ID プロバイダーを接続する理由

企業は ID プロバイダーによって、デジタル ユーザー ID を管理、認証サービスを提供、アトラシアン製品へのユーザーをプロビジョニングします。

ID プロバイダーを接続すると、ユーザーをアトラシアン組織に同期して認証できます。複数の ID プロバイダーを組織に接続できる柔軟性によって、さまざまなビジネスと情報の各要件を安全かつ簡単にサポートできます。

  • データ レジデンシー要件。ユーザー グループをさまざまな ID プロバイダーに分離して、規制コンプライアンスと地域のデータ レジデンシーに関する法律を遵守します。

  • 企業買収。企業買収によって、ユーザーをある ID プロバイダーから別の ID プロバイダーに移行する際に統合してテストします。

  • 個別のビジネス ユニット。ビジネス要件に適合するように、ユーザーをさまざまな ID プロバイダーに格納します。部門を整備して情報の区分けを維持します。

ID プロバイダーをアトラシアン組織に接続すると、ユーザー プロビジョニングを自動化、ユーザー ライフサイクルの効率的に管理、ユーザー ログインへのシングル サインオンを適用できます。

 

その他のヘルプ