ユーザーが製品にアクセスする方法を制御する

コンテンツの正しい表示

admin.atlassian.com の組織から、[ユーザー アクセス設定] が [製品] タブにある場合は、改善されたユーザー アクセス設定のコンテンツを表示します。

Atlassian Admin の [製品] の下に表示される [ユーザー アクセス設定] を示すスクリーンショット

このページでは、ユーザーがサイトへのアクセス権を取得する方法を制御する、サイト アクセス設定について説明します。

製品アクセス権を持つユーザーはサイト アクセス権も持ちます。サイトに参加したそれぞれのユーザーは、自身がアクセス権を持つ各製品のライセンス シートを消費します。プランのユーザー数に到達した場合、メール通知が送信されます。

ユーザーの招待

ユーザーによる招待を許可すると、サイトの任意のユーザーが追加のユーザーを招待できるようになります。ユーザーの招待によって作成されたアカウントには既定の製品アクセスが付与されます。この設定は既定で無効化されています。既定の製品アクセスの設定方法について、以下に概説します。

ユーザーによる招待を有効化するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [サイトへのアクセス] > [ユーザーの招待] を選択します。

  3. [既存のユーザーは、すべての人に招待を送信できます。] ボックスを選択し、[変更を保存] をクリックします。

任意のユーザーが招待リンクを使用してサイトへのアクセス権を取得し、特定の製品の使用を開始できます。これは次のような場合に便利です。

  • チームでの利用開始を素早く行いたい場合

  • アクセス権を素早く得る必要がある、契約社員やクライアントと作業している場合

招待リンクを共有すると、任意のユーザーがそれを使用して新しいアカウントを作成できます。このため、招待リンクは信頼できるユーザーとのみ共有することをお勧めします。セキュリティ対策の強化として、招待リンクは 30 日後に自動的に失効します。招待リンクはいつでも無効化できます。これを行うと、すべての古いリンクも無効化されます。招待リンクを使用して作成された新しいアカウントには既定の製品アクセスが付与されます。既定の製品アクセスの設定方法について、以下に概説します。

招待リンクをユーザーに送信するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [サイトへのアクセス] > [招待リンク] の順に選択します。

  3. 招待リンクを作成したい製品のチェックボックスを選択します。招待リンクがチェックボックスの下に表示されます。招待リンクを受け取ったユーザーは、選択された製品から利用を開始します。

  4. 招待リンクをコピーし、サイトへのアクセスを付与したいユーザーに共有します。

許可されたドメイン

ドメインを許可して、ユーザーがサイトに素早くアクセスできるようにすることができます。許可されたドメインを使用して参加した新しいユーザーには既定の製品アクセスが付与されます。この設定は既定で無効化されています。既定の製品アクセスの設定方法について、以下に概説します。

これは次のような場合に使用できます。

  1. 自社のドメインを許可し、従業員が簡単に利用を開始できるようにする。

  2. クライアントのドメインを許可し、常にアクセス権を取得できるようにする。

許可されたドメインを管理するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [サイトへのアクセス] > [許可されたドメイン] の順に選択します。

  3. 次のオプションから選択します。

    • すべてのドメインを許可 – 任意のメール アドレスを持つすべてのユーザーがサイトにサインアップしてアクセスできます。

    • 次のドメインを許可 – 許可されるドメインを手動で定義します。

    • すべてのドメインを拒否 – すべてのユーザーが、リクエストを送信するか、招待を受ける必要があります。

  4. [変更を保存] をクリックします。

許可されたドメインのユーザーは次のようになります。

  • サイトにログインする前に Atlassian アカウントを作成する必要があります。

  • [サイトに参加する] ボタンからサイトにアクセスできます。

  • 招待を受けているかどうかを問わず、サイトにアクセスできます。

  • 6 か月ごとにアカウントを認証する必要があります。

[許可されたドメインの新しいユーザーが参加した場合、すべてのサイト管理者に通知します。] チェックボックスでは、新しいアカウントがアクセス権を取得した場合に、サイト管理者にメールを送信するかどうかを選択できます。

