2 段階認証に関連するログインの問題

このドキュメントでは、Atlassian アカウントへログインする際に 2 段階認証を使用している場合に発生することがある問題について説明します。

正しいコードを使用しているのに、Atlassian アカウントで確認コードが認識されない

  • スペースを入力していないことを確認してください。 
    認証アプリによっては、認証コードが「111 000」のように 2 つに分割されて表示されます。しかし、基本的にコードは「111000」のように単一の文字列で入力します。

  • 正しいアカウントのコードを表示していることを確認してください。 
    多くのアプリケーションでは、同じアプリケーション内に複数のアカウントとコードを追加できます。アプリケーションによっては、同じ領域に表示されます。Atlassian アカウントの正しい認証アプリと正しいコードを表示していることをご確認ください。

  • 電話の時刻が正しいことを確認してください。 
    アプリと電話の時刻が異なる場合、確認コードは機能しない場合があります。必要に応じて、時計をリセットして再度アカウントにアクセスしてみてください。

このリストのすべてを試したら、緊急リカバリ キーでログインします。 

携帯電話を交換した場合や、別の認証アプリを使用したい場合

2 段階認証を無効化し、新しい携帯電話または認証アプリで再度 2 段階認証を有効化します。

緊急リカバリ キーが動作しない場合、または紛失した場合

リカバリ キーをすでに使用している場合、2 段階認証を有効にしてから保存しなかった場合、または登録したデバイスにアクセスできなくなった場合、リカバリ キーが機能しない可能性があります。

  • 古い緊急リカバリ キーではないことを確認してください。そのリカバリ キーをすでに使用していたり、新しいリカバリ キーを保存している可能性があります。

  • 管理対象アカウントの場合、組織管理者に相談してください。  

  • 管理対象外のアカウントをご利用の場合:

    1. リカバリ コード画面で [リカバリ キーが見つからない場合] を選択します。

    2. [リカバリ メールを送信] を選択します。件名が「Atlassian アカウントをリカバリするステップ」のメールに詳細情報を含めて、送信します。注: このメールには、次のステップで説明するワンタイム リンクは含まれていません。

    3. 24 時間後、アカウントにアクセスして 2 段階認証の設定ページにアクセスできるワンタイム リンクが記載された 2 通目のメールが届きます。2 通目のメールは期限までに使用されないと失効するため、1 通目のメールが送信されてから 24 時間以内に受信箱をご確認ください。

    4. メールの指示に従うことで、2 段階認証を無効にしたり新しいデバイスを登録したりできます。

 

最終更新日 2021年07月 1日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