Bitbucket での Git LFS のトラブルシューティング

このページでは、Bitbucket で Git LFS を使用する際に発生する可能性がある問題のトラブルシューティング方法について説明します。

一般的なチェックリスト

1. ローカル マシンに Git LFS クライアントをインストール済みですか?

リポジトリで作業に取り組む各ユーザーは、ローカル マシンに Git LFS クライアントをインストール済みである必要があります。

手順については「Bitbucket で Git LFS を使用する」をご参照ください。


Git LFS のファイル トラッキングのセットアップと、.gitattributes ファイルのリポジトリへのプッシュは完了していますか?

リポジトリではファイル トラッキングのセットアップが完了している必要があり、また、更新済みの .gitattributes ファイルがリポジトリにプッシュされている必要があります。

以降にリポジトリで作業するユーザーのリポジトリのローカル クローンに、この .gitattributes ファイルが含まれます。

手順については「Bitbucket で Git LFS を使用する」をご参照ください。


3. Bitbucket アカウントのストレージが十分であることを確認しましたか?

Bitbucket では、アカウントのストレージ制限が超過されている場合、LFS ファイルのリポジトリへのプッシュが制限されます。

アカウントで現在使用しているストレージ量を確認するには、Bitbucket のアバター メニューから [設定] > [Git LFS] を選択します。

詳細については「Bitbucket での Git LFS でのストレージ ポリシー」をご参照ください。

Git LFS での個別のエラーについて

Git LFS ファイルが見つからない

リポジトリ内に LFS ポインター ファイルが存在しているが、リモート ストレージ内に宛先ファイルが見つからない。ファイルが見つからないというエラーが返され、ファイルが正しくアップロードされていない可能性が通知されます。

ターミナルでは次のような 404 メッセージが表示される場合があります。

1 2 3 Git LFS: (0 of 1 files, 1 skipped) 0 B / 1024 B, 1024 B skipped [404] Object does not exist on the server [ee62792aacdfe08a6f5437...8dc4eb6973d86c74c1a273] Object does not exist on the server
考えられる原因
実行可能な対応策

ファイル ストレージのサーバーがダウンしている

後でもう一度試行します。

ファイルが適切にアップロードされなかった。これは、ファイルをアップロードしたときに Git LFS が適切に構成されていなかったときに発生する場合があります。

元のファイルにアクセス可能な場合、再度アップロードを試みます。たとえば、data.bin のリストアは次のように行います。

1 2 3 4 $ cp <source> data.bin $ git add data.bin $ git lfs push <remote> <branch> --all $ git checkout data.bin

元のファイルにアクセスできない場合、ユーザー側で対応することはできません。

 


Git LFS ファイルを Bitbucket にプッシュするときのエラー

大容量の Git LFS ファイルを Bitbucket.org にプッシュすると、タイムアウトが発生して失敗した。

ターミナルでは次のようなメッセージが表示される場合があります。

1 2 3 Git LFS: (0 of 1 files) 1.60 GB / 1.60 GB http: Put https://media-api.atlassian.io/upload/7cd73528-28e4-4c45-92a5-e6ddbf52a75e/binary?hashAlgorithm=sha2...: EOF error: failed to push some refs to 'git@bitbucket.org:account/some_repo.git'
考えられる原因
実行可能な対応策

特に大容量のファイル (複数ギガバイトのサイズ) をプッシュしてタイム アウトが発生している。

後でもう一度試行します。

 


SSH を使用して巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS にプッシュするときのエラー

SSH を使用して巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS にプッシュすると、タイム アウトが発生して失敗する。

ターミナルでは次のようなメッセージが表示される場合があります。

1 2 3 Git LFS: (0 of 1 files) 1.60 GB / 1.60 GB http: Put https://media-api.atlassian.io/upload/7cd73528-28e4-4c45-92a5-e6ddbf52a75e/binary?hashAlgorithm=sha2...: EOF error: failed to push some refs to 'git@bitbucket.org:account/some_repo.git'
考えられる原因
実行可能な対応策

SSH でのタイム アウトとプッシュの失敗

巨大なファイルや多数のファイルの Git LFS へのプッシュに SSH を使用するのではなく、HTTPS を使用します。巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS でプッシュする場合、HTTPS を使用することをおすすめします。

 

最終更新日 2020年12月 7日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