既定の製品アクセス

新しいユーザーにアクセス権を自動で許可する製品を指定できます。これらの設定は、サイトに招待された新しいユーザー、およびサイトに自身で参加した新しいユーザー (サイト設定で許可されている場合) に適用されます。

既定の商品アクセスを設定する方法

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. 左側の [製品アクセス] を選択します。

  3. [新しいユーザーはこの製品にアクセスできます] トグルを有効にします。

改善されたユーザー管理エクスペリエンスをご利用の場合は、このステップは異なります。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] を選択します。

  3. リストから、既定のアクセスを設定する製品の [アクセス管理] を選択します。

  4. [新しいユーザーはこの製品にアクセスできます] トグルを有効にします。

新しいユーザーが製品へのアクセス権を取得すると、そのユーザーは自動的に製品の初期設定のアクセス グループに追加されます。各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です。

たとえば、サイトに Jira Software と Confluence の 2 つの製品があるとします。新しいユーザーが Jira Software のアクセス権が付与されるが Confluence アクセス権は付与されないように指定できます。

この状況では、次のようになります。

  • サイトにユーザーを招待した場合、自動的に Jira Software のアクセス権が付与されますが、Confluence のアクセス権は付与されません。

  • サイト設定で特定のメール アドレス ドメインを使用するユーザーの参加を許可している場合、参加したユーザーには Jira Software へのアクセス権が付与されますが、Confluence へのアクセス権は付与されません。

  • すべての新しいユーザーは、Jira Software の初期設定のアクセス グループである jira-software-users グループに追加されます。

既定の製品アクセス設定の更新で行える操作については、以下の表を確認してください。

操作

詳細

新しいユーザー用に既定の製品アクセスを指定する

製品名の下で、[新しいユーザーにこの製品へのアクセス権を付与する] トグルを有効にします。

ユーザーが追加される、初期設定の製品アクセスを持つグループを指定する

[オプション] 列で、グループのドロップダウンから [これをグループをの初期設定にする] を選択します。

初期設定のアクセス グループとしてのグループの使用を停止する

[オプション] 列で、グループのドロップダウンから [これをグループの初期設定にしない] を選択します。

各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です。

グループが [管理アクセス] タブに表示されている場合、そのグループを [製品アクセス] に追加できますが、初期設定のアクセス グループとして設定することはできません。

アクセス リクエスト

ユーザーは自身または他のユーザーのために製品へのアクセス権をリクエストできます。これを行うと、[アクセス リクエスト] ページに移動してリクエストを却下または許可するよう、サイト管理者に通知が送信されます。

アクセス リクエスト権限を変更するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [サイトへのアクセス] > [アクセス リクエスト] の順に選択します。

  3. 次のオプションから選択します。

    • すべての新規ユーザーはアクセスをリクエストできます – すべてのドメインの、すべてのユーザーがアクセスをリクエストできます。

    • 次のドメインの新しいユーザーのみが、アクセスをリクエストできます – リクエストをアクセスできるドメインを手動で定義します。

    • 新しいユーザーはアクセスをリクエストできません – サイトに存在しないユーザーはアクセスをリクエストできません。サイトの既存のユーザーは引き続き、自身のためにアクセスをリクエストできます。

  4. [変更を保存] をクリックします。

管理者は自身の判断でアクセス リクエストを許可または拒否できます。アクセス権のリクエストに関する詳細についてご確認ください。


ユーザー アクセス設定のエクスペリエンスの向上

ユーザー アクセス設定を変更または更新するには、組織管理者である必要があります。

このページでは、ユーザーが組織内の製品にアクセスする方法を制御する設定について説明します。

製品アクセス権を持つユーザーは組織アクセス権も持ちます。組織に参加したそれぞれのユーザーは、自身がアクセス権を持つ各製品のライセンス シートを消費します。プランのユーザー数に到達した場合、メール通知が送信されます。

