robotsnoindex

ページに表示されるスマート値は、コメントの追加メールの送信などのアクションを、テキスト フィールドを含むアクションで使用できます。これらは、ifand スなどのテートメントの条件ロジックに基づく出力の入力に使用できます。

_

構文

  • {{#if(smartValue)}} true または null を返します。

  • {{#if("string")}} true または null を返します。

  • {{#if(smartValue)}}Hello{{/}} Hello または null を返します。

  • {{#if(smartValue, "Hello")}} Hello または null を返します。

課題のルックアップ アクションなどからの課題のリストがあり、課題がリンクされているものにコメントを追加するとします。次のように入力して、コメントの追加アクションを使用すると、リンクされている課題のあるそれぞれの課題にコメントを追加できます。

{{#if(not(issue.issuelinks.isEmpty))}}
This bug has {{issue.issuelinks.size}} related tickets
{{/}}

この場合は、1 つの課題に 4 つの関連する課題があると、This bug has 4 related tickets というコメントが追加されます。

指定の値に等しい

構文

  • {{equals("string1", "string2")}} は、2 つの入力が等しい場合は true を、そうでない場合は false をそれぞれ返します。

  • {{equals(smartValue1, smartValue2)}} は、2 つの入力が等しい場合は true を、そうでない場合は false をそれぞれ返します。

チーム内にプロセスがあり、ここでは担当者と報告者は監査目的のためにそれぞれ別のチーム メンバーでなければならないとします。次のように入力してコメントの追加アクションを使用すると、それぞれの課題にコメントを追加してチームに以下に該当することを注意喚起できます。

{{#if(equals(issue.assignee, issue.reporter))}}
Assign this issue to someone else so they can review.
{{/}}

これにより、担当者と報告者が同じ場合に、Assign this issue to someone else so they can review というコメントが追加されます。

存在する

構文

  • {{exists(smartValue)}} true または null を返します。

  • {{exists("string")}} true または null を返します。

たとえば、Designer という課題に関するカスタム フィールドがあるとします。テキストを追加するアクション (コメントの追加や Slack メッセージの送信など) を使用して、以下の入力をユーザーに通知できます。

{{#if(exists(issue.designer))}}
The designer for this issue is {{issue.designer.displayName}}
{{/}}

この場合に Designer フィールドに値があると、出力は The designer for this issue is (設計者の指名) になります

NOT

構文

  • {{not(smartValue)}} true または false を返す

課題のルックアップ アクションなどからの課題のリストがあり、課題がリンクされているものにコメントを追加するとします。次のように入力して、コメントの追加アクションを使用すると、リンクされている課題のあるそれぞれの課題にコメントを追加できます。

{{#if(not(issue.issuelinks.isEmpty))}}
This bug has {{issue.issuelinks.size}} related tickets
{{/}}

ここでは、スマートでない値が、ある課題に関連する課題が少なくとも 1 つあるかどうかを確認します。たとえば、1 つの課題に関連する課題が 4 つあると、This bug has 4 related tickets というコメントが追加されます。


および

構文

  • {{and(smartValue1, smartvalue2)}} true または false を返す

たとえば、[Votes] カスタム フィールドを含む課題のリストがあるとします。コメントの追加アクションを使用すると、100 票を超えて 150 票未満のすべての課題にコメントを追加できます。

{{#if(and(issue.Votes.gt(100),issue.Votes.lt(150)))}}
Moderately Popular issue
{{/}}

この入力によって、Moderately Popular issue というコメントが追加されます。

または

構文

  • {{or(smartValue1, smartvalue2)}} true または false を返す

たとえば、顧客がバグを報告するために使用するプロジェクトがあり、課題に [Votes] カスタム フィールドがあるとします。課題のルックアップ アクションを使用して課題のリストを収集し、コメントの追加アクションを使用して、100 票を超えるか 20 件のコメントを超えているすべての課題にコメントを追加できます。

{{#if(or(issue.Votes.gt(100),issue.comments.gt(20)))}}
Heavily requested issue
{{/}}

ここで、if スマート値が 100 票を超えるか 20 件のコメントを超えているものを確認して、Heavily requested issue というコメントを追加します。