クラウド アプリの請求を理解する

クラウド アプリの請求はどのように行われますか?

Atlassian Marketplaceクラウド アプリは、アトラシアン製品のユーザー数に基づいて価格設定されます。たとえば、Confluence Cloud (25ユーザー) を使用している場合は、製品にインストールされたアプリごとに 25 ユーザー分の料金を支払います。

アプリの請求サイクルは、親製品の請求サイクルと一致している必要があります。たとえば、Confluence Cloud のサブスクリプションが月次請求の場合、インストールされているアプリも月次請求になります。

Jira Cloud アプリの請求はどのように行われますか?

Jira Cloud アプリの価格は、サイトの Jira 製品の最大ユーザー数に基づいて設定されます。

たとえば、同じサイトで Jira Software (100 ユーザー)、Jira Service Management (80 エージェント)、Jira Work Management (50 ユーザー) を使用している場合、Jira 製品にインストールされた Jira Cloud アプリごとに 100 ユーザー分の料金を支払うことになります。

同じ例で、Jira Software (100 ユーザー) のサブスクリプションをキャンセルすると、Jira Service Management (80 エージェント) と Jira Work Management (50 ユーザー) を使用することになります。そのため、次の請求サイクルの開始からは、Jira 製品全体にインストールされたアプリごとに 80 ユーザー分の料金を支払うことになります。

アプリを購入してインストールできるのは誰ですか?

企業が Atlassian 環境のコントロールを維持できるように、ほとんどの Marketplace アプリをインストールできるのはサイト管理者または組織管理者に限定されています。エンド ユーザーは、Marketplace アプリの一覧から [無料で試す] > [Request this app (このアプリをリクエスト)] を選択してアプリを購入し、使用したいアプリを管理者に通知することができます。アプリの購入の詳細をご確認ください

アプリをキャンセルまたはアンインストール

アプリのサブスクリプションをキャンセルするには、「サブスクリプションをキャンセルする」をご確認ください。

アプリをアンインストールするには、親製品のドキュメントを参照してください。

 

その他のヘルプ