• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

オブジェクト スキーマをインポートする

オブジェクト スキーマのインポートは、Insight Asset Management Cloud アプリから Jira Service Management の Insight に 1 つ以上の完全なオブジェクト スキーマを移動する方法です。

オブジェクト スキーマのインポートは、Insight Asset Management Cloud アプリと Jira Service Management の Insight の両方を使用しているお客様のみが利用できます。

オブジェクト スキーマをインポートするには、Jira 管理者または Insight マネージャーとしてログインする必要があります。

  1. サービス プロジェクトから [Insight] > [Insight を設定] の順に移動します

  2. [オブジェクト スキーマをインポート] タブで、[Begin import (インポート開始)] を選択してインポートを開始します。

  3. [Upload file (ファイルをアップロード)] 画面で、次の手順に従います。

    1. [Upload file (ファイルをアップロード)]、アップロードするファイルの順に選択します。

    2. データにパスワードを設定する場合は、[パスワード] フィールドにパスワードを入力します。[パスワード] フィールドにある [Show password (パスワードを表示)] を選択すると、パスワードを表示できます。

    3. インポートするデータを選択します。

      1. オブジェクトを含める - オブジェクトのみを含めます。

      2. オブジェクト アバターを含める - オブジェクトとオブジェクト アバターを含めます。

      3. 添付ファイルを含める - オブジェクトと添付ファイルを含めます。

    4. [次へ] を選択します。ファイルは自動でアップロードされて分析されます。

  4. [オブジェクト スキーマの名前を変更する] 画面で、インポートするオブジェクト スキーマの名前またはキーを変更して [次へ] を選択します。

  5. [確認] 画面で、インポートしようとしているオブジェクト スキーマの詳細を確認できます。問題がなければ [インポート] を選択します。

  6. インポートが完了すると、ファイルが正常にインポートされたことを示す通知が表示されます。

大きなオブジェクト スキーマのインポートには時間がかかる場合があります。ページから離れても、インポートはバックグラウンドで続行されます。

その他のヘルプ