モバイル ポリシー (MAM) のセキュリティ設定とサポート対象アプリ

新しいモバイル ポリシーを作成するときは、組織で設定するセキュリティ設定を選択する必要があります。

モバイル ポリシーで利用できるセキュリティ設定のスクリーンショット

この表では、Jira Cloud、Confluence Cloud、Opsgenie の各モバイル アプリで構成できる各セキュリティ設定について説明して、それらがどのように機能するのかについて詳述します。ポリシーの作成時にエンド ユーザーが体験する内容をご確認ください

セキュリティ設定

動作の仕組み

このポリシーの適用先

組織の製品へのアクセス権を持つすべてのユーザー

ポリシーは、ポリシーの作成後に追加した新しいユーザーを含め、組織内のすべてのユーザー (管理対象と管理対象外の両方) に適用されます。

特定のユーザー

ポリシーは、選択したユーザーにのみ適用されます。これらのユーザーは、管理対象アカウントを持っている必要があります。

データ保護

ユーザーによるデバイスへのデータ保存またはバックアップを防ぐ

組織のコンテンツとデータに対して、次のことを行えません。

  • iCloud または Google Cloud へのバックアップ

  • 外部ストレージへの保存 (例: SD カード)

  • 他のアプリとの共有

ユーザーによるスクリーンショット撮影を防ぐ (Android のみ)

モバイル アプリを開いている場合、ユーザーはコンテンツのスクリーンショットを撮ることができません。この設定は Android デバイスにのみ適用されます。

ユーザーによる画面録画を防ぐ

ユーザーが画面録画をオンにすると、モバイル アプリの使用がブロックされます。

クリップボードの制限

サポート対象アプリでのユーザーによるデータの切り取りやコピーを防ぐ

ユーザーには、モバイル アプリでコンテンツを切り取りおよびコピーする権限がありません。コンテンツはクリップボードに保存されません。

アクセス要件

デバイスの暗号化を必須にする

ユーザーに対してデバイスを手動で暗号化させる要件は、主に古い Android デバイスに適用されます。iOS デバイスと最新の Android デバイスのほとんどは、デフォルトで暗号化されています。一部の古い Android デバイスは暗号化できないため、これらのユーザーは別のデバイスが必要になります。

生体認証またはデバイスのパスコードを必須にする

ユーザーは、デバイスでパスコード/Face ID/Touch ID (iOS の場合) または画面ロック (Android) を有効にする必要があります。

これは、モバイル アプリを開くとき、およびモバイル アプリが 2 分以上バックグラウンドで実行された場合に必要となります。

デバイスが OS バージョンの最小要件を満たすことを必須にする

iOS/iPad、Android において、オペレーティング システム (OS) の最小要件を設定できます。ユーザーのデバイスには、OS の最小要件を満たすバージョン (またはそれ以上) がインストールされている必要があります。

選択できる OS の最小要件は次のとおりです。

  • iOS: 13 から 15

  • Android: 6.0 から 12

どのアプリがサポートされますか?

現在、iOS および Android デバイス向けの Jira Cloud および Confluence Cloud モバイル アプリをサポートしています。

ユーザーは、Apple App Store または Google Play ストアから、これらのアプリをデバイスに直接ダウンロードできます。

その他のヘルプ