許可されたドメイン

メール ドメインを承認すると、ユーザーは製品にすばやくアクセスできるようになります。承認済みドメインを追加する際は、選択した製品にユーザーが参加する際にアクセス権をリクエストする必要があるか、またはすぐにアクセス権を付与するかを選択できます。アクセス権のリクエストに関する詳細についてご確認ください。

これは次のような場合に使用できます。

  1. 自社のドメインを許可し、従業員が簡単に利用を開始できるようにする。

  2. クライアントのドメインを許可し、常にアクセス権を取得できるようにする。

許可されたドメインを管理するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. ヘッダーから [製品] を選択します。

  3. ページの左側で、[ユーザー アクセス設定]>[許可されたドメイン] の順に選択します。

  4. [ドメインを追加] を選択し、ドメイン URL を入力します。

  5. 選択した製品の横にある [プロダクト ロール] 列で、次のオプションから選択します。

    1. なし: プロダクト ロールを割り当てません。つまり、ユーザーは製品にアクセスできません。

    2. ユーザー: 自分のドメインのアカウントにログインしているユーザーに、選択した製品へのアクセスを許可します。

  6. [保存] を選択して確定します。

[管理者の承認] の [必須] チェックボックスをチェックすると、管理者の承認を必須とする設定も選択できます。この場合、ユーザーは選択した製品に参加する前にアクセス権をリクエストする必要があります。

許可されたドメインのユーザーは次のようになります。

  • 製品にログインする前に Atlassian アカウントを作成する必要があります。

  • start.atlassian.com など、特定の製品に参加している場所から製品を表示できます。

  • 招待の有無にかかわらず、選択した製品に参加できます。

  • 6 か月ごとにアカウントを認証する必要があります。

[組織管理者に通知] オプションでは、組織管理者が新しいアカウントにアクセスするたびにメールを受信するか、またはユーザーが管理者の承認を必要とする場合にのみメールを受信するかを選択できます。

ユーザーの招待

ユーザーの招待を有効にすると、組織のすべてのユーザーが追加のユーザーを招待できるようになります。新しいユーザーが招待を承諾すると、招待された製品へのアクセス権のみが付与されます。製品アクセスの仕組みをご確認ください。

ユーザーによる招待を有効化するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. ヘッダーから [製品] を選択します。

  3. ページの左側で、[ユーザー アクセス設定]>[ユーザーの招待] の順に選択します。

  4. 選択した製品の横にある [招待権限] 列で [任意のユーザーを招待] または [管理者の承認が必要] を選択します。

誰でも招待リンクを使用することによって、組織へのアクセス権を取得して特定の製品の使用を開始できます。これは次のような場合に便利です。

  • チームでの利用開始をすばやく行いたい場合

  • アクセス権を素早く得る必要がある、契約社員やクライアントと作業している場合

招待リンクを共有すると、誰でもそのリンクを使用して選択した製品に参加できます。このため、リンクは信頼できるユーザーのみと共有する必要があります。セキュリティのため、リンクは 30 日後に自動で失効します。30 日間の有効期限が切れる前に古いリンクを無効にするために、いつでも招待リンクをオフにしたり、新しいリンクを再生成したりできます。

招待リンクをユーザーに送信するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. ヘッダーから [製品] を選択します。

  3. ページの左側で、[ユーザー アクセス設定]>[招待リンク] の順に選択します。

  4. 招待リンクを作成する製品のトグルを選択します。リンクがトグルの下に表示されます。招待リンクを受け取ったユーザーは、選択された製品から利用を開始します。

  5. 招待リンクをコピーし、製品へのアクセス権を付与するユーザーと共有します。

招待リンク経由で参加するユーザーは、その製品の既定のアクセス グループに追加されます。既定のグループと権限についてご確認ください。

その他のヘルプ