Jira Cloud と Bitbucket との連携

Bitbucket コードホスティングサービスと Jira Cloud を接続すると、チームは課題とコードのシームレスな連携を利用できるようになります。

チームは以下を実行できます。

  • Jira Cloud の課題でブランチ、コミットおよびプルリクエスト権限の主要な詳細を表示

  • 新しいブランチを作成し、Jira の課題から直接プルリクエストを実行できる

念のため...

  1. Bitbucket と Jira Cloud は独立したサービスです。Jira Cloud アカウントと Bitbucket チームの両方に、それぞれ独自のユーザー、権限、アクセス ルールの一式があります。

  2. Bitbucket チームはアカウントではありません、チームは個人の Bitbucket アカウントを所有する管理者が管理する必要があります。ただし、Bitbucket チームは独自の支払プランを用意できます。  

  3. Bitbucket チームの各メンバーは、個人の Bitbucket アカウントを持っている必要があります。メールを使用して新しいチームメンバーを招待すると、招待された人は、自動的に Bitbucket にサインアップするように促され、サインアップが完了すると自動的に招待主のチームに追加されます。  

  4. Bitbucket のリポジトリ所有権をチームに転送できます。これは、既存のリポジトリに基づいてチームを作成する際に役立ちます。

 

このページの内容:

ステップ 1 - Jira Cloud にサインアップする

Jira Cloud をまだ持っていない場合は、トライアル版または有料のインスタンスをセットアップします。

ステップ 2 - Bitbucket にサインアップする

すでにアカウントがある場合は、このセクションをスキップしてステップ 3 に進めます。 

Bitbucket アカウントにサインアップする手順:

  1. https://bitbucket.org/account/signup/ に移動します。

  2. サインアップフォームに入力します。

     

    ユーザー名: ユーザー名は、Bitbucket サイト全体で一意である必要があります。ユーザー名は最長 30 文字で、英数字とアンダースコアを使用できます。

    Bitbucket はこのユーザー名を、ユーザーが作成するすべてのリポジトリの URL に追加します。たとえば、ユーザー名「joe」には、対応する https://bitbucket.org/joe という Bitbucket URL があります。

    メール アドレス: Bitbucket サイト全体を通して一意なメール アドレス。Bitbucket が確認メールを送信します。

    パスワード: 128 文字以下の組み合わせ。Google アカウントでサインアップする場合、Bitbucket はそのパスワードを使用します。ご利用のパーソナル セキュリティ基準を満たす、十分に複雑なアカウント パスワードを設定する必要があります。

  3. [サインアップ] を選択します。

Bitbucket で、ユーザーのアカウントのダッシュボードが表示されます。ユーザー インターフェイスを一通り確認します。 

ステップ 3 - Bitbucket チームを作成する

Bitbucket チーム

チームの仕組みについて理解を深めるために、Bitbucket 環境にチームがどのように適合するのか調べてみましょう。

ユーザー: ユーザーはコードを開発してチームを管理します。各ユーザーには個別の Bitbucket アカウントがあり、Bitbucket 全体にある任意のグループまたはチームに追加 (または削除) できます。

グループ: グループは、ユーザーが Bitbucket で実行できる操作やアクセスできる内容を管理するために使用されます。グループは権限 (管理者、読み取り/書き込み、読み取り専用) を個人ユーザーのグループに付与して、リポジトリをチームに割り当てます。

リポジトリ: コードが存在する場所で、プロジェクトのコードを保存、アクセス、作成、開発、変更、共有する場所です。

チームの作成

このセクションでは、Bitbucket Cloud でチームを作る方法について説明します。あらかじめ、Bitbucket Cloud で個別アカウントを作成しておく必要があります。

チームの作成手順:

  1. アイコン > [チーム] の順に選択します。

  2. フィールドに入力します。

    1. チーム名: Jira Cloud プロジェクトと同名を使用するか、特定のプロジェクトを容易に識別できる名前にします。

    2. チーム ID 

  3. ユーザーを招待してチームへの参加を促しましょう。新しいチームに招待する各ユーザーの Bitbucket ユーザー名またはメール アドレスを入力して、[追加] を選択します。
    注: 初期設定で、あなたはすでにチームのメンバーで管理者です。

  4. [作成] を選択します。

これでチームができました。

初期設定では、2 つのユーザー グループ、管理者開発者が作成されます。

チーム概要ページが表示されます。ここでは、最初のチーム リポジトリの作成や、チームの設定の管理を行うことができます。

ステップ 4 - チーム メンバーを Bitbucket のチームに招待する

チーム メンバーをリンク済みの Bitbucket チーム アカウントに追加できます。これのメンバーは Jira に追加したユーザーと同一であってもかまいません。Bitbucket に追加するユーザーが Jira インスタンスのアカウントを持っている必要はありません。

ステップ 5 - リポジトリを Bitbucket アカウントに追加する

リポジトリにはプロジェクト コードが含まれます。Bitbucket サービスでは、作成できる公開リポジトリの数は無制限です。非公開リポジトリの数は、ご利用のプランによって制限されます。

  • Bitbucket リポジトリを、個人の Bitbucket アカウントから Jira チーム アカウントに転送できます。

  • Git または Mercurial プロジェクトを、ローカル マシンから Bitbucket にインポートできます。

  • リポジトリに関する Bitbucket のいくつかの制限事項の詳細については、こちらのページをご確認ください。

  • コードに関するセキュリティやバックアップについて懸念があるユーザーは、こちらのページで詳細をご確認ください。

  • 集中型と分散型の各バージョン管理システム (DVCS) に関する詳細については、アトラシアンのブログをご確認ください。

実行する手順については「リポジトリの作成」をご確認ください。

ステップ 6 - Bitbucket と Jira Cloud を接続する

Bitbucket チーム アカウントを Jira Cloud とリンクすると、Bitbucket アカウントによって所有されているリポジトリが JIRA のDVCS アカウントを管理ページに表示されます。チーム メンバーは個人の Bitbucket アカウントの下にリポジトリを作成できますが、所有者としてチームを割り当てます。これらのリポジトリはリストの Bitbucket にも表示されます。

実行する手順については「Bitbucket Cloud と Jira Software Cloud を接続する」をご確認ください。

次に行うこと

開始後の操作は、チームの知識とニーズによって異なります。

  • チームが Bitbucket によるコード ホスティングに不慣れな場合は「スタート ガイド」を確認することをお勧めします。

  • コミット メッセージによって、Jira 課題をワークフロー全体で移動できます。使用例については「JIRA 課題の処理」をご確認ください。 

  • チームが頻繁に使用するサービスへのショートカットをセットアップすることをお勧めします。Bitbucket の「Web サービスへのリンク」をご確認ください。

  • Jira でリリース ハブを使用して、次のリリースに対するチームの作業状態を確認します。バージョンの進捗確認をご参照ください。

 

その他のヘルプ