• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Marid groovy スクリプトを Opsgenie Edge Connector に移行する

OECは動作するためにJava環境を必要としないため、MaridなどのGroovyスクリプトを実行しません。Marid 用に作成されたインテグレーション用の既定の Groovy スクリプトは、OEC 用の Python スクリプトに置き換えられました。これにより、Marid の既定の Groovy スクリプトは非推奨となり、保守されなくなるため、既定のスクリプトを使用している場合は、Groovy スクリプトの代わりに Python スクリプトを使用することを強くお勧めします

ただし、Marid用のカスタムGroovyスクリプトを引き続き使用する必要がある場合は、レガシーGroovyスクリプトをOECに対応させるために作成された移行パッケージを使用できます。このパッケージは、Marid によって使用される依存関係を提供します。

Marid 依存関係を使用するレガシー Groovy スクリプトを使用する必要がない場合は、このアダプタースクリプトの使用はお勧めしません。代わりに、通常のインストール手順を実行してください。この移行の具体的な目的は、古いカスタム Groovy スクリプトの使用をサポートすることです。OEC がサポートする各インテグレーションパッケージには、同等の組み込み Python スクリプトが含まれていることに注意してください。

実行プログラムは基本的にGroovyスクリプトであるため、executor.groovyの要件はJVM (バージョン1.8以上)とGroovy (バージョン2.x.x以上)です。

JAVA_HOME 環境変数が設定されていない場合、または不明な場合は、次のガイドに従ってください。https://docs.opsgenie.com/docs/setting-java_home

OEC では Groovy がパス内にあることが必要

Linuxのクイックソリューション

/bin/groovy から Groovy インストールパスの "bin" ディレクトリ内の Groovy バイナリへのシンボリックリンクを作成します。

この例の目的では、/opt/groovy/groovy-2.5.8にGroovyをインストールしたと仮定します。この場合、シンボリックリンクを作成するコマンドは、次のようになります。

ln -s /opt/groovy/groovy-2.5.8/bin/groovy /bin/groovy

Windowsのクイックソリューション

Groovy (https://groovy.apache.org/download.html) で提供されている Windows インストーラを使用します。

インストール中に、[Choose Components (コンポーネントの選択)] ページで [Modify Variables (変数の変更)] がオンになっていることを確認してください。次に、インストーラの [Environment (環境)] ページにある、[Create GROOVY_HOME (GROOVY_HOME の作成)]、[Add to Path (パスへの追加)]、および [Add to System Environment (システム環境への追加)] の 3 つのチェックボックスがすべてオンになっていることを確認します。

パッケージを使用するには、次の手順を実行します。

  1. まず、OEC のインストール手順に従います。

  2. 移行パッケージをダウンロードして解凍します。これを使用して、Maridと同様に、OECでGroovyカスタム スクリプトを実行できます。

  3. OEC 設定ファイルを編集して、カスタムスクリプトを実行します。

OEC 設定で globalFlags または flags の各パラメーターを使用しないでください。

config.json/yamlにglobalFlagsまたはflagsを含めると、executor.groovyに引数を渡すことができません。代わりに、/etc/opsgenie/conf/opsgenie-integration.conf または /etc/opsgenie/conf/marid.conf のいずれかの場所にある Marid の設定から、次の形式で追加のプロパティを渡す必要があります。

[ProductName].[PropertyName]=[Value]

たとえば、JiraインスタンスURLをGroovyに渡す場合は、次のように宣言します。

jira.url=https://example.atlassian.net

カスタムスクリプトを OEC で実行するには、カスタムスクリプトのパスを globalArgs フィールドに指定し、executor.groovy のパスを OEC 設定ファイルの actionMappings → mappedAction → filepath フィールドに追加します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 appName: Test apiKey: xxxxx-xxxx-xxxx-xxxx logLevel: debug globalArgs: ["/Users/userName/customScript.groovy"] actionMappings: Acknowledge: sourceType: local filepath: "/Users/userName/executor.groovy" stdout: "/Users/userName/customOut.txt" stderr: "/Users/userName/customErr.txt" Close: sourceType: local filepath: "/Users/userName/executor.groovy" stdout: "/Users/userName/customOut.txt" stderr: "/Users/userName/customErr.txt"

アクションごとに異なるスクリプトを実行する場合は、カスタムスクリプトのパスを actionMappings → mappedAction → args フィールドで指定し、globalArgs フィールドは空のままにします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 appName: Test apiKey: xxxxx-xxxx-xxxx-xxxx logLevel: debug actionMappings: Acknowledge: sourceType: local filepath: "/Users/userName/executor.groovy" args: ["/Users/userName/customScript1.groovy"] stdout: "/Users/userName/customOut.txt" stderr: "/Users/userName/customErr.txt" Close: sourceType: local filepath: "/Users/userName/executor.groovy" args: ["/Users/userName/customScript2.groovy"] stdout: "/Users/userName/customOut.txt" stderr: "/Users/userName/customErr.txt"

移行パッケージには、次のものが含まれます。

  • executor.groovy は OEC 設定ファイルではなく、Marid 設定ファイルを読み込みます。Marid の設定ファイルは、/etc/opsgenie/conf/opsgenie-integration.conf/etc/opsgenie/conf/marid.conf にあります。

  • log4jconfig.groovy には、Groovyカスタム スクリプトで使用されるログ プロパティが保持されます。

  • build (ディレクトリ) には複数の .jar ファイルが含まれます。

Marid のスクリプトプロキシ機能を使用する場合は、アトラシアンの Go SDK を使用できます。

 

その他のヘルプ