Jira Service Management インテグレーションを設定する

この統合は Jira Service Management CloudJira Service Management Data Center で利用可能です。このアプリは、特定の対象者向けページ タイプにおける使用を意図していません。

かわりに Jira Software インテグレーションをお探しの場合は、このドキュメントをご参照ください。

はじめる前に

ダウンタイムが発生すると、Web サイトやアプリがダウンしている理由を尋ねる重複するサポート チケットがサポート チームに殺到する可能性があります。Jira Service Management (JSM) インテグレーションは、サービス プロジェクトに関連するステータス情報を表示することでこれらの不要なサポート チケットを防ぐ際に役立ちます。

この統合の一般的な機能を次に示します。

  • ステータス ページにアクティブなインシデントがある場合は、JSM カスタマー ポータルに通知が表示されます。

  • ステータス ページにアクティブな保守がある場合は、JSM カスタマー ポータルに通知が表示されます。

  • コンポーネントが低下している場合は、カスタマー ポータルに通知が表示されます。

  • 2 つを超える上記のイベントが一度にアクティブになっている場合は、一般的な通知が JSM カスタマー ポータルに表示されます。

  • すべてが稼動中、つまり伝える必要があるインシデントや保守がない場合、メッセージは表示されません。

Jira Service Management インテグレーションを設定する

  1. Jira Service Management にログインします。

  2. 上部のナビゲーションから [アプリ] を選択します。

  3. [Manage your apps (アプリを管理)] を選択します。

  4. 左側のメニューから [Find new apps (新しいアプリを検索] を選択します。

  5. Statuspage を検索して、結果に表示される [Statuspage for Jira Service Management app (Jira Service Management 向け Statuspage アプリ)] を選択します。

  6. [Get app (アプリの取得)]、[Get it now (今すぐ入手)] の順に選択して、サービス プロジェクトに追加します。アプリが追加されると成功フラグが表示されます。

  7. 表示される成功フラグで [Configure (設定)] を選択します。

  8. ドロップダウン メニューから Statuspage アプリで設定する Jira Service Management プロジェクトを選択します。

  9. ページ ID とステータス ページの API キーを入力します。

    1. Statuspage でこの情報を見つけるには、サイト管理者である必要があります。Statuspage に移動して、画面の左下にあるアバター、[API Info (API 情報)] の順に選択します。API キーとページ ID が表示されます。Statuspage のサイト管理者でない場合は、API キー情報を取得するための連絡先が表示されます。

  10. 追加 を選択します 。

設定が完了しました。アプリが正しく設定されているかどうかをテストする場合は、Statuspage でインシデントを作成できます。次に、JSM の Web ポータル チャンネルに移動します。ここでは、カスタマーにインシデントを知らせるメッセージが表示されます。

Statuspage アプリの設定をアップデートするには、次の手順に従います。

  1. Jira Service Management で上部のナビゲーションから [アプリ] を選択します。

  2. [Manage your apps (アプリを管理)] を選択します。

  3. [User-installed app (ユーザーがインストールしたアプリ)] セクションの [Statuspage for Jira Service Management (Jira Service Management 向け Statuspage)] を選択して、アプリのオプションを開きます。

  4. [Configure (設定)] を選択して、アプリの設定をアップデートします。また、ここでアプリをアンインストールできます。

インシデント メッセージが表示される場所を確認するには、次の手順に従います。

  1. Jira Service Management で、[プロジェクト] に移動して Statuspage アプリで設定したプロジェクトを選択します。

  2. 次のサイド メニューで [Channels (チャンネル)] を選択します (設定によっては [Ticket Channels (チケット チャンネル)])。表示されるオプションの 1 つに [Help Center (ヘルプ センター)] があります。

  3. [Help Center (ヘルプ センター)] で [Open (開く)] を選択すると、エンド ユーザーがチケットを作成するために入力するフォームが表示されます。

Statuspage にインシデントが入力されている場合は、インシデント アップデート メッセージがそのフォームに表示されます。進行中のインシデントがない場合、フォームには何も表示されません。

フォームの上部にインシデント メッセージを表示する Jira Service Management ヘルプ フォーム

その他のヘルプ