Atlassian サイトと組織について

Atlassian 組織は、製品とユーザーを管理する一元化された場所を提供します。組織の仕組みの詳細については、「Atlassian 組織」を参照してください。

サイトには、組織にある Atlassian 製品のインスタンスが含まれています。たとえば、Atlassian アカウントに移行しようとしているときに以前にアカウントを持っていたことがない場合は、サイトを含む新しい組織を作成してその組織に Statuspage インスタンスを含めます。Atlassian 組織は 1 つ以上のサイトを、各サイトは各製品インスタンスを 1 つだけ持てます。

Jira Cloud などの別のアトラシアン製品をスイートに追加する場合は、Statuspage を含むサイトに追加するか、Jira Cloud インスタンス用の新しいサイトを作成します。

Atlassian アカウントへの移行前

従来、Statuspage はそのような組織内のページを含む独自の組織構造を持っていました。一方、Atlassian 組織にはサイトがあり、各 Atlassian 製品の 1 つのインスタンスを含められます。

移行前の Statuspage と Atlassian の組織構造を表示します。

Atlassian アカウントへの移行後

Atlassian アカウントに移行すると、Statuspage インスタンスはサイトに含まれます。ステータス ページは Statuspage のインスタンス内に残ります。

Statuspage が移行された後の Atlassian の組織構造を表示します。

Atlassian の管理

以下のスクリーンショットは、左側のナビゲーションと製品リストを持つ管理インターフェイスを示しています。上部のナビゲーションには、組織の [概要]、[ディレクトリ]、[製品]、[セキュリティ]、[請求]、[設定] などのオプションが表示されます。また、ドロップダウン メニューでサイトのリストを表示できます。

[概要] ページは、admin.atlassian.com にアクセスして組織を選択すると表示される、Atlassian の管理の場所です。組織内の製品のプランと請求情報が表示されます。各製品の横にあるドロップダウン メニューを選択して、その他のオプションを表示できます。

Opsgenie や Statuspage のように、一部の製品には独自の請求があります。これらの製品は個別に請求されて、 Atlassian 管理内の請求ツールは適用されません。

Atlassian 管理者のホーム画面と組織の概要を表示します。

ディレクトリ: ドメインの認証後、管理対象のアカウントのリストが表示されます。ここでは、ユーザー プロビジョニングのために ID プロバイダーと接続できます。詳細

Security: Get more control and security features like SAML single sign-on when you subscribe to Atlassian Guard Standard (formerly known as Atlassian Access), giving you the full benefit of organizations. Learn more

製品: 組織は製品の概要を確認して、リリースの追跡やサンドボックスなどの強力な変更管理機能にアクセスできます。詳細

設定: 詳細のアップデート、ユーザーを組織管理者に変更、別のドメインの追加、API キーの作成を行えます。詳細

製品ドロップダウン メニュー: ドロップダウンをクリックして、製品ごとのオプションの一覧を表示します (ユーザーや製品の管理用のクイック リンクを含む)。

admin.atlassian.com での組織の管理に加えて、組織の REST API を使用して、すべてのユーザーやドメインなどの組織の詳細を取得できます。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。