Google Workspace の設定とユーザーを編集する

現在、このページのコンテンツに影響する変更を公開中です。admin.atlassian.com で、ご利用の組織から [ユーザー] と [グループ] の各リストが [ディレクトリ] タブにある場合は、改善されたユーザー管理エクスペリエンスを利用できます。改善されたエクスペリエンスの変更については、以下のコンテンツをご参照ください。

[ユーザーとグループ] ではなく新しい [ディレクトリ] タブを表示する、新しい admin.atlassian.com ビューの図

 

現在、Google Workspace は、ID プロバイダーを管理している場所と同じ場所にあります。これを見つけるには、[セキュリティ] > [ID プロバイダー] の順に移動します。ID プロバイダーの詳細についてご確認ください

Google Workspace の同期設定を編集する

最初の同期が完了したら、利用可能な Google Workspace のすべての設定を編集できるようになります。Google Workspace ユーザーが組織と同期すると、設定が適用されます。

設定を編集する際には、次の操作が可能です。

  • 同期の有効化または無効化

  • ユーザーの追加と削除

  • 新しいユーザー向けの個人メッセージを追加する

  • ログイン要件の選択

同期設定に編集内容を保存すると、それらは次回のスケジュールされた同期中に有効となります。編集した設定を早く有効にするには、[今すぐ同期] を選択します。

設定を編集してただちに同期するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [セキュリティ] > [ID プロバイダー] の順に選択します。
    改善されたユーザー管理エクスペリエンスをご利用の場合は、このステップは異なります。[設定] > [Google Workspace] の順に選択します。

  3. [ディレクトリ名] を選択します。

  4. [設定を編集] を選択して変更を加えます。

  5. [設定を保存] を選択します。

  6. [ステータス] ページで [今すぐ同期] を選択します

新しいユーザーの作成

改善されたユーザー管理エクスペリエンスを使用している場合は、このセクションで「組織のサイト」と記載されている箇所がすべて「組織」になりますので注意してください。

新しいユーザーを Google Workspace から作成すると、それらのユーザーは組織のサイトに同期されます。初期設定で、これらのユーザーには製品アクセス設定の [新規ユーザーはこの製品にアクセス可能] トグルで指定された、新規ユーザー向けの製品アクセス権が付与されます。

新しいユーザーを Google Workspace から作成しても、そのユーザーに製品へのアクセス権は自動で付与されません。新しいユーザーに製品へのアクセス権を付与するには、次でユーザーを検索して選択した製品にアクセスできるようにします。

  1. Google Workspace グループのすべてのユーザー

  2. 特定のグループとユーザー

詳細については「製品アクセス設定を更新する」をご参照ください。

Google Workspace 以外のユーザーを管理する

改善されたユーザー管理エクスペリエンスを使用している場合は、このセクションで「サイト」と記載されている箇所がすべて「組織」になりますので注意してください。

Google Workspace 以外のユーザーもサイトから管理できます。たとえば、外部の契約社員向けに非 Google Workspace アカウントを作成、またはユーザーに自身でサイトにサインアップすることを許可できます。これらのユーザーは外部ユーザーとして追加されて、4 時間ごとの同期には含まれません。製品プランには Google Workspace ユーザーと同じように計上されるため、請求額が増加する場合があります。

ユーザー情報を更新する

Google Workspace でユーザーの Google アカウントを更新した場合、それらの更新情報は 4 時間ごとに同期されます。Google Workspace にあるユーザーのパスワード ポリシーやパスワード リセットへの更新も同期されます。詳細は Google のドキュメントをご参照ください。

特定のグループからユーザーを同期する場合、新しいユーザーをそのグループに追加します。これを行わない場合、ユーザーへの更新は同期されません。

ユーザー アクセスの削除

Google Workspace ユーザーが製品にアクセスすることを防ぐには、次のいくつかのオプションがあります。

  • すべてのユーザーを同期している場合、製品アクセスを付与するすべてのグループからユーザーを削除します。

  • 特定のグループのユーザーを同期する場合は、同期する特定のグループからそのユーザーを削除できます。次回の同期が行われたときに、ユーザーは製品へのアクセス権を失います。

Atlassian Access をサブスクライブしている場合は、任意の Google Workspace グループからユーザーを削除できます。

 

その他のヘルプ