Active Directory または LDAP を使用してユーザー プロビジョニングを構成する

 

Atlassian 組織と Active Directory または LDAP を連携するようにユーザー プロビジョニングを構成するには、オンプレミスの Active Dirctory をサポート対象のアイデンティティ プロバイダーに接続します。この接続は、アイデンティティ プロバイダーとアトラシアン製品の間でユーザーのアカウント情報を同期します。

既に Office 365 を使用している場合、ユーザーは Active Directory または LDAP から Azure AD に同期されているはずです。組織で Azure AD やその他のクラウド アイデンティティ プロバイダー (Okta、Onelogin、Idaptive (旧名: Centrify) など) を使用していない場合は、Atlassian 製品などの SaaS アプリケーションで ID 管理の統合をセットアップしてメリットを実現できるように、これらの製品を検討することをお勧めします。

Active Directory からユーザーをプロビジョニングするには、最初に Active Directory または LDAP をサポートされるアイデンティティ プロバイダーに接続します。他のアイデンティティ プロバイダーを使用している場合は、ユーザー プロビジョニング API を使用して、ユーザーやグループを管理できるようにする独自の統合を作成できます。

その他のヘルプ