Jira Cloud のサイト インポートでサポートされるバージョン

サイト インポートは、サーバーからクラウドへの移行では利用できなくなります

2022 年 2 月 1 日から、移行を検討しているユーザー数に応じて、サイト インポートを使用したサーバーからクラウドへの移行を終了いたします。

移行を検討している場合:

  • 1 - 10 ユーザー - サイト インポートは 2022年01月31日 まで利用可能

  • 11 - 100 ユーザー - サイト インポートは 2022年02月28日 まで利用可能

  • 101 - 250 ユーザー - サイト インポートは 2022年03月31日 まで利用可能

  • 251 - 1,000 ユーザー - サイト インポートは 2022年04月30日 まで利用可能

  • 1,000 ユーザーを超える場合 - サイト インポートは終了の通知があるまで引き続きご利用いただけます。

Jira Server または Data Center ライセンスのあるユーザー数を表示するには、「Jira アプリケーションのライセンス」ページの「ライセンス認可済みのユーザー数を表示する」セクションをご覧ください。

すべての移行ニーズには、Jira Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。Migration Assistant には、アプリや Jira Service Management の移行など、いくつかの利点があります。間もなく、Advanced Roadmaps の移行がサポートされる予定です。

このお知らせの詳細については、コミュニティ投稿をご覧ください。この変更に関する技術的または互換性に関する懸念については、お問い合わせください

現在ご利用のセルフホスト型製品のバージョンによっては、Jira サイトのインポートを使用して Jira Server から Cloud に移行する前に、アップグレードが必要な場合があります。以下は、互換性のあるセルフホスト型バージョンのガイドラインです。

Jira Software または Jira Core

現在のサーバーまたは Data Center バージョンをご確認ください。

  • バージョン 7.13.1 以降: 移行前のアップグレードは不要です。

  • 7.6.0 ~ 7.13.0: アップグレードしてから移行することを推奨します。7.1.3.1 より前のバージョンでは、(課題の作成日や履歴の日時を含む) すべてのタイムスタンプが、UTC として解釈されます。これらのタイムスタンプが重要でサーバー システムがまだ UTC ではない場合は、バージョン 7.13.1 以降にアップグレードすることをお勧めします。詳細については、バグ レポートを確認してください

  • 7.0.0 ~ 7.6.0: 7.13.1 以降にアップグレードしてから移行することを推奨します。7.0.0 ~ 7.6.0 の間のバージョンの移行は動作する可能性はありますが、これらのバージョンではアップグレードなしでの移行は保証されません。

  • 7.0.0 未満: 7.13.1 以降にアップグレードしてから移行する必要があります。

Jira Service Management

3.0.0 (初回リリース) 以降の Jira Service Management または Jira Service Desk のすべてのバージョンがサポートされます。

Bitbucket

Jira を移行して Bitbucket Server または Bamboo を統合する必要がある場合は、移行を開始する前にアプリケーション リンク バージョン マトリックスを参照して、Bitbucket Server または Bamboo の適切なバージョンを使用していることをご確認ください。 

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

その他のヘルプ