Atlassian Access の請求の管理

Atlassian Access は、Atlassian クラウド製品を ID プロバイダーに繋げる組織全体のサブスクリプションです。企業ドメイン全体で、ユーザー管理とエンタープライズ グレードの認証、追加のセキュリティ機能を提供します。

Atlassian Access の請求について 

Atlassian Access の請求モデルは、アトラシアンの他のクラウド製品とは異なります。Atlassian Access では組織単位で請求が発生します。つまり、組織内の管理対象アカウントごとに 1 回だけ請求されます。

Atlassian Access の請求書には、支払い対象のユーザー数が表示されます。これらは Atlassian Access の一意の請求対象ユーザーです。一部のプランには Atlassian Access が既に含まれており、同じユーザーに対して重複して請求しないため、ユーザー数が組織の管理対象アカウントの総数と一致しない場合があります。

一意の請求対象ユーザーと見なされないユーザーとは

次のプランのユーザー アカウントは Atlassian Access がプランに既に含まれているため、Atlassian Access の請求には含まれません。Enterprise プランの請求の仕組みをご確認ください。

Free プランを含むその他すべてのプランの管理対象アカウントは、Atlassian Access の請求に含まれます。

製品

アカウントは一意の請求対象ユーザーとは見なされません。

Confluence

Enterprise プランのすべての管理対象アカウント

Jira Core

Enterprise プランのすべての管理対象アカウント

Jira Software

Enterprise プランのすべての管理対象アカウント

Jira Service Management

Enterprise プランのすべての管理対象アカウント (エージェント アカウントのみ)

OpsGenie

Standard または Enterprise の各プランのすべての管理対象アカウント

Statuspage

次の項目を管理できるすべての管理対象アカウント

  • Startup、Business、または Enterprise プランの公開ページ

  • いずれかのプランの非公開ページ

  • 特定の対象者向けページ

Trello

Enterprise プランのすべての管理対象アカウント

また、次の場合、そのユーザーは一意の請求対象ユーザーとは見なされません

  • どの製品にもアクセスできないユーザー。

  • アカウントが無効化されているユーザー。

  • 請求対象外の認証ポリシーのメンバー。

  • Jira Service Management ポータルの顧客アカウントを持っている (Atlassian アカウントを持つポータルの顧客は Atlassian Access 機能の対象となりますが、一意の請求対象ユーザーとしてカウントされるのはエージェントのみです)。

  • アカウントが従来の Trello Enterprise ライセンスでカバーされているユーザー。詳細については「Atlassian Access の請求に対する Trello ユーザーの影響」をご参照ください。

請求の例

次のシンプルな一例では、Access の請求に Enterprise プランでカバーされていないユーザーのみが含まれていることを示しています。

合計 10,000 人のユーザーのうち、2,000 人のユーザーが含まれている Access の請求を示す図。

Atlassian Access の請求がどのように機能するかを示す例を、次にいくつか示します。

  • 組織の Standard プランで Jira アクセス権を持つユーザーが 100 人いて、そのうちの 50 人が Standard プランで Confluence アクセス権を持っている場合、Atlassian Access の請求書のユーザー数は 100 人となります。これは、Atlassian Access が Jira と Confluence の各プランに含まれないためです。

  • 組織の Enterprise OpsGenie プランに 30 人のユーザーがいて、アトラシアンの他のクラウド製品にアクセスできるユーザーがいない場合、OpsGenie プランには Atlassian Access が含まれているため、Atlassian Access の請求書のユーザー数は 0 人となります。

  • 組織の Enterprise プランで Jira と Confluence のアクセス権を持つユーザーが 1500 人いて、Standard プランで Bitbucket へのアクセス権を持つユーザーが 50 人いる場合、Enterprise プランには Atlassian Access が含まれるため、Atlassian Access の請求書のユーザー数は 50 人となります。

  • 組織の Free プランで Jira アクセス権を持つユーザーが 40 人いて、そのうちの 10 人が Business プランの Statuspage ページにアクセスできる場合、Statuspage Business プランには Atlassian Access が含まれているため、Atlassian Access 請求書のユーザー数は 30 人となります。

Atlassian Access の価格について教えてください。

料金は、一意の請求対象ユーザー数と、月払いか年払いのどちらを選択したかによって異なります。組織の規模が拡大すると割引が適用されます。

Atlassian Access で組織にかかる費用を把握するには、価格シミュレーターをご利用ください。

請求額の見積と請求対象ユーザー数を表示する

請求額の見積と一意の請求対象ユーザー数を表示するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. Atlassian Access の横で [請求] > [サブスクリプションを管理] の順に選択します。

スクリーンショット: Atlassian Access サブスクリプションの管理画面における Atlassian Access の請求対象ユーザー数

Atlassian アカウント サブスクリプションにリストされているユーザー数は、Atlassian Access の対象となる管理対象アカウントの総数ではなく、支払いの対象となるユーザーの総数を表します (たとえば、Atlassian Access を含む Enterprise プランのユーザーはこの数に含まれませんが、シングル サインオンなど Atlassian Access の機能のメリットを活用できます)。

