライマリ データ

  • 質問の内容

  • 回答の内容

  • 回答/質問のコメント

Confluence の検索データ

Confluence 検索機能を有効にするために、Elasticsearch にデータが保存されます。現時点ではスコープ外ですが、BYOK 顧客が暗号化キーへのアクセスを取り消すと、このデータは削除されます。

接続された DevOps データ

Jira DevOps エクスペリエンスに関連するデータ:

  • コミット

  • branches

  • プル リクエスト

  • ビルド

  • デプロイメント

  • 機能フラグ

  • リモート リンク

顧客アカウント

Jira Service Management プロジェクトのカスタマー アカウント内のユーザー データ。 

転送中のデータ

Atlassian Store によって、保存されずに処理または移動されているデータ。

インシデント管理機能データ

Opsgenie を搭載したインシデント管理機能の機能で使用されるデータ。

製品内の通知データ

Jira、Jira Service Management、Confluence の製品内通知に関連するデータ。

Opsgenie を搭載した Jira Service Management 機能

Opsgenie URL を介してアクセスされるすべての機能。これらの機能の一部は、Jira Service Management 製品画面に表示されます。

ナレッジ ベースのカテゴリ データ

Jira Service Management ナレッジ ベースのカテゴリ。Confluence と統合したときにポータルに表示される説明と構成が含まれます。

運用ログ

運用上の保守および診断目的で使用される、アトラシアンのシステム ログ。

概要

Jira の概要とは、複数のビジネス プロジェクトにまたがる作業の大まかな情報をまとめて表示するのに役立つ、プロジェクトの集まりです。

ページのメタデータ

検索インデックスの作成のために、Confluence スペースを説明するために使用されるデータ。

権限および制限構成のデータ

製品またはサイトのアクセス権限/制限構成に関するデータ

製品分析

製品内のユーザー エクスペリエンスの最適化とパフォーマンスのためにクラウド製品によって実行されるイベント。

保管される製品データ

ユーザーによって直接追加されて、Atlassian のクラウド データ ストアに 30 日以上保存されているデータ。

製品ログ

Jira および Confluence 製品のコンテンツや設定の変更により生成されるログ。

Rovo チャット

Rovo チャットは、アトラシアン組織全体で機能する AI アシスタントで、アトラシアンのエコシステム内でユーザーの質問に回答し、タスクを支援します。チャット履歴、チャット名、顧客が作成したチャット エージェントおよびその名前と説明が含まれます。

Rovo 検索

Rovo 検索を使用して、探しているものを素早く見つけることができます。Rovo 検索は、アトラシアン製品(Jira や Confluence など)の結果と、接続している他のツールの結果を組み合わせます。

SLA の設定データ

SLA 目標設定のサービス レベル アグリーメントのテキスト フィールド名、時間メトリックの構成、カレンダー構成、および JQL クエリ。

メール内の通知のソース データ

通知の詳細が記載されたメール内のデータ。たとえば、課題名とコメントを含むメールなどです。

チームのプロファイル情報データ

Atlassian チーム プロファイルに関連するデータには、次が含まれます。

  • 名前、説明、またはヘッダー画像

  • すべてのチーム リンク情報とアクティビティ

サードパーティ製品統合データ

Jira、Jira Service Management、または Confluence と統合された製品のデータ(GitHub 統合など)。

ユーザー アカウント情報データ

次を含む個人アカウント情報。

  • name

  • メール アドレス

  • アバター

ユーザー分析

ユーザーが製品を操作する方法に基づくエクスペリエンスの理解に役立てるための、クラウド製品で実行されたイベント。



さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。