2021 年 3 月 31 日以降、Jira Cloud 製品 (Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management) で古い課題ビューを使用しているすべてのユーザーに対して、新しい課題ビューへのトランジションを行います。原則として古いビューには戻せなくなります。ただし期間限定の措置として、 Jira Cloud から完全に削除する前に 一時的に古いビューもご確認いただけます。その後、Jira Cloud で利用できるのは新しい課題ビューだけになります。

新しい課題ビューの詳細をご確認ください。

次の表は、Jira Server で提供される機能のうち、Jira Cloud では明確に異なるか、利用できないものの一覧です。 

送信 (SMTP) メール サーバーの設定

Atlassian Cloud には、通知を送信するように設定された内部 SMTP サーバーが付属しています。この内部 SMTP サーバーの構成を変更することはできませんが、Jira Cloud で自分のドメインを使用してメールを送信するように構成できます。「プロジェクト メール アドレス」を使用する方法については、 独自のドメインでメールを送信するよう Jira Cloud を設定する.

リスナーの設定

サポートされていません。セキュリティとパフォーマンスの理由により、この機能は現在提供されていません。

ログ情報とプロファイル情報の設定

Jira Software のラボ機能で監査ログ機能を提供しています。これを有効化するには、 http://<your_site_name>/auditing/settings にアクセスしてください.

OAuth 認証の設定

  • 3-legged OAuth はアプリケーション リンク用に自動的に構成されます。
  • 2-Legged OAuth (なりすまし機能なし) はサポート対象で、開発パネルに必須です。Bitbucket Server および Bamboo Server に接続するにはこのタイプを使用します。
  • 2-Legged OAuth (なりすまし機能あり) はサポートされません。

メール テンプレートのカスタマイズ

Jira Work Management と Jira Software では、カスタム メール テンプレートはサポートされていません。Jira Service Desk では、HTML、CSS、プレーンテキストのテンプレートとカスタム変数を持つ、カスタマイズ可能なメール通知がサポートされます。Jira Service Desk でカスタム通知を設定する詳細についてご確認ください

添付ファイルの無効化、または添付ファイルのパス設定

添付ファイルは既定で有効になっています。

外部ユーザー管理

ユーザー管理のために Cloud アプリケーションをほかの Cloud または Server サイトにリンクすることはできません。既存の G Suite ユーザー ディレクトリを Atlassian Cloud サイトと連携し、柔軟性と管理性に優れた方法でドメインおよびユーザーの管理を行うことができます。詳細については「G Suite 連携」をご参照ください。

Atlassian Access のシングル サインオン (SSO) を利用し、Atlassian Cloud ユーザー全体の認証およびセキュリティ ポリシーの管理に役立てることができます。Atlassian Access の詳細については、「Cloud 向けの Atlassian Access の FAQ」をご参照ください。

課題フィールドでの HTML および JavaScript

この機能により XSS に対する脆弱性が生じ、悪意のあるユーザーが不正目的でシステム管理者権限を取得して Cloud インフラストラクチャーを使用できるようになる可能性があります。代わりに、wiki マークアップを使用します。

データのインポート

詳細は、 データのインポートとエクスポート Jira Cloud でサポートされるインポートについては、Jira Cloud に移行する際にアトラシアン以外の製品または単体プロジェクトをインポートする場合、独自のサーバーにホストされる Jira の評価版を使用する必要があります。

Jira への XML ワークフローのインポート

ワークフローは Marketplace からのみインポートできます。詳細については、 課題ワークフローのインポートとエクスポート.

受信メール サーバー - ファイル システム メッセージの構成

POP/IMAP メール サーバーは設定できますが、ファイル システム メッセージは設定できません。POP/IMAP サーバーを利用したメールを使って Jira と Jira Service Management で課題を作成する場合、標準ポートを使用していることをご確認ください (IMAP: 143、IMAPS: 993、POP3: 110、POP3S: 995)。

カスタム アプリのインストール

一部のアプリは、Jira および Confluence のセルフホスト型インスタンスでのみサポートされます。ただし、Atlassian Cloud では多数の人気のアプリを利用でき、そのようなアプリは現在も追加されています。サポートされているリストについては、  Marketplace アプリ を参照してください。

中間 SSL 証明書のインストール

Jira Cloud アプリケーションに中間証明書をインストールすることはできません。非ルート CA によって署名された証明書がある安全な POP/IMAP メールサーバーを追加すると、中間証明書に様々な問題が生じる場合があります。 

回避策は、信頼されたルート証明機関 (CA) により署名された証明書を取得することです。これらの証明書の完全な一覧についてはこのリストを参照してください

課題ビュー

Jira Server では課題を古い課題ビューに、Jira Cloud では課題を新しい課題ビューに表示します。この 2 つの主な違いは、古いビューでは 1 つのレイアウトであらゆる状況に対応していましたが、新しい課題ビューでは管理者が各チームのニーズに合わせてカスタマイズできることです。また、インフラストラクチャ上に構築されているため、より多くの機能を簡単に開発してサポートできます。たとえば、スマート検索、他の Atlassian 製品との統合、SLA サポートは、新しい課題ビューでのみサポートされます。新しい課題ビューの詳細をご確認ください。

LDAP によるユーザー管理

ユーザーのリクエストを受け、現在この機能の開発を進めています。この機能リクエストの詳細については、「 ID-79  - Support LDAP integration with Cloud」 を参照してください。

Jelly スクリプトの実行

サポートされていません。Jelly スクリプトを使用した場合、ユーザーが任意のコードを実行してセキュリティ上の深刻なリスクを招く可能性があります。

システム管理者権限

システム管理者にもっとも近い権限は Atlassian Cloud のサイト管理者となります。サイト管理者は、システム管理者のすべての権限に加えて、ユーザー管理権限、サイト管理権限、および請求情報の管理権限を持ちます。

Atlassian Cloud のサイト管理の詳細については、「管理対象アカウント」をご参照ください。Atlassian Cloud の管理やそこでのロールやグループの管理方法については、「グループの作成と更新」をご参照ください。 

テキスト ガジェット

サポートされていません。このガジェットには任意の HTML を含めることができるため、XSS の脆弱性を招く可能性があります。