リポジトリへのアクセス権をユーザーとグループに付与する

リポジトリを作成する際には、公開/非公開を選択します。リポジトリが公開となっている場合は、だれでもアクセスできます。非公開となっている場合は、個人やユーザーのグループにアクセス権を付与できます。

グループを作成するには、ワークスペース [設定] の [ユーザー グループ] ページに進みます。

ユーザーとグループは、次のアクセス レベルのいずれかを持ちます。

管理

ユーザーは、リポジトリ内ですべての作業 (リポジトリ設定の変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリの削除) を実行できます。

書き込み

ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。

読み取り

ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更をプッシュすることはできません。読み取りアクセス権が付与されている場合、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。

ユーザーがアカウントを削除すると、Bitbucket はすべてのリポジトリのアクセス リストからそのユーザーを自動的に削除します。

ユーザーと Bitbucket Cloud プランを追加する

Free プランを利用中で非公開リポジトリへのアクセス権を持つユーザー数が 5 人を超えた場合は、ご利用のアカウントをアップグレードするか、グループまたは個人リポジトリからユーザーを削除するまで、アクセス権は読み取り専用となります。自分とその他のリポジトリ管理者は、リポジトリに引き続きアクセスできます。プランの上限の詳細については、Bitbucket Cloud プランの詳細をご参照ください。


ワークスペースを追加することはできますか?

ワークスペースはリポジトリに追加できません。リポジトリを所有するワークスペースのみがアクセス権を所有しますが、必要に応じてリポジトリをワークスペースに譲渡できます。また、新しいグループを作成して、そのグループに特定のユーザーを追加できます。


リポジトリをグループに追加する

リポジトリは、ワークスペースの設定内でグループに追加できます。リポジトリを作成すると、Bitbucket はリポジトリの所有者が読み取り書き込み、または管理のアクセス レベルを持つグループを所有しているかどうかを確認します。ワークスペースがそれに該当する場合、Bitbucket はそれらのグループを新しいリポジトリに既定の権限で追加します。グループにアクセス権がない場合、そのグループは [ユーザーとグループのアクセス権] ページには表示されません。それでも、そのグループを適切なアクセス権で追加できます。

リポジトリへのグループ アクセス権を付与するには、次の手順に従います。

  1. ワークスペースから [設定] を選択します。

  2. [ユーザー グループ] を選択します。

  3. リポジトリへのアクセス権を付与するグループを [グループ名] 列から選択します。

  4. [リポジトリを追加] ボタンを選択します。

  5. グループにアクセス権を付与するリポジトリの名前を 1 つ以上入力します。

  6. このリポジトリに対してグループに付与する権限のレベルを選択します。

  7. [確認] を選択して、グループをリポジトリに追加します。

リポジトリに対するユーザーまたはグループのアクセス権を更新する

リポジトリへのグループ アクセス権を更新するには、リポジトリ > [リポジトリ設定] > [ユーザーとグループのアクセス権] > ユーザーまたはグループに関連する [権限] ドロップダウン > このリポジトリに対してグループに付与する新しい権限レベルの順に選択します。

グループ アクセスを変更したり、リポジトリからグループを削除したりすると、リポジトリレベルのグループ設定が確立されます。これらの変更は特定のリポジトリでは、アカウントまたはワークスペースの [ユーザー グループ] ページでグループのアクセス権を後から変更した場合でも引き続き有効になります。

リポジトリにユーザー アクセスを追加する

リポジトリへのアクセスを管理するのにはユーザー グループを使うことをおすすめしますが、ユーザーを個別に追加することもできます。個人ユーザーをリポジトリに追加するには:

  1. [ユーザーとグループのアクセス権] ページで [メンバーを追加] を選択します。

  2. まだワークスペースのメンバーではない場合は、そのユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

  3. ドロップダウン メニューからアクセス レベルを選択します。

  4. [確認] を選択します。
    アカウントを持たないユーザーのメール アドレスを追加すると、そのユーザーにアカウントの作成を求めるメールが送信されます。ユーザーが Bitbucket にアクセスできるようになると、招待されたリポジトリにもアクセスできるようになります。

その他のヘルプ