シングル サインオンの使用時に Atlassian アカウントに移行する

はじめる前に

Statuspage の顧客がシングル サインオンを使用している場合は、さまざまなユーザー セットのセキュリティの対処に進む前に、このドキュメントを使用して請求対象外のポリシーを設定してください。

Atlassian Access とは何ですか?

高度なセキュリティと一元管理機能を備える Atlassian Access を、エンタープライズ全体でご利用ください。Jira、Jira Service Management、Confluence、Bitbucket、Trello、さらには新たに追加された Statuspage など、組織内のあらゆる Atlassian Cloud 製品に対応しています。

Atlassian Access は請求にどのような影響がありますか?

SAML シングル サインオンを使用する予定の場合は、Atlassian Access サブスクリプションが必要です。ただし、Statuspage ユーザー (Free プランと Hobby プランを除く) は Atlassian Access の請求対象外です。

Atlassian Access + Statuspage の価格の例

例 1:

  • Statuspage (対象となる価格プランで) のみを使用しており、ユーザーは 10 人。Atlassian Access サブスクリプションが必要で、請求額は無料です。

例 2:

  • Free または Hobby 価格プランの Statuspage のみを使用しており、ユーザーは 2 人。Atlassian Access サブスクリプションが必要で、請求額は Atlassian Access の価格プランに従って計算されます。

例 3:

  • Jira Cloud (またはその他の Atlassian Cloud 製品) と Statuspage を使用していて、ユーザーは合計 100 人であるとします。100 人のうち 10 人のユーザーが Statuspage を使用しています。その場合、90 人のユーザーに対して Atlassian Access の料金が請求されます。

移行時は、Access のトライアルに拡張機能が提供されています。これによって、Atlassian 管理者ツールと SSO ツールを使用して調整する操作をサポートします。

移行の手順

Atlassian アカウントを既にお持ちの場合は「ステップ 2: Atlassian アカウント」に進みます。

ステップ 1: Atlassian アカウントを作成して検証する

移行を通知するメール通知を受け取った後に Statuspage にログインする際は、[始める] を選択してステップに従って新しい Atlassian アカウントを作成します。これは、移行の完了後に Statuspage にログインするために使用する新しいアカウントと認証情報になります。

Atlassian アカウントと Statuspage のメール アドレスは同じである必要があります。メール フィールドには、Statuspage へアクセスする際に現在使用しているメール アドレスが事前に入力されています。ソーシャル ログイン (Google、Microsoft) を使用している場合は、メール アドレスが正しいことをご確認ください。

SSO を使用した移行のステップ 1 が表示されます - Atlassian アカウントの作成と検証

別のメール アドレスを使用する場合は、そのメール アドレスで新しいユーザーを招待してアカウントの所有権をそのユーザーに移行し、そのアカウントでこのプロセスを完了して組織のアカウントを移行できます。

Atlassian アカウントを設定するための確認メールが送信されます。新しいパスワードを作成したら、組織のアカウントを移行できます。「ステップ 3: アカウントの移行」に進みます。

ステップ 2: ご利用の Atlassian アカウント

Atlassian アカウントすでにお持ちの場合は、このセクションに従います。

移行を通知するメール通知を受け取った後で Statuspage にログインしたら、[始める] を選択してステップに従って Atlassian サイトに接続してアカウントを移行します。

移行の完了後、Statuspage にログインするには、この画面にリストされたメール アドレスに関連付けられているパスワードを使用する必要があります。このメール アドレスに関連付けられているパスワードを思い出せない場合は、移行を完了したら初回のログイン時にパスワードをリセットする手順に従ってください。

Atlassian アカウント情報を表示する移行のステップ 2 が表示されます

別のメール アドレスを使用する場合は、そのメール アドレスで新しいユーザーを招待してアカウントの所有権をそのユーザーに移行し、(そのアカウントで) このプロセスを完了して組織のアカウントを移行できます。

ステップ 3: Statuspage を Atlassian サイトに接続する」に進みます。

ステップ 3: StatusPage を Atlassian サイトに接続する

管理者アクセス権を持っているサイトが [ご利用のサイト名] にリストされます。StatusPage を追加するサイトを選択するか、新しいサイト名を入力して新しいサイトを作成します (注: 新しいサイトを作成すると新しい組織も作成されます)。

このリストに表示されない別のサイトを探している場合は、そのサイトの組織管理者ではないことを意味しています。

組織管理者に連絡して管理アクセス権を取得する、組織管理者にアカウントの所有権を譲渡できます。サイト管理者が Statuspage の所有者になったら、このプロセスを完了させて Statuspage を追加するサイトに組織のアカウントを移行します。

Statuspage を Atlassian サイトに接続する移行のステップ 3 が表示されます

サイトを接続して「ステップ 4: シングル サインオンを設定する」に進みます。

ステップ 4: シングル サインオンを設定する

Statuspage 組織がまだ移行されていなくても、Statuspage の移行先のサイトを選択しているか、自動で作成されています。

移行を実行する前に、admin.atlassian.com に進んで組織のシングル サインオンを構成します。管理対象アカウントで SAML を適用するには、ドメインを検証して Atlassian Access にサインアップする必要があります。Google 認証または SAML シングル サインオンのどちらを使用しているかにかかわらず、以下のリンクを使用して手順を表示してください。

Statuspage をすでにシングル サインオンが設定されている既存のサイトに移行する場合は、そのまま続行してください。

最後に、Statuspage に戻って、SSO を設定しているかどうか、または SSO なしで続行するかを指定します。

Atlassian の管理でシングル サインオンを設定してから移行のステップが表示されて、続行します

 

Google 認証でシングル サインオンを設定する

[Atlassian の管理] > [サイト] > [サイト設定] > [G Suite] の順に移動して設定します。詳細

SAML でシングル サインオンを設定する

[Atlassian の管理] > [セキュリティ] > [SAML シングル サインオン] の順に移動して設定します。詳細

ステップ 5: 組織のアカウントを移行する

チーム メンバーに Statuspage からログアウトされることを通知して、移行を準備します。

SSO を設定した場合、チーム メンバーは引き続き ID プロバイダー経由でログインすることになります。

SSO をスキップすることに決めた場合、チーム メンバーは次回ログインする際に Atlassian アカウントを作成する必要があります。Atlassian アカウントをすでに持っているメンバーは、適切なログインにリダイレクトされます。

すべてのアカウントを移行する移行の最後のステップが表示されます

あなたとそのチーム メンバーの準備ができたら、[Migrate all accounts (すべてのアカウントを移行)] をクリックします。

移行が完了するまでに時間がかかる場合があります。移行が完了してページがリロードされて「移行が完了しました」メッセージが表示されるまで、[移行の進行中] 画面にとどまります。移行が完了したら、ID プロバイダー経由のシングル サインオンを使用して、Statuspage を含む Atlassian 製品にログインします。

最後に繰り返しますが、チーム メンバーは最終ステップの後に Statuspage からサイン アウトされます。チーム メンバーは、次回 Statuspage にログインしようとすると、ID プロバイダー経由でシングル サインオンを使用してログインすることになります。Atlassian アカウントを作成する必要がある場合は、アカウントを作成するためのクイック プロセスに従って作成できます。

その他のヘルプ