Azure Active Directory に接続する

ユーザーとグループをアトラシアン製品にプロビジョニングする場合は、Azure Active Directory (Azure AD) の ID プロバイダーを接続できます。ID プロバイダーに正常に接続するには、Microsoft アカウントを持つ管理者である必要があります。

設定が完了すると、Azure AD ドメインとそれらのドメインに関連付けられているユーザーをアトラシアン組織に同期できるようになります。

誰がこれを実行できますか?
ロール: 組織管理者
プラン: Atlassian Guard Standard

はじめる前に

Azure Active Directory に接続する前に、次のタスクを完了する必要があります。

  1. Subscribe to Atlassian Guard Standard from your organization. Understand Atlassian Guard

  2. 自身が Atlassian 組織の管理者であることを確認します。

Azure Active Directory に接続する前に、次のタスクについて学ぶことをお勧めします。

  1. 組織内で 1 つ以上のドメインを検証します。ドメイン検証についてご確認ください。  

  2. 入れ子グループに対する Azure AD の制限事項を確認します。

Azure AD の正しいテナントにアクセスする

間違ったテナントを同期しないようにするには、正しいテナントを新しいアカウントにリンクするか、ホーム テナントとして設定します。同期を開始する前に、同期しようとしているドメインが記載されたメッセージが表示されるので、ドメインを確認できます。

Azure Active Directory に接続する

Azure Active Directory に接続するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [セキュリティ] > [ID プロバイダー] の順に選択します。

  3. [ID プロバイダーを追加] > Microsoft Azure AD の順に選択します。

  4. ID プロバイダー ディレクトリに名前を付けます。

  5. [ユーザー プロビジョニングを自動で設定する] を選択します。

  6. [Microsoft でサインイン] を選択します。

その後、Microsoft アカウントでマイクロソフト ポータルにログインできます。Microsoft によって、アトラシアンにアカウントへのアクセスを許可するように求められます。その後、アトラシアンは Azure AD に接続し、Microsoft Graph API を介してユーザー、グループ、ドメインのリストを確認します。

接続後に、同期設定をセットアップすることができます。同期設定のセットアップ方法をご確認ください

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。