robotsnoindex
robotsnoindex

自動化ルールを設定する際は、ルールの別のセクションを作成して関連する課題に対してアクションを実行できます。これは分岐と呼ばれます。分岐とは、順番には実行されないが複数のパスに拡張して実行されるルールを指します。

たとえば、課題が [完了] に移行したときにトリガーされるルールには、その課題のサブタスクに対して個別のアクションを実行するブランチも持てます。

上のスクリーンショットはトリガー、アクション、ブランチで構成される自動化ルールを示しています。

  • [スケジュールされたトリガー] と [新しいタスクの作成] アクションは、ルールの主な部分です。

  • [作成されたすべての課題] ブランチでは、作成されたタスクへのコメントを追加するルールを適用します。このブランチがなければ、新しいタスクへコメントを追加できません。

分岐の制限

  • 入れ子: ブランチは互いに入れ子にできません。つまり、別のブランチ内にブランチは持てません。

  • if/else 条件: if/else ブロック条件の使用をサポートしていません。

  • Isolation: Branches are isolated. Any changes that occur in a branch won’t be visible to the main rule, or any other branch. For example, if a branch has a Create variable action, the created smart value can be used in that same branch, but can't be used in the main rule, nor in other branches.

詳細