ステータス ページを自動化する時期を知る

Statuspage をモニタリング ツールと混同する方もいますが、実際は別物です。Statuspage はサーバーやエンドポイントに ping を送信してステータスを確認しませんが、いくつかのモニタリング ツールとアラート ツールと統合されているため、必要に応じてステータス ページの一部を自動化できます。

Statuspage はコミュニケーション ツールです。

Statuspage は、1 つの目標を念頭に置いて構築されています。つまり、チームがインシデント発生時に顧客とコミュニケーションしやすくすることです。問題が発生した場合は、最も重要な人々、つまり顧客とユーザーにメッセージを伝えるお手伝いをいたします。ほとんどの場合は、チームをステータ スページの管理に専念させることによって行います。

インシデントが発生すると、そのチームはステータス ページを更新して影響を受けるユーザーに通知します。

インシデントを作成するときのモーダルのスクリーンショット

ステータス ページの外観は次のとおりです。

インシデントの更新を含むステータス ページ

人間主導と自動化の比較

当社は、インシデント コミュニケーションにおいて人間味を維持できると堅く信じています。完全に自動化されたステータス ページは、コンピューターにユーザーと話しをさせることを意味します。検出漏れ、誤検出、コンテキストの不足、頻繁な通知によってユーザー エクスペリエンスが低下する可能性があるので、これにはリスクが伴います。ベスト プラクティスとして、ステータス ページを完全に自動化することはお勧めしません。手動/自動のハイブリッド アプローチを採用する方法があります。これについては、以下で詳述します。

Statuspage は、大量のメールによるマーケティング ツールを使用してインシデント コミュニケーションを行う方法の代替として捉えられます。インシデント発生時にユーザーとコミュニケーションをとるための単一の場所が提供されます。メッセージはステータス ページに公開されて、(ユーザーがオプトインしている場合は) ユーザーにメールまたはテキスト メッセージ通知として送信し、独自のインターフェイスまたは Web サイトに直接埋め込めます。

Statuspage を自動化するタイミング

ステータス ページを自動化することが理にかなっている場合があります。

  • サービスの健全性についてチームに常時最新情報を伝えるために、ステータス ページを小規模で使用することがあります。その場合、自動インシデント通知は理にかなっているかもしれません。

  • または、セットアップしたモニターに基づいてコンポーネントをプログラムによって更新して、Statuspage を健全性/ステータス ダッシュボードとして使用することもあります。

  • または、別のツールでアラートを確認した後、インシデントをステータ スページに公開する場合もあります。

いかなる場合であっても、いくつかのちょっとした方法でステータス ページを自動化できます。

ステータス ページを自動化する方法

ステータス ページの自動化について質問するときは、通常、コンポーネントのステータスを自動で更新したり、ステータス ページでインシデントを自動で公開したりしたいと思っています。両方を実現するにはいくつかの方法があります。

サードパーティ コンポーネントを使用したステータス ページの自動化

サードパーティ コンポーネントによって、依存している他のサービスのシステム ステータスを独自のステータス ページに直接表示できます。したがって、たとえば、インフラストラクチャが Sendgrid API に大きく依存している場合は、Sendgrid サードパーティ コンポーネントを有効にしてそれらの API ステータスをページに表示できます。なお、ページのステータスを変更すると自動で更新されます。必要に応じてステータスを上書きできます。当社には、ページで有効にできるサードパーティ コンポーネントの大規模な (そして大きくなり続けている) ネットワークがあります。

統合を使用したステータス ページの自動化

ステータス ページを自動で更新するために使用できるいくつかのモニタリング ツールとアラート ツールがあります。以下に包括的なリストを含めました。

連携

自動化オプション

Opsgenie

自動で、インシデントを作成してコンポーネントのステータスを更新する

PagerDuty

自動で、インシデントを作成してコンポーネントのステータスを更新する

VictorOps

自動で、インシデントを作成してコンポーネントのステータスを更新する

xMatters

自動で、インシデントを作成してコンポーネントのステータスを更新する

New Relic

コンポーネントのステータスを自動で更新する

Pingdom

コンポーネントのステータスを自動で更新する

Pingometer

コンポーネントのステータスを自動で更新する

[API を管理] を使用したステータス ページの自動化

当社の API を使用すると、独自のインテグレーションを記述することでステータス ページをプログラムによって更新できます。ページのコンポーネントとインシデントを更新できるだけでなく、[API を管理] を使用してサブスクライバー、メトリックなどさまざまなものを作成できます。

メール自動化を使用したステータス ページの自動化

上記の自動化オプションのいずれも適切な解決策とならない場合は、メールの自動化の使用を検討することをお勧めします。これは、コンポーネントのステータスを自動で更新するもう 1 つの方法であり、件名に「UP」または「Down」という語を含むメールをトリガーして、当社が提供する一意のメール アドレスに送信することで行います。

ページを自動化するには、統合または API のいずれかを使用することを強くお勧めします。これらのメールが適切なタイミングで適切な場所に届くようにできることはすべて行いますが、メールの性質上、API 呼び出しを行うよりも信頼性がはるかに低くなります。

その他のヘルプ