セッションのアイドル期間の更新

アイドル セッション時間

ユーザーのセッション継続時間とは、ユーザーがログインし続けられる時間を意味します。この時間を過ぎるとユーザーはログアウトされ、再度ログインする必要があります。セッションのアイドル状態とは、ユーザーがその時間において製品の操作を行わないことを指します。操作には、アクティブなもの (ユーザーによるボタンのクリック) も、パッシブなもの (開いたページの自動更新) も含まれます。

セッション長を更新する前に、1 つ以上のドメインを認証します。ドメインを認証すると、そのドメインのメール アドレスを使用するすべての Atlassian アカウントが組織で管理されるようになります。組織のドメインの認証に関する詳細

認証ポリシーとは

認証ポリシーでアイドル セッション継続時間を設定します。認証ポリシーによって、組織内のユーザー セットごとに異なるセキュリティ レベルを設定する柔軟性を得られます。また、認証ポリシーによって、会社全体にロールアウトする前にユーザーのサブセットでさまざまな設定をテストできるため、リスクを軽減できます。

認証ポリシーでのアイドル セッション継続時間の設定

Atlassian Access (まもなく Atlassian Guard Standard に名称変更) に登録しない場合は、すべてのユーザーに対するアイドル セッション期間を 1 つの認証ポリシーで設定することになります。複数の認証ポリシーを利用するには、Atlassian Access (まもなく Atlassian Guard Standard に名称変更) のサブスクリプションが必要です。認証ポリシーの詳細についてご確認ください。

アイドル セッション継続時間の設定は、以下には適用されません。

  • 組織が管理していないアカウント

  • モバイル セッション

認証ポリシーでアイドル セッション継続時間を設定すると、管理対象アカウントにのみ適用されます。アイドル セッション期間を設定しない場合、認証ポリシーで初期設定の期間が 30 日間に設定されます。これは、アトラシアン製品にアクセスできるすべてのユーザーに適用されます。

認証ポリシーからアイドル セッション時間を選択するには:

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [セキュリティ] > [認証ポリシー] の順に選択します。

  3. 変更するポリシーの [Edit (編集)] を選択します。

  4. [設定] ページで、アイドル セッション時間長さを選択します。

セッション継続時間の変更を保存しても、ユーザーが自身のアカウントからログアウトされるわけではありません。新しいアイドル セッション継続時間は、ユーザーが次回ログインした際に適用されます。

認証ポリシーのセッションをリセットする

認証ポリシーのセッションをリセットすると、約 10 分ですべてのメンバーがポリシーからログアウトされます。セッションをリセットする際は、メンバーに知らせておくことをおすすめします。セッションのリセットはウェブ セッションにのみ適用され、モバイル セッションには適用されません。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [セキュリティ] > [認証ポリシー] の順に選択します。

  3. 変更するポリシーの [Edit (編集)] を選択します。

  4. [設定] または [メンバー] ページで [セッションをリセット] を選択します。

外部ユーザー ポリシーのセッションをリセットする必要がある場合は、「外部ユーザーのセッションをリセットする」をご参照ください

 

その他のヘルプ