モバイル アプリ ポリシーのセキュリティ設定

Atlassian Cloud モバイル アプリは、追加のセキュリティ設定をアプリに適用するための組織のモバイル アプリ ポリシーをサポートしています。

モバイル アプリ ポリシーは、iOS と Android 向け Jira Cloud、Confluence Cloud、OpsGenie の各モバイル アプリでサポートされています。

モバイル ポリシーで利用できるセキュリティ設定のスクリーンショット

この表では、Jira Cloud、Confluence Cloud、Opsgenie の各モバイル アプリで構成できる各セキュリティ設定について説明して、それらがどのように機能するのかについて詳述します。ポリシーの作成時にエンド ユーザーが体験する内容をご確認ください

セキュリティ設定

動作の仕組み

ポリシーの適用対象

組織の製品へのアクセス権を持つすべてのユーザー

ポリシー作成後に追加した新しいユーザーを含めて、ポリシーは組織内にいるすべてのユーザー (管理対象と管理対象外の両方) に適用されます。

特定のユーザー

ポリシーは選択したユーザーにのみ適用されます。これらのユーザーは管理対象アカウントを持っている必要があります。

アプリ データの保護

モバイル アプリからのコンテンツの共有、保存、またはバックアップを無効にする

ユーザーはコンテンツに対して次のアクションを実行できません。

  • iCloud または Google Cloud へのバックアップ

  • 外部ストレージへの保存 (例: SD カード)

  • 他のアプリと共有

モバイル アプリのスクリーンショット (Android のみ) と画面録画を無効にする

  • モバイル アプリが Android デバイス上で開いている間は、ユーザーはコンテンツのスクリーンショットを撮影できません。

  • ユーザーが画面録画をオンにすると、モバイル アプリの使用がブロックされます。

モバイル アプリからのコンテンツの切り取りまたはコピーを無効にする

ユーザーはモバイル アプリからコンテンツを切り取りまたはコピーできません。

アプリのアクセス要件

侵害されたデバイスをブロックする

モバイル アプリは一連のチェックを実行して、デバイスの整合性を検証します。セキュリティが侵害されると、ユーザーはアプリ内にある組織のコンテンツにアクセスできなくなります。

Android デバイスでは、コンテンツにアクセスするためにハードウェア格納型キーストアが必要です。

アトラシアンは新しいデバイスのエクスプロイトを定期的に確認して、チェックリストを更新しています。

データの暗号化を必須にする

ほとんどの iOS と最新の Android の各デバイスは、初期設定で暗号化されています。

古いデバイスをご利用のユーザーは暗号化を有効にする必要があります。デバイスを暗号化できない場合は、そのデバイスでモバイル アプリを使用できません。

生体認証またはデバイスのパスコードを必須にする

ユーザーは、デバイスでパスコード/Face ID/Touch ID (iOS の場合) または画面ロック (Android) を有効にする必要があります。

ユーザーがモバイル アプリを開く際、またモバイル アプリがバックグラウンドで 2 分超実行された場合に必要となります。

OS バージョンの最小要件を指定する

ユーザーのデバイスが OS バージョンの最小要件 (またそれ以上) を満たす必要があります。

サポート対象のバージョン

  • iOS: 13 から 15

  • Android: 6.0 から 12

その他のヘルプ