初回のお支払い日は、Atlassian Access をサブスクライブしたタイミングによって異なります。Atlassian Access を評価してサブスクリプションを決定した場合、最初の請求は評価期間の終了日が締め切りとなります。

月払いまたは年払いのいずれかを選択する

月払い、または年払いの請求を選択できます。いずれにも一長一短があります。

  • 月額
    柔軟なユーザーごとの価格設定。請求サイクルの終了時に、組織内で請求対象となる一意のユーザー数に基づいて自動請求されます。必要な分のみを支払えます。

  • 年額
    定額料金、ユーザー階層の価格設定。年間サブスクリプションは 1 年間継続されて、ユーザー階層ごとに前払いされます。ユーザー 1 名あたりのコストは低くなりますが、必要以上のユーザー数に対して料金を支払う可能性もあります。

組織に最適なオプションを見つけるには、価格シミュレーターをご利用ください。

サブスクリプションを年払いに変更する

Atlassian Access の年間サブスクリプションに変更するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. Atlassian Access の横で [請求] > [サブスクリプションを管理] の順に選択します。

  3. [支払いのオプション] で [年払いを選択] を選択します。

また、アトラシアンに問い合わせて年間サブスクリプションを直接購入できます。

年払いを選択するためのリンクを含む支払いオプションが表示されている [サブスクリプションを管理] 画面

Atlassian Access をサブスクリプションして支払う

Atlassian Access の使用を開始するには、次の条件を満たす必要があります。

  1. 組織を持っている。

  2. 1 つ以上のドメインを検証する。

  3. Atlassian Access にサブスクライブする。

詳細については「Atlassian Access について理解する」をご参照ください。

支払いの詳細を入力する

組織の [請求] セクションで、Atlassian Access の支払い情報を入力する必要があります (アトラシアンの既存のクラウド製品とサービスの料金を支払っている場合も同様)。

支払い情報を入力するには、次の手順に従います。 

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. Atlassian Access の横で [請求] > [サブスクリプションを管理] の順に選択します。

  3. [Add payment method (支払い方法を追加)] を選択して、画面の指示に従って請求先の住所と希望の支払い方法を確認します。

その他の支払い方法については「支払い方法」をご参照ください。

Atlassian Access の請求に計上されるユーザーを変更する

Atlassian Access の請求にカウントされる一意の請求対象ユーザー数を変更する方法は、いくつか用意されています。たとえば次のような方法です。

  • 不要になったアカウントを無効化または削除する。

  • 一部のユーザーに対する製品アクセスを削除する。

  • ユーザーを請求対象外の認証ポリシーに追加する。

それぞれのアプローチには一長一短があるため、3 つの方法をすべて組み合わせることをお勧めします。

不要なアカウントを無効化または削除する

無効化または削除されたアカウントは、Atlassian Account の請求対象として計上されません。

  • アカウントを非アクティブ化する
    いずれの Atlassian Cloud アプリにもアクセスする必要がなくなった際に役立ちます。アカウントはいつでも再アクティブ化できます。管理対象アカウントの非アクティブ方法をご確認ください。

  • アカウントを削除する
    ユーザーが組織を離れた際に有用です。削除したアカウントは復元できません。管理対象アカウントの削除方法をご確認ください。

アカウントが無効化または削除されると、ユーザーは my.atlassian.com アカウントへのアクセス、support.atlassian.com でのテクニカル サポート、community.atlassian.com でのメッセージの投稿、その他の無料サービスを利用できなくなります。

製品アクセスをサイト レベルで削除する

Atlassian Access がサポートする製品へのアクセス権を持たないユーザーは、請求対象として計上されません。

アカウントを無効にしない場合は、Atlassian Access でサポートされている全製品へのアクセス権の削除をご検討ください。

ユーザーの製品アクセスを削除または一時停止する方法をご確認ください。

請求対象外の認証ポリシーにユーザーを追加する

認証ポリシーによって、ユーザーや設定ごとに異なる認証設定を指定できます。支払いを望まないユーザーに対して限定的なセキュリティ機能を提供する、請求対象外のポリシーを作成できます。

請求対象外の認証ポリシーのメンバーであるユーザーは、Atlassian Access の請求には計上されません。

認証ポリシーの詳細を確認

Atlassian Access のサブスクリプションを解約する

Atlassian Access が不要になった場合は、いつでもサブスクリプションを解約できます。

Atlassian Access サブスクリプションの解約方法をご確認ください。

サブスクリプションを解約すると、ユーザー プロビジョニングや SAML シングル サインオンなどの Atlassian Access の機能はただちに終了します。

Atlassian Cloud 製品のサブスクリプションに対する変更はありません。これらのサブスクリプションは以前と同様に継続します。Atlassian クラウドのサブスクリプションの解約については「サイト サブスクリプションの解約」をご参照ください。 

 

その他のヘルプ