ユーザーとユーザー階層を管理する

Atlassian 製品の価格は、製品にアクセスできるユーザー数と製品プラン (Free、Standard、Premium、Enterprise) に基づきます。サイト管理者が、サイトの製品のユーザーを管理します。

月間サブスクリプションの場合は、ユーザーごとの価格が提供されます。ユーザーが追加されると、ユーザーが招待を拒否したりログインしなかったりしても、請求の対象として自動でカウントされます。

年間サブスクリプションは、それぞれのユーザー階層に基づきます。

月間サブスクリプションをご利用の場合は、各サイトに関連付けられたユーザー数に対して毎月請求します。

年払いのクラウド サイトの場合は、日割りで計算されたアップグレード見積が必要になります。見積を入手するには、クラウド シミュレーターでユーザー階層の価格をご確認の上で、弊社までお問い合わせください。年払いの価格に関する詳細は「Atlassian のライセンスと購入に関する FAQ」をご確認ください。

各クラウド製品の請求対象ユーザー数を確認するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [サブスクリプションと請求] から [サブスクリプションを管理] を選択します。

  3. 各クラウド製品の下に、請求対象となるユーザー数またはユーザー階層の数が表示されます。

Free プランは最大 10 ユーザー (Jira Service Management の 3 つのエージェント) まで利用できます。超過する人数のユーザーを追加すると、Free プランが Standard プランのトライアルに自動で変更されます。

トライアル期間中、お支払い情報を追加すれば Standard プランを引き続きご利用いただけます。Free プランに戻すには、製品にアクセスできるユーザーを 10 名以下に減らしたあと、プランを変更します。

トライアル期間の終了後は、Free プランに戻せません。月間サブスクリプションの Standard プランに変更されます。

製品プランを変更する方法については「Standard と Premium の請求を管理する」をご確認ください。

クラウド サイトにユーザーを追加する

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [サブスクリプションを管理] に移動します。

  3. クラウド製品で [ユーザー管理] を選択します。

  4. [ユーザー] ページで [ユーザーを招待] を選択します。

  5. 対象のユーザーがログインに使用するメール アドレスを入力します (スペースまたはコンマを使用すると、一度に複数を入力できます)。

ユーザーが追加されると、そのユーザーが招待を拒否したりログインしなかったりしても、請求の対象として自動でカウントされます。ユーザーの招待方法に関する詳細は「ユーザーを招待する」をご確認ください。

ユーザーを請求対象にカウントされないようにするには、サイト管理者が同期されたユーザー ディレクトリからユーザーを除外または削除する必要があります。クラウド サイトからユーザーを削除する方法は「ユーザーの削除または一時停止」をご参照ください。

Enterprise プランの製品は組織レベルで請求されるため、Standard と Premium の各プランのようにサイトの請求書には記載されません。Enterprise 製品に対する請求方法については「Enterprise プランの請求を管理する」をご参照ください。

その他のヘルプ